バイクの盗難保険は必要?いらない?【迷っている人向け】

バイクの盗難保険は必要?いらない?【迷っている人向け】バイクの保険

バイクを購入する(した)時に、迷う事のひとつが「盗難保険」

念願のバイク、盗難はやっぱり怖いですよね。

とは言っても、当然コストも掛かりますし、しっかり鍵をしておけば大丈夫な気も・・・。

こんな風に迷っている方も多いのではないでしょうか。

ただ、できることなら、盗難保険には加入しておくべきでしょう。

ここでは、

  • バイクの盗難の実態
  • 盗難保険に入るべき理由
  • バイクを盗まれたらどうなるか
  • 盗難保険のメリットとコスト

などについて詳しく解説しています。

盗難保険をどうするか、答えを出すヒントになると思いますので、是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

バイクの盗難保険は必要か

できれば、バイクの盗難保険には加入しておいた方が良いでしょう。

理由のひとつとして、バイクの盗難は今でも数多く発生している事があげられます。

政府の犯罪統計によると、平成30年(2018年)に発生したバイクの盗難は15,292件だそうです。

単純な計算ですが、毎日40台以上のバイクが盗まれているという事になります。

また、統計のなかに、検挙率と言う数字も出ています。

検挙率は犯人が捕まった割合ですが、約17%(2018年)

つまり、バイクの盗難はほとんど犯人が捕まっていないという事になります。

自宅に停めて、しっかり鍵を掛けていても盗まれる可能性は充分ありますし、盗まれたら「無事にバイクが戻ってくる可能性は極めて少ない」という事です。

ただ、そんな時に盗難保険に加入していれば、バイクは戻ってこなくても保険金が下ります。

盗難の痛みは軽減できるのは間違いないでしょう。

バイクの盗難の実態

バイクの盗難の実態

強固なセキュリティ付きのガレージに停めているような場合であれば、盗難の可能性は低くなるかも知れません。

もちろん、ロックやカバーをするだけでも盗難防止には効果があります。

ただ、それでも、盗まれる時には盗まれてしまいます。

非常に悲しい事ですが、このようなSNS投稿も非常に良く目にします。

※何か情報があればご連絡してあげて下さい!

また、盗難の実態を把握するのに、こんな動画もご紹介します。

【一瞬でバイクは盗まれる】

こういうのを見てしまうと、本当に恐ろしいですし、バイクを盗もうとする人間に怒りを覚えますね・・・。

【台車で運び出されるバイク】

なんだか、もう狙われたら終わりみたいな感じです・・・。

もちろん、盗まれないような対策は絶対に必要です。

ただ、それでも盗まれてしまった時のことを考えると、やはり盗難保険はあったほうが良いですよね。

バイクを盗まれたらどうなるか

万が一、大事なバイクを盗まれてしまった時には、どうなるのでしょうか。

  • 犯人が捕まる可能性は20%以下
  • バイクが戻ってくる可能性は42%
  • ローンで買っていたらローンだけが残る
  • バイクに乗りたいけどまた買うのが馬鹿らしい
  • 精神的な苦痛は相当

こんな感じです。

検挙率は前述の通りで、犯罪統計によると2018年で17%くらいです。

まず、犯人は捕まらない事の方が多いです。

また、車両還付率と言うのがあって、こればバイクが戻ってきた割合。

乗り捨てされていた場合など、犯人が捕まらなくてもバイクが戻ってくるという事もあります。

4割くらいはバイクが戻ってくるのですが、元の綺麗な状態で戻ってくる可能性はかなり低いでしょう。

戻って来ても傷だらけ、パーツだけ無くなっている。

こんな事もあるという事ですね。

もし、バイクをローンで買っていた場合、当然ローンは残ってしまいます。

手元にないバイクに、毎月ローンの支払いがあるという事に・・・。例えばですが、100万円のローンが残っていたとしたら、犯人を××したくなりますよ。。

やっぱりバイクに乗りたい!

