バイクにリフレクターが無いと違反?車検に通るサイズや基準について

バイクにリフレクターが無いと違反?車検に通るサイズや基準バイクの交通違反

バイクにはリフレクター(後部反射器)を付けなくてはいけません。

これは、道路運送車両の保安基準で義務付けられています。

しかしながら、あまり認知されていないのも事実で、

「リフレクターが無いと違反なの?」
「オレンジのレンズでも大丈夫?」
「色々と決まりがあるって聞いたけど?」

こんな疑問も多いようです。

そのため、ここではバイクのリフレクターの保安基準や車検・違反について詳しく解説しています。

スポンサーリンク

バイクに「リフレクター」が無いと違反になる

バイクに「リフレクター」が無いと違反になる

リフレクター(後部反射器)をバイクに設置しなくてはならない事は、道路運送車両の保安基準に明確に記載されています。

参考:国土交通省

つまり、法律で決まっていると言う訳ですね。

そのため、リフレクターが無い状態であれば保安基準に適していないという事で「整備不良(尾灯等)」に該当してしまいます。

罰則としては、違反点数1点・反則金6,000円(二輪車)

もしかしたら、リフレクターが付いていなくても、警察官(白バイなど)に停められた事が無いという人も居るのではないでしょうか。

ただ、違反である事は間違いなく、実際に切符を切られた人も数多くいます。たまたま、気付いていなかったか、面倒なので見過ごしたと言うのが現実でしょう。

(結構タイミングもありますので。交通安全週間とかだと白バイの方もギラギラしてるので危ないです。)

基本的には、マフラーの音量などよりも、リフレクターは視認できるので停められやすいのは間違いありません。

リフレクターが付いていなければ、違反になるという認識はしておきましょう。

リフレクターが無いと車検には通らない

バイクの場合には251㏄以上だと車検がありますよね。

車検という制度は「きちんと保安基準に沿っているか」を検査する制度です。

なので、当然リフレクターが無いと車検に通りません。

むしろ、ユーザー車検では(知らずに)リフレクター絡みで落ちる人も多いのです。もし、これからユーザー車検にチャレンジしようとする人は、くれぐれも気を付けてください。

テープや貼り付け式のリフレクターでも大丈夫?

カスタムショップなどが車検を通すために、簡易的なリフレクターを使用することがあります。

テープ状のものや、反射板を両面テープで貼り付けるタイプ。

これで車検を通しているので、 「テープ式や貼付け式でも問題は無いのか」実際に聞いてみたことがあります。

その時の答えは、

  • 保安基準で、位置や面積は決まっているけど、テープ式や貼付式はダメだとは記載がない
  • 中には厳しい検査員も居て、ペラいテープだと指摘される事もある。
  • あくまでお客さんの希望で、簡易的なもので車検を通してるが、基本的にはボルト止めの物を勧めている。

との事でした。

また、車検時だけでなく、普通の時でも「基準を満たしていれば」テープや貼付け式でも、違反になる事は無い(はず)だそうです。

ただ、取れやすい事は否めないので、できれば避けた方が良いとの事。

たまたま警察に停められた時に、落ちて付いて無いかも知れないので・・・

ちなみに、車検の有無に特化していますが、250㏄でもリフレクターが無いと違反になりますので注意してくださいね。

バイクのリフレクタ―の基準は面積・位置・色!

では、実際に定められているバイクのリフレクターの保安基準を見てみましょう。

次の3点です。

リフレクターの保安基準
  • 車両の中心面上に、反射部の中心が地上1.5m以下となるように取り付けてあること
  • リフレクターのサイズ(面積)は10平方センチメートル以上
  • 赤色を発光するもの

ひとつ目は、バイクの真ん中に1.5m以下の高さで付けてくださいね。という事。

ふたつ目は、本来は「夜に後方150mの距離から走行用前照灯で照らしたときに、その反射光を確認できるものであること。」とあるのですが、数値化すると10㎠の面積があればOKだそうです。

みっつ目はそのまま。赤いレンズ(色)でないとダメなので、オレンジや黄色だとNGです。

以上を満たしているリフレクターであれば、車検が通らない事や違反で捕まる事はありません。

テールレンズと一体型のリフレクター

テールレンズと一体型のリフレクター

昔のバイクには良くありましたが、テールレンズの中にリフレクターが入っている一体式のタイプ。

この場合は、特に問題はありません。あくまでも、位置と面積と色が重要だという事ですね。

もちろん、最近のバイクでも、一体型であれば基準さえクリアいていれば大丈夫です。

ただ、良くあるのがテールランプのレンズをクリアに変えてしまい、失敗するケース。リフレクターが一体だと、レンズをクリアにしたら、「赤」でなくなってしまいます。

当然、保安基準が不適合になってしまうという事ですね。

リフレクターが付いていない人におすすめ

ここまでで、「リフレクターが付いていない!」と言う人は、何かしら探して付ける事をおすすめします。

車検もそうですが、こんなことで違反になっても面白くないです。

各メーカーから、汎用品もたくさん出ていますし、それほど高額なものでもありません。

おすすめをいくつか紹介しておきます。

DAYTONAスリムリフレクターキット

DAYTONAスリムリフレクターキット

ナンバープレートの下に噛ませるだけで、スリムなリフレクターが簡単に付けられます。

もちろん、面積や色など保安基準に適合で車検もOK。ECE規格、SAE規格もクリアしているリフレクターキットです。126㏄超ナンバー用

これは筆者も使用しているイチオシです。

ACTIVE  リフレクターキット TYPE-3 スリム

ACTIVE  リフレクターキット TYPE-3 スリム

こちらもパーツメーカー「アクティブ」さんのリフレクターKIT。125cc超のバイク用ですが、車種を選ばない汎用品。

もちろん、車検OKの保安基準適合品です。

フェンダーレス化によってリフレクターが無くなってしまった方にもおすすめ。

まとめ:リフレクターが無いのは違反だし危ない

  • バイクにはリフレクターが付いていないと違反になる
  • リフレクターが無いと車検も通らない
  • 250cc以下も違反
  • 保安基準は面積・位置・色

リフレクターの本来の目的は、安全性の確保です。

この記事では、「車検に通らない・違反になる」という事を中心に解説しましたが、前提としては「リフレクターは無いと危ない」という事です。

なので、「ちゃんと視認できるようにしてくださいね」という事が保安基準に盛り込まれているという事です。

もし、付いていないのであれば、早めに付けることをおすすめします。

※本記事は2019年6月に記載しています。ご活用の際は、有用性を確認くださいますようお願い致します。
タイトルとURLをコピーしました