九州ツーリングへフェリーで行く時の航路と料金目安のまとめ

九州ツーリングへフェリーで行く時の航路と料金目安のまとめツーリング

九州は、阿蘇をはじめとして、ツーリングの快走ルートがたくさん有ることで知られています。

そんな九州へのツーリングを計画した時には「フェリー」を使うことを検討する人も多いのではないでしょうか。

ただ、フェリーを使う場合には、複数のフェリー会社やルートが存在するためいまいちわかりにくいのも事実です。

そのため、ここでは

  • 東京から九州へのフェリー航路
  • 関西から九州へのフェリー航路

について、所要時間や料金の目安などをまとめています。

スポンサーリンク

東京から九州へ上陸する航路(ルート)

東京から九州へ上陸する航路(ルート)
出発地九州の到着地所要時間(目安)フェリー会社
東京 有明福岡 北九州新門司約34時間(※徳島経由)オーシャン東九フェリー
※所要時間は目安になりますのでご了承ください。正確な時間は各フェリー会社の時刻表で確認して下さい

関東から九州へのフェリー航路は東京(有明)からの「オーシャン東九フェリー」だけになります。

そのため、関東以北の東北在住の方も、東京までは来ないとフェリーで九州には行けないということになりますね。

オーシャン東九フェリーで九州に行く場合には、徳島県(沖洲)経由で北九州市の新門司港へ到着するルートです。

オーシャン東九フェリー

関西から九州へ上陸する航路(ルート)

関西から九州へ上陸する航路(ルート)
出発地九州の到着地所要時間(目安)フェリー会社
大阪 大阪南港大分 別府港約12時間フェリーさんふらわぁ
兵庫 神戸港大分 大分港約11.5時間フェリーさんふらわぁ
大阪 大阪南港鹿児島 志布志約16時間フェリーさんふらわぁ
大阪 大阪南港福岡 北九州新門司約12.5時間名門大洋フェリー
大阪 泉大津福岡 北九州新門司約12.5時間阪九フェリー
兵庫 神戸港福岡 北九州新門司約12.5時間阪九フェリー
兵庫 神戸港宮崎 宮崎港約12.5時間宮崎カーフェリー
※所要時間は目安になりますのでご了承ください。正確な時間は各フェリー会社の時刻表で確認して下さい

関西エリアから九州へのフェリー航路は複数あります。

メインは大阪の南港から。次いで神戸港。また、大阪の泉大津からのフェリーもあります。

南港はフェリーの会社によって、乗り場の場所が異なりますので確認をするようにしましょう。

到着する港は、北九州の新門司大分別府宮崎鹿児島と、北から南までありますので、ツーリングのルートに応じて選ぶことができます。

目的の港に合わせて、フェリー会社(出発港)が決まるという感じでしょうか。

フェリーさんふらわぁ

名門大洋フェリー

阪九フェリー

宮崎カーフェリー

東京・関西から九州へのフェリー料金の目安

では、航路の次は料金です。

フェリーの料金は時期(シーズン)によって変動するのが一般的なので、あくまでも目安として捉えて頂きますようお願いします。

注意点としては、

  • 旅客運賃は、最も安い2等クラス(ツーリスト、エコノミーなど)の料金です。そのため、少し良い部屋にしようと思ったら料金もあがります。
  • 2等クラスでも、繁忙期の高い時期と、閑散期の安い時期の料金を出しています
  • バイクの運賃は、繁忙期料金です。なので、時期によっては安くなることもあります。
  • あくまでも旅客運賃とバイクの運賃のみです。
  • 片道の料金です
出発地九州の到着地最安客室料金バイクの運賃
閑散期繁忙期原付125㏄400㏄750㏄750㏄超
東京 有明福岡 北九州新門司17,080円17,400円6,330円6,330円9,480円12,650円12,650円
大阪 大阪南港大分 別府港11,200円12,310円4,700円4,700円7,900円7,900円7,900円
兵庫 神戸港大分 大分港11,200円12,310円4,700円4,700円7,900円7,900円7,900円
大阪 大阪南港鹿児島 志布志13,500円15,620円5,500円5,500円10,100円10,100円10,100円
大阪 大阪南港福岡 北九州新門司6,700円7,020円3,550円3,550円5,090円6,630円6,630円
大阪 泉大津福岡 北九州新門司6,680円7,400円3,540円3,540円5,080円6,630円6,630円
兵庫 神戸港福岡 北九州新門司6,680円7,400円3,540円3,540円5,080円6,630円6,630円
兵庫 神戸港宮崎 宮崎港11,420円13,070円5,720円5,720円7,920円9,020円9,020円

また、各フェリー会社とも、「往復割引」や「学生割引」など、色々な割引制度を用意していることが多いです。

予約をする時には、適用できる制度がないか、チェックしてみると良いでしょう。

フェリーの予約方法

計画的に九州へのツーリングをする場合には、予約は必須です。

関西から九州へのフェリー会社は、2か月前からの予約受付になっています。(オーシャン東九フェリーは1ヶ月前から)

大型連休の時などは、予約が困難になることも多いので、早めの予約をすることをおススメします。

基本的には、Web予約・電話予約が可能ですが、フェリー会社の予約規約を確認しておきましょう。

四国から九州へのフェリーもある

四国から九州へのフェリーもある

今回は、東京・関西からの航路を紹介していますが、四国から九州へ上陸するフェリーも複数出ています。

四国からの場合には、次のような航路があります。

各フェリー会社とリンクを貼ってありますので、興味のある方は調べてみてください。

まとめ

フェリーを使ったツーリングは、時間も掛かりますが良いこともたくさんあります。

九州行きのフェリーは朝到着の便がほとんどです。

そのため、航海中にゆっくり休んで、到着後は万全の状態で九州を堪能できるのもメリットでしょう。

また、フェリーの道中も楽しいものです(慣れている人は暇という人も多いですが・・・)

まとまった休みが取れるのであれば、フェリーでの九州ツーリングはおススメですので是非チャレンジしてみて下さい。

※本記事は2019年8月に記載しています。ご活用の際は、有用性をご確認くださいますようお願い致します。
タイトルとURLをコピーしました