バイクのチェーンは錆びていても平気?錆落としの方法と防止法

バイクのチェーンは錆びていても平気?錆落としの方法お役立ち情報

バイクに乗っていると、ドライブチェーンが意外と錆びやすいことに気づきます。

洗車後や雨天走行後などは、気が付いたら錆が出ていると言う事も良くある話です。

「錆が出ているチェーンはそのままでも平気なの?」

と思う人も居るでしょうし、

「チェーンの錆の落とし方は?」
「錆びないようにするにはどうしたら良いの?」

など疑問に思う人も多いかもしれません

そのため、ここでは

  • バイクのチェーンは錆びていても平気なのか
  • バイクのチェーンの錆を落とす方法
  • チェーンの錆の防止方法
  • チェーンの寿命と症状

などについて詳しく解説しています。

スポンサーリンク

バイクのチェーンは錆びていても平気なの?

ドライブチェーンは金属でできているので、バイクの中でも錆びやすいパーツと言えます。

錆が出ていると、見た目も良くありませんよね。

ただ、より気になるのが性能面。

エンジンの動力をタイヤに伝える部品ですので、錆びていても問題がないのか気になると言う人も多いでしょう。

結論から言うと、錆自体は大きな問題ではないとも言えます。

ただ、現在の主流であるシールチェーンの場合、錆がチェーンの一部であるOリング(シールリング)にダメージを与える事があります。

Oリングはチェーンの潤滑を良くするためのグリスを封入している大事なパーツです。

そのため、結果的には錆びを放置しておくと、チェーンの寿命を縮めてしまう可能性は大いにあると言う事です。

また、錆がより進むことで、ひどい腐食の原因にもなりかねません。

チェーンに錆が出たことで、緊急を要することはありませんが、錆びたまま放置しておく事はあまり良くないと言う事です。

定期的な清掃(錆落とし)や、注油のメンテナンスをすることが必要と言う訳ですね。

シールチェーンとノンシールチェーン

先ほど、シールチェーンのOリングの話が出たので、バイクのチェーンについて補足しておきます。

バイクのチェーンには

  • シールチェーン
  • ノンシールチェーン

の2種類があります。

シールチェーンは、チェーンのピンとブッシュと言う部分の潤滑を良くするためにグリスを入れ、「Oリング(シールリング)」で蓋をしている仕組み。

シールチェーンとノンシールチェーン
(矢印の部分がゴム製のシールリング。シールチェーンの特徴です。)

チェーンの隙間を良く見ると、シールチェーンはゴムのパッキンのようなものが付いています。

これがOリング(シールリング)です。

250㏄以上のバイクの多くは、シールチェーンが使われていると思います。

逆に、レース車両やミニバイクなどではノンシールを使う事が多いです。

それぞれの一般的な特徴は以下の通り。

シールチェーンノンシールチェーン
寿命が長い
メンテの頻度が少ない
高価
ノンシールより重い
フリクションロス(抵抗)が大きい
寿命が短い
メンテの頻度が多い
安価
シールチェーンより軽い
フリクションロス(抵抗)が少ない
※あくまでも一般的な特徴です。

なお、ノンシールチェーンでも錆びを放置しておくことは良くありません。

逆に潤滑を良くするためのグリス、シールがないので、こまめな注油などのメンテが必要になります。

バイクのチェーンの錆の落とし方

では、実際にチェーンの錆を落とすときの手順についてです。

チェーンの錆を落とすときは2つの箇所に分けて行います。

  • チェーンのローラー部分(赤矢印の部分)
  • チェーンの側面部分(黄矢印の部分)

です。

チェーンのローラー部分の錆落とし

チェーンのローラー部分(スプロケットの歯と接触する部分)は意外と錆びにくい部分でもあります。

これは、走っているうちに錆が削れて行くためです。

そのため、多少の錆が出ていても、バイクを走らせているうちに綺麗になってしまう事がほとんどです。

とは言え、錆が全く出ないと言う訳ではありませんし、気になると言う場合もあるでしょう。

ローラー部分の錆を落とす時には、

  • チェーンクリーナーを吹きつける
  • (ナイロンブラシでこする)
  • ウエスなどで拭き取る
  • 後輪を回しながら、錆取りを進めていく

という手順です。

ローラーの部分は、専用クリーナーを付けて拭き取るだけでも綺麗になります。ローラーが錆びていると言うよりも、摩耗して削れた金属粉が錆びて付着していると言うケースも多いのです。

なかなか綺麗にならない時には、ナイロンブラシでこすっても良いでしょう。

ここで注意が必要なのは、

  • 専用のクリーナーを使う
  • 金属製のワイヤーブラシなどでこすらない

と言う事です。

CRC(KURE-556)などは、錆止め錆落としのイメージがあるかもしれませんが、シールチェーンの場合にはゴム製のシールリングを痛めたり変形させてしまう恐れがあります