そう思ったとしても、実質は2台分の費用でバイクに乗るという事になりますよね。

精神的な苦痛はかなりのものでしょう。

当然、「悪」は盗む人間です。盗まれた人は何も悪くないので、理不尽極まりない話です。

ただ、こうなってしまうのも事実。

なんとも歯がゆいですね・・・。

盗難保険のメリットとコスト

盗難保険のメリットとコスト

こんな事にならない為に、盗難保険があります。

メリットとしては、

  • バイクが盗まれた時に保険金がでる
  • パーツが盗まれたときにも保険金がでる
  • 盗難未遂で鍵穴が壊された時にも保険金がでる
  • 盗まれた後にバイクが見つかったら修理代がでる

こんな事が挙げられるでしょう。

※ちなみに、上記は「ZuttoRideClub」という盗難保険の場合です。

他社の盗難保険の場合には、異なる部分もあります。そのため、他社も検討する時には補償条件を確認するようにしてください。

また、 「ZuttoRideClub」 でも保険金が出る条件はしっかりと確認が必要です。

では、盗難保険に加入する場合のコスト(費用)はどのくらい掛かるのでしょう。

あくまでも一例ですが、

  • 盗難時に30万円の補償・・・保険料12,500円/年
  • 盗難時に50万円の補償・・・保険料18,700円/年
  • 盗難時に100万円の補償・・・保険料34,100円/年

となっています。(ZuttoRideClubの場合)

ありがちな言い回しでちょっと恥ずかしいですが・・・50万円の保険金で月々1,500円くらい。

これを高いとみるか、安いとみるかですね。

バイクは決して安い買い物ではありません。

それが30万円で買ったバイクでも、300万円で買ったバイクでも同じです。盗まれた時のことを考えると、加入しておく方が良いのは間違いないでしょう。

ちなみに、ZuttoRideClubの場合、バイクによって掛けられる保険金の「上限」は、市場相場をもとにした査定額と言うもので決まっています。

(125㏄のスクーターに100万円の保険金は掛けられないという事です)

なので、一度自分のバイクの上限額をチェックしてみると良いでしょう。

1分もあれば、個人情報も未入力で確認できます。

ZuttoRideClubで査定額と保険料を見てみる

この査定額を上限として、盗まれた時の保険金をいくらにするかを決めると言う訳ですね。

盗まれた時の保険金(補償)が大きくなれば、その分保険料(払うお金)も高くなるという事です。

盗難保険に入らない場合はせめてロックに気を遣う

盗難保険に入らない場合はせめてロックに気を遣う

もし、検討したうえで盗難保険に入らないのであれば、せめてロックには気を使いましょう。

ホームセンターで売っているようなワイヤーロックでは、一瞬で切られてしまいます。

  • 複数のロックを使う
  • 強固なロックを選ぶ
  • アラーム付きのものを選ぶ
  • 地球ロックをする(鍵の掛け方)
  • バイクを停める場所にも注意する
  • バイクカバーも使用する

など、対策はたくさんあります。

詳しくは、以下の記事にてまとめていますので、是非参考にしてみて下さい。

まとめ

繰り返しになりますが、一番の「悪」はバイクを盗む人間です。

本当に卑劣な行為です。

(盗まれてしまった方においては、無事にバイクが戻ってくること切に願います。)

とは言っても、バイクを守るためには、やはり対策は必要です。

また、万が一やられてしまった場合の備え(保険)は用意しておくに越したことはありません。

できることならば、盗難保険には加入しておくべき。

是非検討してみて下さい。

また、もし加入してみようと思ったときには、下記の記事も参考にしてみて下さい。

※本記事は2019年7月に記載しています。ご活用の際は、有用性をご確認くださいますようお願い致します。
※各保険の内容、条件等の約款は必ず確認をするようお願いいたします。
タイトルとURLをコピーしました