バイク免許は親に内緒で取れる?【反対する親を説得する方法】

説得しているイメージ画像免許

バイクの免許は16歳から取得が可能です。

高校生になると免許が取れる年齢になる為、バイクに興味を持つ人も多いのではないでしょうか。

一方で、親の立場としては、バイクに対して良くないイメージがあり反対するという事も少なくないかもしれません。

親も快く免許を取る事に賛成してくれれば良いのですが、理解をもらえない場合には、なかなか簡単には免許を取ることができません。そのため「だったら自分で勝手に(内緒で)取ってやる!」と思う人もいるかもしれません。

では、高校生や未成年が親に内緒でバイクの免許を取得することは可能なのでしょうか?

結論としては「できなくもない」のですが、相当困難ではないかと思います。であれば、むしろ親を説得する方が早のではないかと思いますし、その方が良いと思います。

ここでは「親に内緒で免許が取れるのか」と、「親を説得する方法」を解説していきます。

スポンサーリンク

法律上は16歳から免許取得は可能

法律上は、400㏄以下の普通二輪免許までは16歳から免許取得が可能になっています(※大型二輪は18歳以上)。そのため、仮に高校生であっても年齢条件を満たしていれば免許取得は可能です。

しかしながら、16歳になったからと言って、自分の判断だけではそう簡単には免許を取得することができないのが現状です。

まずは、親に内緒で免許を取得するのが困難な理由から説明していきましょう。

教習所に通うには親の承諾書が必要

通常、免許を取得しようと思った時には、自動車教習所に通うのが一般的です。

高校生であった場合、教習所に通うお金を用意する事も負担が大きいですが、頑張ってアルバイトをすれば、貯められない金額ではありません。

しかしながら、教習所費用が貯められたとしても、未成年の場合は教習所の入校に「親権者の承諾書」が無くては入校ができません。そのため、内緒で教習所に通うという事ができないのが現状です。

となると、教習所に通わないで免許を取るしかありません。

原付免許や一発試験なら内緒で取得が可能

では、教習所に通わないで免許を取得する方法はあるのでしょうか。

まず、原付免許は教習所に通わないで、運転免許試験場で直接試験を受けるのが一般的です。

そのため、原付バイクであれば親に内緒で免許を取得することは可能でしょう。

また、原付よりも大きなバイクでも、教習所に通わずに免許を取得する方法があります。

いわゆる一発試験と言われる方法です。

この方法も、運転免許試験場で直接試験を受ける方法になります。

しかしながら、原付免許が学科試験に合格すれば良いのに対して、小型二輪以上の免許試験は技能試験があります。

この実技試験が非常に難易度が高く、いままでバイクに乗ったことが無い方では、合格はほぼ不可能ではないでしょうか。

そのため、多くの人は教習所に通い免許を取得すると言う訳です。(教習所を卒業すると実技試験が免除になる)

バイクを買う時や保険加入時にも親の同意は必要

仮に親に内緒で免許取得ができたとしても、次にバイクを買わなくてはなりません。

実は、未成年の場合、バイクを買う時にも親の同意は必要になってきます。

バイクショップも、未成年に対して親の同意なしでバイクを売る事は、非常にリスクがあります。

そのため、どこのバイクショップでも未成年の時は同意書が必要になってきますし、ショップによっては直接電話確認をするところもあります。

ポイント

もし、未成年に「親権者の同意無し」でバイクを売るようなショップがある場合、悪質なショップである可能性が高いので避けておいた方が賢明です。

また、バイク保険に加入する時にも、未成年の場合には法定代理人の同意が必要な保険会社がほとんどです。 ※無保険でバイクに乗る事は非常にリスクが高いので、絶対にやめましょう。

仮に免許を取得できても、バイクを買う時や保険に入る時も親に内緒で物事を進めるのは困難と言う訳です。

内緒にするより理解してもらうべき

ここまでで、未成年が親に内緒でバイクに乗る事が、非常に難しいという事は理解して頂けたと思います。

もし、「俺(私)は親には迷惑は絶対かけない!」と何らかの方法で、内緒で免許を取得し、バイクも入手できたとしましょう。

では、万が一事故にあった(起こした)場合にはどうなるのでしょうか?