ノンシールチェーンであれば、パーツクリーナーでも問題はありません。

また、金属系のワイヤーブラシでこすると、同じくシールリングを傷つけてしまう事があるためです。ナイロン系のブラシを使うようにします。

シールがダメになると、中に封入してあるグリスが出てしまい、チェーンの寿命を縮めることになります。

また、センタースタンドがないバイクの場合には、後輪を回すことができないので少しづつバイクの位置をずらしていくしかありません。

ただ、このような場合には後輪を浮かすことができる「メンテナンス用のスタンド」があると便利です。

メンテナンススタンドはピンキリですが、あまり費用を掛けたくない場合には、デイトナのローラースタンドがおすすめです。

サイドスタンドしかなくても、その場で後輪を回すことができる優れものです。

チェーンの側面の錆を落とす方法

チェーンの側面の錆を落としたい場合には、

  • チェーンクリーナーを吹きつける
  • 真鍮ブラシでこする
  • ウエスなどで拭き取る
  • 後輪を回しながら、錆取りを進めていく

と言う手順です。

側面の錆を落とすには、真鍮ブラシを使うと良いでしょう。

ただ、真鍮で柔らかめですが、金属です。シールチェーンの場合にはシールを傷つけないように、側面だけにあてるようにするのがポイントです。

真鍮ブラシは、何かと使う機会も多いので一本持っていると便利です。

ちなみに、メッキ加工がされているチェーンの場合には、メッキがはがれる可能性もあるので金属系のブラシは使わない方が良いでしょう。

また、同じくシールチェーンの場合には専用のクリーナーを使うようにします。

錆を取った後には注油をしておく

チェーンの錆を取った後には、しっかりと注油をしておくことも重要です。

チェーンの油分をキープしておくことで、潤滑、シールの保護ができ、チェーンの寿命を延ばすことにも繋がります。

関連記事バイクのチェーンの注油と清掃の方法

バイクのチェーンの錆を防止する方法

チェーンは錆びやすいので、気が付くと錆が出ていると言う事もあります。

完全に錆を出さない方法は無いにしろ、できるだけ錆を防ぐためにはどうしたら良いのでしょうか。

定期的なチェーンの清掃や注油をする

地味ですが、これが一番効果的です。

大体、バイクのチェーンの場合は、走行500~1,000kmごとが注油の目安と言われています。

もちろん、きっちり500~1,000kmでも問題ないですが、雨の日に走ったあとや、洗車後、チェーンの油膜が弱くなってきたと感じた時には、清掃&注油のメンテナンスをすることで、錆の発生を極力おさえる事ができます。

ゴールドチェーンなど錆びにくいチェーンを選ぶ

ゴールドチェーンなどをはじめ、メッキ加工がされているチェーンは、そもそも錆びにくいチェーンです。

そのため、メッキ加工がされているチェーンを選ぶのもひとつの方法。

メッキ加工がされているチェーンはシルバーメッキやブラックメッキなど、いくつかの種類があります。

もちろん、絶対に錆びないことはありませんが、ゴールドチェーンは2度のメッキ加工がされているため、特に錆にくいと言われています。

※メッキが剥げた個所や、非メッキ箇所から錆が出ることもあります。

保管時にはきちんとバイクカバーをする

錆の大敵は雨や湿気。

乗らない時には、しっかりとバイクにカバーを掛けて、雨や夜露からバイクを守ることも大事です

関連記事バイクカバーのおすすめと選び方

バイクのチェーンの寿命と症状は?

錆の程度もひどいですが、シールリングが劣化して割れているのがわかります。

チェーンに錆が多く出てしますと、新品への交換を考える人も多いようです。

ただ、チェーンの交換時期は錆とはあまり関係がないとも言えます。

前述のとおり、バイクのドライブチェーンは錆びやすいパーツのひとつ。

そのため、性能的に問題がない場合でも、雨天時の走行や洗車後には錆が出やすいものです。

また、しばらく乗らなかった時にも、チェーンが錆びていたと言うのも良くあるケース。

そのため、まずは、錆落としや清掃などのメンテナンスをしてみると良いでしょう。

バイクのチェーンの寿命は、一般的には

  • ノンシールチェーン・・・5,000km~10,000kmほど
  • シールチェーン・・・15,000km~20,000kmほど

と言われています。

ただ、ドライブチェーンの場合には、走行距離よりもチェーンの状態で判断する方が良いでしょう。

具体的に、チェーンの寿命を判断する症状としては

  • チェーン調整をしても、適度な「張り」を維持できなくなった時
  • チェーンが硬直していて波打っている場合
  • カシメのピンが破損していたりグルグル回る
  • シールチェーンのシールリングが無くなっている、破損している箇所がある場合

などがあげられます。

このような症状があるときには、チェーンに錆が出ていなくても交換をする時期に来ていると言えます。

また、錆が出ていると、上記の症状を加速する要因にもなり得ることは把握しておくと良いでしょう。

チェーンの張り(遊び)はどれくらい?

チェーンの遊びについて補足しておきましょう。

バイクのチェーンの「張り」には適度な「たわみ(遊び)」が必要です。

チェーンが上下に振れる幅が25㎜~35㎜ほどが適正です。

チェーンの張り(遊び)はどれくらい?

ただ、走行しているうちに、この幅が大きくなってくるはずです。

よく、チェーンが伸びたと言いますが、厳密には伸びたわけではありません。

チェーンは、走っているうちに、チェーンのピンとブッシュの穴が摩耗して削れます。

削れた分、隙間ができてガタガタになるのです。

つまり、隙間ができた分、たるみが大きくなって「伸びた」ように見えると言う訳ですね。

たるみが大きくなった場合には、アジャスターで調整ができるのですが、調整しても適正な張りを維持できなくなった時には寿命なので、交換した方が良いと言う事です。

まとめ

  • バイクのチェーンは錆が出やすい
  • ローラー部分は走っているうちに錆が無くなることも多い
  • 側面はナイロンブラシか真鍮のブラシで錆落としをする
    ※その場合にもOリング(シール)を傷つけないように注意が必要
  • 錆防止には、定期的なメンテナンスが一番効果的
  • 錆が出ていなくても、寿命になったら交換する

バイクのチェーンはエンジンが生み出す動力を、タイヤに伝える重要なパーツです。

また、錆が出やすいパーツで、多少の錆なら緊急性を要しないとも言えますが、放置しておくのは良くありません。

定期的にメンテナンスをしたり、チェーンの状態をチェックする事をおススメします。

※本記事は2019年8月に記載しています。ご活用の際は、有用性を確認くださいますようお願い致します。
タイトルとURLをコピーしました