木下ほうかさんが乗っているバイクはGT550にDAXにCBX1000!

木下ほうかさんが乗っているバイクはGT550にDAXにCBX1000!バイクと芸能人

バイクの業界が盛り上がるためには・・・やっぱり「カッコいいバイク乗り」が増えたり、「影響力のある人」がバイクに乗る事が大事だと思ってます。

そんな理由から、たまに芸能人(有名人)のバイク乗りについて綴っているのですが、今回は「木下ほうか」さんについて。

木下ほうかさんと言えば、TVの「スカッとジャパン」のイヤミ課長を思い出す人も多いのではないでしょうか。

個性派俳優としても知られる木下ほうかさんですが、実は大のバイク好きとしても有名です。

そんな木下ほうかさんが乗っているバイクについて綴っています。

スポンサーリンク

木下ほうかさんは大のバイク好き!

最近では、RGツーリングクラブのメンバーとツーリングに行ったり、TOKYO BBなどに出演されたり、バイク関係の露出も非常に多いですよね。

ただ、木下ほうかさんは10代の頃からバイクに乗っている、生粋のバイク乗り。

しかも、現在のメインの愛車はGT550と言うから、かなりのバイク好きですね。

更に、最近はホンダの6発CBX1000を入手されたとか。

好みとしては、最新のバイクよりも旧車の方が好きなのかもしれませんね!

関連記事≫レイザーラモンRGさんの最新バイクはCB1100!

※TOKYOBBについては、下記の記事内でも触れていますので、気になる方は読んでみて下さい。

関連記事≫カンニング竹山さんが買ったのはインディアンのFTR1200S!

木下ほうかさんのバイク①スズキGT550

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

木下ほうか(@kinoshita_houka)がシェアした投稿

スズキのGT550は、相当マニアックなバイクと言っても過言ではないでしょう。

そんなバイクに乗っている木下ほうかさんは、バイクの好みも個性的と言えるかも知れませんね。(メジャーではないですが、凄く魅力的なバイクですよ。)

GT550は1972年にスズキから発売された、空冷2スト3気筒のバイク。

ちょうど同じ時期に、スズキの3気筒エンジンとしてGT750、GT550、GT380の3機種が発売になっています。

GT750はスズキ初のナナハン(750㏄)で、通称ジーナナ、アメリカでは「ウォーターバッファロー」というニックネームで人気を博しました。(ちなみに、GT750は水冷。)

またGT380は、カワサキのマッハやKHのライバルとして位置付けられ、「サンパチ」と呼ばれたバイクです。

GT380は、人気のマンガ「湘南爆走族の桜井信二」の愛車としても有名で、今でも旧車乗りの支持が高いバイクでしょう。

ただ、GT750/GT380に比べると、やや人気としては劣るのがGT550。

あくまでも一般論として言うならば、ややマニア向けと言えるでしょう。

ただ、好みは人それぞれですし、やっぱり自分の好きなバイクを乗るのが一番。

(個人的には非常に魅力あるバイクだと思います!)

自分の好きなバイクを大事に乗っている木下さんは、とても素敵ですよね。

木下ほうかさんのバイク②ホンダCBX1000

木下ほうかさんが、最近入手したバイクがホンダのCBX1000

CBX1000は、量産車としては世界初の6気筒エンジンを積んだバイクでした。

空冷4サイクル、DOHC(ダブルオーバーヘッドカム)24バルブ6気筒のCBX1000は、1978年に海外向けモデルとしてホンダが発表。

究極のCBとしての位置付けでした。

直列6気筒エンジンから6本のマフラー(エキパイ)が出ている様は、まさに圧巻。

独特のサウンドは、ジェット機のようだと言われていたバイクです。

ちなみに、同じ時期にカワサキから出ていた6気筒バイクがZ1300ですね。

また、ホンダのGL1800ゴールドウイングも6気筒エンジンですが、こちらは水平対向6気筒。

同じ6発でも、全く違うエンジンと言っても過言ではないと思います。

木下ほうかさんのバイク③ホンダDAX

ホンダのDAXはモンキーやゴリラ、シャリーなどと一緒に4ミニ(4サイクルミニバイク)と言われるジャンルに分類されるバイク。

カスタムの幅も広く、非常に人気のあるバイクですね。

DAXの特徴としては、その個性的なルックスはもちろんですが・・・1969年と1995年の2回発売されていること。

初めの69年から発売されたDAXは、正式名称が「ダックスホンダ」。

スタンダードタイプの「ST50」と、フロントアップフェンダー、アップマフラーの「ST50エクスポート」の2種類がありました。

その後、何度かのマイナーチェンジを繰り返し、1979年に一旦生産終了になっています。

それから16年後の1995年に、復刻版として再び「DAX」は販売されました。

ちなみに、木下ほうかさんのDAXは・・・旧モデルの「ダックスホンダ」ですね!

やっぱり、古いバイクが好きなのでしょうね。

まとめ

個性派俳優として知られる「木下ほうか」さん。

やっぱり、乗っているバイクも個性的でしたね!

ただ、どのバイクも日本のバイク史に名を残す名車でしょう。

また、どのバイクも実際に「いじったり」、整備したり、それからルーリングに行ったり。

コレクションにしている訳ではなく、「乗っている」のが素敵ですよね。

まさに、バイク乗りと言える有名人の一人だと思います!

※本記事は2020年5月に記載しています。ご活用の際は、有用性を確認くださいますようお願い致します。
タイトルとURLをコピーしました