バイクの免許

バイクの免許バイクの免許

バイクの免許を取るためのHow-toガイド

『バイクに乗りたい!』

こう思った時に、まず必要なのがバイクの免許を取る事です。

ただ、ひとことで「バイクの免許」と言っても、バイクの排気量に応じて「原付免許」から「大型二輪免許」まで分かれています。

また、クラッチ操作の有無で、運転の可否が決まる「AT限定(オートマ限定)」と言う区分もあります。

そのため、このサイトBike-Sup【バイクサップ】では、

  • バイク免許の種類や基本知識
  • バイク免許の具体的な取得方法
  • バイク免許についてのノウハウや豆知識

などについて、詳しく解説しています。

これからバイク免許を取りたい人から、既にバイク免許を持っている人まで、全ての人に役立てば幸いです!

まずはバイクの免許の種類を知ろう!

冒頭でも触れましたが、バイクの免許は「原付免許」、「小型二輪免許」、「普通二輪免許」、「大型二輪免許」という種類があります。

更に、原付免許以外はAT限定(オートマ限定)の区分もあり、全部で7つの免許区分に分かれています。

それぞれの免許によって、運転ができるバイクが異なると言うことですね。

そのため、まずは「自分が乗りたいバイク」と、「必要な免許」は何かを知る事が第一歩です。

また、免許区分によって、自動車教習所の時間(講習数)や費用も変わってきます。

基本的な知識として、免許の区分や運転ができるバイク、教習所の時間や費用について、以下の記事でまとめています。

ぜひ参考にしてみて下さい。

具体的なバイク免許の取得方法

取りたいバイクの免許が明確になったら、あとは行動あるのみです!

教習所に通うための費用や、申し込みに必要な書類などを用意します。

バイクの免許区分ごとに、必要な準備や免許取得までの流れを詳しくまとめています。

該当する記事を参考にしてみてください。

短期間でバイク免許を取る方法

バイクの免許を取る時は、自動車教習所に通うのが一般的です。

ただ、教習所に通う場合は、免許取得までにある程度の時間が掛かってしまうのは否めません。

もし、「少しでも早く免許が取りたい!」

と言う場合には、「合宿免許」や教習所に通わない「一発試験」と言う方法もあります。

とは言え、合宿免許も一発試験も、(メリットもたくさんありますが)全ての人に向いているわけではありません。

また「AT限定小型二輪免許」なら、車の免許を持っていれば2日で取得できる方法もあります。

それぞれ詳しくまとめていますので、興味がある人は参考にしてみて下さい。

バイクの免許に関するお役立ち情報

他にも、バイクの免許について、知っておくと便利な情報豆知識もまとめています。

たとえば、「電動バイクの免許ルール」や、「雨の日の教習所」、「最初から大型二輪へ挑戦できるのか?」「3輪バイクの免許」など。

ほかにも、「親に内緒で免許が取れるのか」・・・などなど。

色々とバイク免許について書いていますので、興味があればぜひ参考にしてみてください。

免許を取ったら、バイクを買う事になると思います。

そんな時には、「バイクを買う」時のHow-toガイドページを参考にしていただけたら幸いです。

無事に免許が取れて楽しいバイクライフが送れることを願っています!

【バイクの免許 新着記事】

バイクの免許

スーパーカブやクロスカブの運転に必要な免許は?ATとMTどっち?

ホンダのカブは非常に人気のバイク。ただ、いまいちMT(マニュアル)なのかAT(オートマ)なのか、どっちか分からないと言う人も多いようです。ここでは、「カブ」の運転に必要な免許や、カブがATなのかMTなのかについて解説しています。
2020.03.06
バイクの免許

バイクの教習所って雨でもやるの?カッパは貸してくれる?

バイクの教習所に通っていると、あいにく雨の日に予定が入っている事もあります。基本的には雨が降っていても教習は実施されます。ここでは、雨の日のバイク教習やカッパを貸してくれるのか、キャンセルについて解説しています。
バイクの免許

バイク教習の服装や靴はどうする?講習が受けられない服装は?

バイクの教習を受ける時にはどんな服装が良いのでしょうか。基本的には動きやすい服装であれば問題ありませんが、長袖や長ズボンが条件であったり最低限のルールはあります。ここではバイク教習を受ける時の服装や靴のルールについて解説しています。
バイクの免許

前二輪やトライクなど【三輪バイク】に必要な免許を詳しく解説!

ヤマハのトリシティやナイケンなど前二輪の三輪バイクも定番化してきています。また、三輪といえば、後二輪のトライクや、ジャイロなどの50ccの原付もあります。ここでは三輪のバイクに乗るのに必要な免許をタイプ別に詳しく解説しています。
バイクの免許

AT限定大型二輪免許!650ccの排気量制限が無制限に【2019】

大型二輪免許は「AT(オートマチック)限定の場合650㏄まで」という運転できるバイクの排気量制限がありました。ただ、2019年の7月22日に「AT限定大型二輪でも、運転できる排気量を無制限にする」というパブリックコメントを発表されています。
2020.01.04
バイクの免許

バイクの限定解除!料金や方法を詳しく解説!【昔とは違います】

バイクの免許んには、AT限定や小型限定という区分があります。ただ、限定解除をするとMTのバイクやより大きなバイクに乗る事ができます。ここでは、バイクの限定解除の方法や必要な時間、料金の目安などを詳しく解説しています。
2020.03.05
バイクの免許

バイクの免許はいきなり大型から取れる?技能面と制度面から解説!

バイクの免許を取る時に「いきなり大型二輪免許」を取得する事はできるのでしょうか?制度的にはいきなり大型二輪免許を取る事は可能です。ここでは、技能的な問題や教習所の料金や教習時間も併せて詳しく解説しています。
2020.03.09
バイクの免許

電動バイクに乗るには免許はいる?免許区分とルールについて解説

電動バイクに乗る時にもバイクの免許は必要です。普通のバイクと同様に、モーターの定格出力によって必要な二輪免許が異なります。また、電動バイクの免許区分と一緒に、電動バイクのルールについても解説しています。
2020.03.06
バイクの免許

バイク免許は親に内緒で取れる?【反対する親を説得する方法】

バイクの免許が取れるようになっても親が反対して免許が取れない。そんな時に内緒で免許を取ることは可能なのでしょうか?また、親を説得する10個の方法や、自動車教習所やバイクを買う時の事情も併せて解説しています。
2020.03.07
バイクの免許

AT限定小型二輪免許を「最短2日」の教習所で取る方法!

2018年の道路交通法改正で、AT限定小型二輪免許が最短2日で取得できるようになりました。125㏄のスクーターなどに乗りたい人には便利な制度です。ここでは最短2日で免許取得ができる人の条件や、2日で取る方法について詳しく解説しています。
2020.03.04
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました