バイク免許の取得時講習と応急救護、費用と免除や特定教習を解説

講習のイメージ免許

免許を取得する上で必ず受講しなくてはならないものに、取得時講習・応急救護があります。

バイクに関しても同様で、大型二輪免許、普通二輪免許、小型二輪免許(それぞれAT限定を含む)を取得する人は受講が必要です。(※原付免許は原付講習)

公認の自動車教習所に通って免許を取得する場合は、教習所のプログラムの中に組み込まれています。そのため費用も含めて、特に気にしなくても教習所を卒業すれば問題ありません。

しかしながら、一発試験で免許取得をする人などは別途受講が必要です。

ここでは、取得時講習・応急救護講習の費用や免除対象について、また、特定教習について解説します。

※本サイトではバイク(二輪)に特化してまとめていますので、車(4輪)の場合とは内容が異なる部分がございます。

スポンサーリンク

取得時講習

取得時講習とは

取得時講習は、道路交通法108条に定められている講習で、運転免許取得をする者が必ず受講しなくてはならない講習です。

通常、取得時講習の内容は、

  • 危険予測
  • 高速教習
  • 応急救護

の三つから構成されていますが、バイクの場合は「高速教習」はありませんので、「危険予測」と「応急救護」が取得時講習となります。

※原付免許に関しては、「原付講習」のみになります。

通常、取得時講習には応急救護も含めて取得時講習と表現する事が多いですが、免許を取得する人の条件によっては、応急救護講習が免除になる人もいます。

そのため、ここでは講習に必要な時間や費用は別々に表記しています。

バイクの取得時講習(応急救護以外)は、コース(実車)やシミュレーターを使用して交通状況や道路環境に応じた運転や、運転に伴う危険予測、二人乗りに関する知識についての講習を受けます。

また、グループディスカッションがある場合もあります。

取得時講習の講習時間

大型二輪の場合・・・3時間+応急救護講習

普通二輪の場合・・・3時間+応急救護講習

小型二輪の場合・・・3時間+応急救護講習

※AT限定免許でも同様です。

応急救護の受講が必要な人は別途応急救護の時間が掛かります。

取得時講習の講習費用

大型二輪の場合・・・12,450円+応急救護講習費用

普通二輪の場合・・・12,000円+応急救護講習費用

小型二輪の場合・・・12,000円+応急救護講習費用

※AT限定免許でも同様です。

応急救護の受講が必要な人は別途応急救護の費用が掛かります。

※費用に関しては、各都道府県・受講教習所によって若干異なる場合があります。

取得時講習の受講場所と受講方法

原則、運転免許試験場が指定する自動車教習所で受講することが一般的です。

取得時講習は事前予約制のため、運転免許試験場での技能試験合格後に指定教習所に予約をするのが一般的です。

しかしながら、なかなか予約が取れない事も多く、せっかく試験に合格しても受講日がかなり先になってしまう事も多いので、後述の「特定教習」を受けておく方法もあります。

※運転免許試験や取得時講習に関しては、各都道府県の警察や運転免許試験場のホームページに詳細が記載されています。各都道府県によって若干の差がありますので、事前に確認しましょう。

応急救護講習

応急救護講習とは

応急救護は取得時講習のひとつで、万が一事故が起きた時の傷病者緊急対応に関しての講習です。

心肺蘇生法(心臓マッサージ)、止血法等やAED(自動体外式除細動器)の使い方など応急救護処置の基本知識を学んだり、人体模型を使用して応急救護の実技を行います。

応急救護講習の講習時間

大型二輪の場合・・・3時間

普通二輪の場合・・・3時間

小型二輪の場合・・・3時間

※AT限定免許でも同様です。

応急救護講習の講習費用

大型二輪の場合・・・4,200円

普通二輪の場合・・・4,200円

小型二輪の場合・・・4,200円

※AT限定免許でも同様です。

応急救護講習の受講場所と受講方法

原則、運転免許試験場が指定する自動車教習所で受講することが一般的です。

また、応急救護は、取得時講習時に同時に受講するのが一般的です。

そのため、運転免許試験場での技能試験合格後に予約を取る時に、指定の教習所で一緒に予約をとります。

また、応急救護は免除になる場合もあります。その場合は取得時講習(危険予測講習)のみの予約で問題ありません。

講習が免除になる人

バイクの免許を取得する時に、取得時講習や応急救護は免除になる場合もあります。免除対象の人はもちろん受講の必要はありません。

●公認自動車教習所を卒業して卒業証明書を有する人

>取得時講習、応急救護ともに免除

自動車教習所に通い、卒業検定に合格して免許を取得する人は取得時講習、応急救護は必要ありません。これは、必要な講習が教習所のカリキュラムに組み込まれている為です。

そのため、既に受講済みという扱いになります。 ただ、卒業証明書は有効期限が1年になりますので、注意が必要です。

免許取得前に指定教習所の「特定教習」を受講済みの人

>取得時講習、応急救護ともに免除

公認の自動車教習所にて、取得時講習と同等の内容である「特定教習」を技能試験合格前に受講済みであれば免除になります。※受講後にもらえる特定教習終了証明書が必要です。

●「うっかり失効」又は「やむを得ず失効」が理由で免許試験の一部免除を受けることが出来る人

>取得時講習、応急救護ともに免除

●すでに原付免許と小型特殊免許以外の第一種免許を取得している人

>応急救護免除

●医師、歯科医師、保健師、助産師、看護師、准看護師、救急救命士のいずれかの資格を持っている人

>応急救護免除

応急救護処置の知識をすでに身に着けている為、免除になります。

特定教習とは

「特定教習」は、教習の内容は「取得時講習」と同等の内容です

「取得時講習」が運転免許試験場の技能試験合格後にしか受講できないのに対して、「特定教習」は技能試験前に自動車教習所で受けられる教習です。

通常、一発試験で免許を取得する場合、運転試験場で学科試験と技能試験を受け、合格した後に指定の教習所に取得時講習の予約を取ります。

取得時講習は別日になりますので、試験場の技能試験に合格しても直ぐに免許交付手続きができません。

場合によっては、取得時講習の予約がなかなか取れず、せっかく運転免許試験場の試験に合格しても、免許交付がかなり先になってしまう事もあります。

そのような時に、事前に取得時講習と同等の「特定教習」を受講して「特定教習終了証明書」を取っておくと便利です。

特定教習を受けると、「取得時講習・応急救護は免除」になりますので、技能試験合格後すぐに、免許交付手続きができると言う訳です。

しかしながら、特定教習の場合は、取得時講習と同等の内容にも関わらず、取得時講習・応急救護を受講するよりも費用が高くなるケースが多いです。

また、車の場合は特定教習を実施している教習所も多いのですが、バイクの場合は特定教習を実施している自動車教習所が非常に少ない状況です。

加えて、特定教習終了証明書は有効期間が1年という事も認識しておくべきでしょう。

一発試験で合格するつもりで特定教習を修了したら、1年以内に運転免許試験に受からないと無駄になってしまいます。

まとめ

多くの人は公認の自動車教習所を卒業して免許を取得します。

その場合は、取得時講習、応急救護については気にする事はありません。

全て教習所の授業内で終了します。

一発試験を受ける方は、免除条件や特定教習の仕組みなども把握していただいて、計画的な免許取得をしていただけたら幸いです。

※本記事は2019年2月に記載しています。ご活用の際は、有用性をご確認くださいますようお願い致します。
全国から探せる合宿免許わかば
タイトルとURLをコピーしました