バイクのミッションオイル(ギアオイル)とは?交換時期は?

バイクのミッションオイル(ギアオイル)とは?交換時期は?オイル

バイクにはミッションオイルと言うものがあります。

(ギアオイルとも言います。)

ミッションオイルは、エンジンオイルに比べて交換時期が長いこともあり、ついつい交換するのを忘れてしまいがち。

ただ、もちろん時間と共に劣化していきますので、適切なタイミングで交換をするものです。

また、バイクの場合にはミッションオイルとエンジンオイルが共通化されている車種も多いのが特徴です。

ここでは、

  • バイクのミッション(ギア)オイルとは何か
  • ミッションオイルがあるバイクと無いバイク
  • ミッションオイルの交換時期や方法

などについて詳しく解説しています。

スポンサーリンク

バイクのミッションオイル(ギアオイル)とは何?

バイクのオイルと言えば一般的には「エンジンオイル」のことを思い浮かべる人が大半でしょう。

ただ、車種によっては、エンジンオイルと別に「ミッションオイル(ギアオイル)」が入っているバイクもあるのです。

ミッションオイルの役割は、ギア(歯車と歯車)の間に油膜を作り、金属同士の潤滑や摩耗の防止すること。

もし、ミッションオイルが劣化してきたり、適正な量よりも減ってくると

  • ギアが入りにくくなる
  • パワーダウンや燃費の悪化
  • 最悪、ギアが欠けたり破損してしまう

と言うような事に繋がってしまいます。

それほど頻繁に交換が必要なオイルではありませんが、定期的な交換は必要と言うことですね。

ミッションオイルがあるバイクと無いバイク

ミッションオイルがあるバイクと無いバイク

ミッションオイルは、ギアの潤滑を担う重要な油脂です。

ただ、バイクの場合には「ミッションオイルが無い」バイクもあります。

むしろ、多くのバイクは「ミッションオイルが無い」と言えます。

厳密に言うと、無いのではなく、エンジンオイルがミッションオイルを共用しているのです。

つまり、エンジンオイルがミッションオイルの役割も果たしていると言うことですね。

一方で、エンジンオイルとミッションオイルが別になっているのは

  • 2サイクルエンジンのバイク
  • スクーター
  • ハーレーなどの一部の4サイクル

などです。

2サイクルエンジンの場合、エンジンオイルは燃焼されてしまうのでギアボックスにミッションオイルを入れる必要があります。

また、スクーターもエンジンオイルと別の場所にミッションオイルを入れる場所が設けられています。

それから、ハーレーの場合は構造上エンジンオイル、ミッションオイル、プライマリーオイルが別々になっているので、それぞれ交換が必要です。

(※スポーツスターの場合にはミッションとプライマリーが繋がっています。)

BMWにもミッションオイルが別になっている車種がありますね。

つまり、ミッションオイルの交換が不要なバイクもあると言うことです。(エンジンオイルの交換は必要ですよ)

関連記事バイクのエンジンオイル交換!頻度や時期の目安を詳しく解説!

ミッションオイルの交換時期はどれくらい?

では、ミッションオイルがエンジンオイルと別になっているバイクでは、どれくらいの頻度で交換すればよいのでしょう。

ミッションオイルは、エンジンオイルに比べて劣化しにくく、それほど頻繁に交換する必要はありません。

メーカーの推奨時期でも数年に1度で良いとされているバイクも多いです。

特に原付スクーターなどは、一度も交換されずに廃車になるバイクもあるくらい。(もちろん、定期的な交換が良いのは言うまでもありません。)

ただ、当然車種によって推奨の交換時期は異なります。

そのため、サービスマニュアルなどがあれば一度確認しておくと良いと思います。

もし、サービスマニュアルで確認ができない場合には、

  • 1~2年に1度
  • 10,000km走行ごと

くらいで交換をしておくと、バイクにとっても良いと言えます。

また、新車の場合には最初の1,000kmくらいで交換をするようにしましょう。

(※普通はバイクショップの新車初回点検を受ければ、交換してくれるはずです。)