未成年である以上は、全て親に負担が掛かってきます。

ケガの治療費や、相手がいた場合には相手の治療費も負担しなくてはならないかもしれません。ガードレールや相手の車を壊してしまったら、その修理費用も掛かるかもしれません。

もし、保険に入っていなかったら数千万、数億の賠償になる事もあります。このような大金の賠償を親に背負わせる可能性もある事は知っておくべきでしょう。

また、金銭的な面だけでなく、何より自分の子供の大怪我、最悪、命を落とすことになったら、おそらく一生深く悲しみ続けるでしょう。

しかも、自分の子供がバイクに乗っていることを知らなかったとしたら、尚更です。

自分を育ててくれた親をそんな目には遭わせたくないものです。

であれば、内緒で物事を進めるよりも、きちんと話し合って理解してもらう方がずっと良いのではないでしょうか。

そもそも親がバイクに反対する理由

では、何故、親はバイクに反対するのでしょうか。説得するには、反対する理由を知っておく必要があります。

もちろん、反対の理由は人それぞれだとは思いますが、一般的には以下の理由が多いのではないでしょうか。

◆バイクは危ない、事故が心配

圧倒的に一番大きな反対理由でしょう。もしかしたら、これだけが理由と言う親御さんも多いかもしれません。

転んだらケガをする、死んでしまうかもしれない。危ないから乗ってほしくないという事です。

確かに、バイクの事故の際の重傷率や死亡率は車より圧倒的に多いです。転倒した時に体が投げ出されてしまったり、車と違い、直接ダメージを受けやすいのは事実でしょう。また、未成年のバイク事故は(何故か)ニュースなどでも良く取り上げられる様な気がします。

とはいえ、きちんと安全運転をすれば、それほど危険な乗り物ではない事は、既にバイクに乗っている人は良くわかっています。安全面での理解を得ることが一番のポイントでしょう。

◆金銭的な負担

免許取得やバイク購入には、ある程度の費用が掛かります。このあたりの経済的な面を心配して反対しているという場合もあるでしょう。原付ならまだしも、中型クラスになると免許取得で10数万円、バイクを買うとなると更にお金が掛かるわけですから、親としては金銭的な面でも心配は尽きません。

◆学力の低下

バイクを買うためのアルバイトや、バイクに夢中になることで、学業が疎かになる事を心配する親御さんもいるでしょう。もし、高校生であれば受験して大学に進学してほしいと思っている親御さんもいらっしゃるでしょう。そのようなケースの時には、勉強が疎かになる事も心配です。

◆素行が悪くなる

もしかしたら、親の中には「バイク=暴走族、不良」という古いイメージをまだお持ちの方も居るかもしれません。昔は「三ない運動」言うものがあり、この時代のイメージが残っているご両親という場合もあるでしょう。

三ない運動

1980年ごろの暴走族やバイク事故増加を背景に、高校生にバイクの「免許を取らせない」「買わせない」「運転させない」という教育委員会やPTAが推進してきた社会運動。

バイクに反対する理由は人それぞれだとは思いますが、ほとんどの親は最初の「バイクは危ない」という事が一番の理由ではないでしょうか。

バイクに乗らない人にしてみると、なかなか理解を得るのは難しいとこではありますが、熱意をもってしっかりと話し合う事は必要でしょう。

バイクに反対する親を説得する10の方法

では、どうやって親を説得したら良いのでしょうか?

前述のとおり、反対の理由は親の考え方や家庭環境などにもよって色々あると思います。そのため、何が正解かは回答し難いのですが、ひとつだけ確実なのは「とことん話し合う」ことが重要だという事でしょう。

親の意見も聞くこと、自分の意見を聞いてもらう事に時間を費やしましょう。そのうえで、下記の方法を参考にしてみてはいかがでしょう。

①バイクに乗りたい熱い想いを伝える

一番シンプルな方法ですがとても大事なことです。

基本的には、親は子供のやりたい事は応援したいという気持ちは強くあります。バイクに乗りたいというのであれば、乗らせてあげたいと言う気持ちはあるのです。ただ、子供が大事だから心配なのです。

