バイクのハイサイドとは?危険な転倒の原因と防止策【初心者向け】

バイクのハイサイドとは?危険な転倒の原因と防止策【初心者向け】お役立ち情報

バイクの走行中に起こる「ハイサイド」は、転倒の現象のひとつです。

「ハイサイドで転倒した」
「ハイサイドで吹っ飛んだ」

こんな話を聞いたことがある人も居るでしょう。

ただ、いまいちハイサイドがどんな現象かわからない。またハイサイドがどうして起こるのかわからない。

そんな人もいるのではないでしょうか。

そのため、ここでは

  • バイクのハイサイドとは何か
  • ハイサイドが起きる原因
  • ハイサイドの防止策
  • ハイサイドは公道走行でも起きるのか

などについて解説しています。

スポンサーリンク

バイクのハイサイドってどんな現象?

ハイサイドは、バイクの転倒現象のひとつです。

主に、コーナーリングの際に起こるのですが、横滑りしたタイヤが急にグリップを取り戻すことによって、バイクが激しい挙動をする(ロデオのように跳ね上がってしまう)現象です。

当然、乗っているライダーはバイクから放り出されてしまうので、大変危険な転倒と言えるでしょう。

また、普通のコーナーリングの転倒では、スリップなどでバイクを傾けている(地面に近い)イン側に倒れる事が多いのですが、ハイサイドの場合にはアウト側にバイクが跳ね上がります。

そのため、「High-Side」(高い側に転倒する)と呼ばれるようになったと言う訳ですね。

ハイサイドの動画

ハイサイドがどんな転倒かは、実際に動画で見てみた方がわかりやすいと思います。

コーナーの立ち上がりで、バイクの挙動がおかしくなった瞬間に、アウト側に跳ね上がっているのが良く分かると思います。

ハイサイドが起こる原因は?

バンクさせている側ではなく、反対側にバイクが跳ね上がる「ハイサイド」。

なぜ、このような事が起こるのでしょう。

ハイサイドは「グリップを失ったタイヤが急にグリップを取り戻す」と言うのが、間接的な原因です。

具体的に、「良くある一例」で説明すると、

  • コーナーリングの途中でリアタイヤが滑り出す(グリップを失い始める)
  • リアが滑っている事に気が付く
  • ヤバい!と思って(本能的に)アクセルを戻す
  • 急にグリップ力が戻る
  • タイヤが路面を掴む力がバイクを起こす力となり一気に働く
  • バイクがアウト側に跳ね上がる

という事になります。

ハイサイドは多くの場合、コーナーリングの立ち上がりで、且つ、アクセルを開けている時に起こります。

  • コーナーでアクセルを必要以上に開けてしまう事で、リアタイヤの横滑りが大きくなる
  • 焦って急にアクセルを戻してしまう

このことがハイサイドの直接的な原因ともいえるでしょう。

また、アクセルを戻さなくても、カウンターを当ててバイクが起き上がった時に急にグリップを取り戻してハイサイドになると言うこともあります。

レースではこちらのケースの方が多いかもしれませんね。

(※カウンターを当てるとは、曲がる方向と逆にステアリングを切る技術の事です)

ハイサイドは公道走行でも起こる?

ハイサイドは公道走行でも起こる?

ハイサイドは、サーキット走行やレースで多く起こると言えますが、公道走行中でも起こり得るのでしょうか。

結論から言うと、公道走行でもハイサイドは起こります。

場所が一般道でもサーキットでも、ハイサイドが起こり得る条件がそろえば関係ないという事ですね。

ただ、あくまでも一般論として、公道走行中のハイサイドは少ないと言えるでしょう。

なぜなら、

  • サーキットの場合は路面がグリップしやすい設計になっている
  • サーキットではグリップ性能の高いタイヤを履いている
  • 一般道では大きくタイヤが横滑りするような走行をするシーンは少ない

と言うような理由が挙げられます。

ただ、一般公道でも無茶をして攻めるような走りをすれば、ハイサイドが起きないとは言えません。

実際に、公道走行中にハイサイドで転倒したことがあると言う人も居ます。

また、例えばマスツーリングでのコーナーリングなど。

前を走る仲間に置いて行かれたくない一心で、無理してアクセルを開けてしまった時にも起こりうる可能性はあります。

公道の場合には、ツナギを着ている訳でもありませんし、対向車や後続車も居ますので、大変危険です。

タイムや順位を競っているサーキットとは違うので、公道では安全運転をするのが大前提ですね。

それから、タイヤが横滑りを起こす原因としては他にも

  • 雨で濡れた路面で滑る
  • 砂などで滑る

と言うケースもあるでしょう。

このような状態から、急にグリップ力が戻る事でハイサイド状態になる事もあると言えます。

ハイサイドを防止するにはどうしたら良い?

非常に危険な転倒のハイサイドですが、防止するためにはどうしたら良いのでしょうか。

ハイサイドは、タイヤがグリップ急に取り戻すことが原因で起こります。

そのため、横滑りをした時に、徐々にアクセルを戻すことができれば(理論上は)ハイサイドは防げると言えます。

ただ、コーナーリング中に横滑りし始めて、冷静に少しづつアクセルを戻せる人はまず居ないでしょう。

プロのレーサーでも、ハイサイドで飛んでしまうのですから。

もしくは、バイクがハイサイドで起き上がった時に、荷重を掛けて抑え込む。一瞬でこんな事ができる人も居ないでしょう。

そのため、ハイサイドを防ぐためには、

「コーナーリング時にタイヤが横滑りしないようにする」

と言うのが最も効果的と言えます。

ハイサイドが起こる原因を作らないと言うことですね。

さらに深堀りすると、

「コーナーで必要以上にアクセルを開けすぎない」

と言うことが重要と言うことになります。

まとめ:無理をしない事が一番重要

繰り返しになりますが、ハイサイドは大変危険な転倒です。

ライダーはバイクが起き上がった勢いで、前方や上に投げ出されてしまい、大きなケガを負う事も少なくありません。

もし、レースやサーキットでタイムを競っている場合であれば、ある程度仕方がない部分もあると思います。

ただ、公道走行では無理をしない事が一番重要です。

公道でのハイサイドは大事故になる可能性も高いので、くれぐれも安全運転を心がけて楽しんでください。

※本記事は2019年10月に記載しています。ご活用の際は、有用性をご確認くださいますようお願い致します。
タイトルとURLをコピーしました