関連記事新車のバイクを買ったら慣らし運転をしてオイル交換をしよう

ミッションオイルの交換方法

ミッションオイルの交換方法

ミッションオイルの交換はそれほど大変な作業ではありません。

もちろん、ショップに依頼しても問題ありませんが、自分でチャレンジできる作業のひとつです。

2サイクルならエンジンの下部、スクーターなら後輪のそばにオイルする排出するドレンボルトが有るのが一般的です。

まずは、自分のバイクのミッションオイルの場所を確認しましょう。

手順としては

  • ドレンボルトを外してオイルを抜く
  • 抜けきったらドレンボルトをはめる
    ※ドレンワッシャーは新品に交換
  • 適量のギアオイルを入れる

という簡単なものです。

ただ、ビッグスクーターの場合、ミッションオイル交換をするのにカウルやVベルトのカバーも外さなくてはならない車種もあります。

こうなると結構な手間が掛かり厄介なので、ショップに頼んでしまうのもおススメです。

また、原付スクーターなどであればミッションオイルはかなり少量なので、ドレンボルトを抜いてもドボドボとオイルが出てくることはありません。

事前に多少の走行をして、オイルを柔らかくしておいたり、車体をゆすってしっかりと抜けるようにしておくと良いと思います。

(熱くなりすぎると火傷の危険もあるので注意して下さい。)

また、昔の原付などでは、ミッションオイルの排出ドレンボルトが無い車種もあります。

「ミッションオイルは減ったら足しておけば良い」という考えだったと言うことですね。

ミッションオイルは量に注意

ミッションオイルを交換する時には、入れる量に注意が必要です。

きちんと適正量が決まっており、サービスマニュアルで指定がされています。

これは、多すぎても少なすぎても良くないからです。

エンジンオイルも同様ですが、入れ過ぎ、少なすぎは故障を招く原因になってしまいます。

ミッションの不具合は修理費用が高くなるので、適正量を守るようにしましょう。

原付などだと100mlくらいしか使わないですが、くれぐれも入れ過ぎ注意です!

関連記事エンジンオイルを入れすぎた時の症状や抜き方を解説

ミッションオイルはエンジンオイルで代用できる?

良く、ミッションオイルはエンジンオイルでも代用できると言う話もあります。

結論から言えば、ミッションオイルの代わりにエンジンオイルを使用しても問題ないケースが多いです。

前述の通り、4サイクルのバイクでは、エンジンオイルとミッションオイルが供用されているバイクが主流です。

そのことからも、ミッションオイルの代用でエンジンオイルを使用しても問題ないことがわかります。

なかには、サービスマニュアル上で推奨ミッションオイルがエンジンオイルになっているケースもあるくらいです。

ただ、心配な場合には専用のミッションオイルを使うと良いでしょう。

2サイクルやスクーターであれば、ヤマハのヤマルーブが人気です。

2サイクルエンジンのミッション室、スクーターの後輪ファイナルギアBOX潤滑用です。

極圧性や油膜強度も高く、酸化安定性にすぐれ、ベアリングの腐食や磨耗を防ぐアワ立ち性がきわめて少ない特性をもっています。

ヤマハ車以外にもおすすめです。

また、ハーレーやBMWなどの大排気量の場合には、メーカー推奨のミッションオイルを使う事をおススメします。

まとめ

  • エンジンオイルのほかにミッションオイル(ギアオイル)が使われているバイクがある
  • ミッションオイルとエンジンオイルが供用されているバイクもある
  • 頻繁に交換する必要はないが、定期的な交換は必要
  • 1~2年に1度もしくは10,000km走行ごとで交換するとバイクには優しい
※本記事は2019年10月に記載しています。ご活用の際は、有用性をご確認くださいますようお願い致します。
タイトルとURLをコピーしました