「バイクに乗らせてあげたい」という気持ちよりも「その結果ケガをしたり、もっと大事になってしまったら困る」という気持ちの方が強いから反対してしまうのですね。

一時的な想位ではなく、なぜバイクに乗りたいのかどれだけ乗りたいのか熱意をもって伝えてみましょう。

②親に内緒にしたくない事を伝える

「どうしてもバイクに乗りたい、でも親にはバイクに乗っていることをちゃんと知っておいてほしい」と伝えてみましょう。

親だって、内緒で乗られるよりは、自分も知っている方が良いはずです。裏を返せば「 反対されるなら内緒で乗ってしまうよ」という意味合いを含んだ、少しずるい方法かもしれません。

しかしながら、ちゃんと納得してもらった上で乗りたいという気持ちは、親にとっても嬉しいものです。

③親戚や兄弟を味方に付ける

もし、親族にバイク乗りが居れば、非常に強い味方になるはずです。周りに協力してくれる人が居ないか探してみましょう。

④フルフェイスやプロテクターの着用を約束する

バイクの事故で死亡事故の大きな要因は頭部や胸部の損傷です。

特にヘルメットは、半キャップやあご紐の緩みで事故の際にメットが脱げてしまい、大きな損傷をうけるケースが多いのです。

きちんと安全基準に適合したフルフェイスやプロテクターをつける事を約束することで、危険への不安を軽減してみてはいかがでしょうか。

⑤一緒にバイクショップに行ってみる

免許の取得を許してくれるか云々は置いておいて、とりあえず一緒にバイク屋に行ってみようと誘ってみましょ

ショップのスタッフにも話を聞いてみるのも良いと思います。イメージ先行でバイクに反対している親の場合には意外と効果的です。特にディーラー系のショップなら店内のショールームも綺麗ですし、これから免許を取るか迷ってると言うと、丁寧に色々教えてくれます。

ショップ側にしてみれば、バイクが売れるかもしれないという気持ち(下心)もあり、免許取得を勧めてくれるでしょう。

⑥一緒に免許を取らないか提案してみる

高校生くらいになると、親は子供との時間が極端に減って寂しいものです。

むしろ、巻き込んでしまって、一緒に免許を取ってツーリングに行きたいと誘ってみるのも一つの方法です。

お父さんと一緒にツーリングに行ってみたい!いつかお母さんを後ろに乗せてあげたい!そんな事を言われたら親としては嬉しいものです。

⑦費用は自分で何とかする(と言う)

経済的な事を心配しているのであれば、お金は自分で頑張る!と宣言してみましょう。

免許取得やバイク購入の費用は全て自分でバイトをして貯めると約束するのも効果的です。とにかく、本気度を伝えましょう。

⑧勉強を頑張る

例えば、学校の成績も上げることを交換条件にするのも良いでしょう。

ここまで出来たら認めてほしいと交渉してみる、交換条件も効果的かもしれません。

⑨友人にも会わせる

もし、他にもバイクの免許を取りたい友人や、既に乗っている友人が居たら、親に合わせて一緒に話してみるのも良いでしょう。

少し古い考えを持っている親は、バイクに乗って悪い事をしないか、暴走族に入らないかなど、素行が悪くならないかを心配をする人もいます。

普段仲良くしている友人を知ってもらう事で、安心する事もあるでしょう。

⑩誓約書を書く

「安全運転を誓う」「バイクに乗る時はどこに行くか必ず連絡する」「成績が落ちたらバイクは売る」「危ない目にあったらバイクは降りる」内容はともかく、親の意見も聞きつつ、決めごとを一緒に考えるのも良いでしょう。

一方的に決めるのではなく、話し合って親の意見も取り入れることが重要です。

まとめ:親に内緒はNG!頑張って説得しよう!

いかがだったでしょうか。

まず前提として、親の気持ちも理解することは大事です。反対するのは、心配してくれている証拠です。

とはいえ、バイクに乗りたいという気持ちも非常にわかります。

だからと言って、内緒でバイクに乗る事は親に多大な迷惑をかける可能性もあります。

また、コソコソ乗っていても、きっと心から楽しめないのではないでしょうか?

本気でバイクに乗りたいという思いがあれば、きっと親も理解してくれると思います。一番は諦めずにしっかりと話し合う事が重要です。

是非、頑張って説得してみてください。

※バイクに乗ることができたなら、保険には必ず入りましょう。保険についても親としっかり話し合いましょう。

※本記事は2019年1月に記載しています。ご活用の際は、有用性を確認くださいますようお願い致します。
全国から探せる合宿免許わかば
タイトルとURLをコピーしました