伊勢谷友介さんBMWの次はハーレー?【芸能人とバイク】

芸能人とバイクバイクと芸能人

芸能人や有名人がバイクに乗ってくれるのは、非常に嬉しい事だと思っています。

何故なら、やはり影響力が大きいからです。

バイクに乗ってみたい!

もう一度乗りたい!

そんな、新しいバイク乗りやリターンライダーが増える事で、バイク業界少しでも盛り上がる事を期待した【芸能人とバイク】です。

今回は、伊勢谷友介さんについて触れています。

スポンサーリンク

伊勢谷友介さんの次のバイクはハーレー?

先日、伊勢谷さんのインスタグラムで投稿がありました。

「68ハーレーのプロジェクト」との事ですので、68年式のハーレーという事は容易に想像できますね。

1966年~1984年までのハーレーのエンジンは、ショベルヘッドと呼ばれるエンジン。

さらに、ショベルヘッドエンジンの中でも、1966~69年の間に生産されたものはアーリーショベルで1970~1984年までのものはコーンショベルと呼ばれています。

アーリーショベルはかなりのビンテージバイクの部類に入り、現在の市場価格でも結構なお値段なんですよ。

また、Cherry’s Companyというショップでカスタムしている事もわかりますね。

Cherry’s Companyさんは、これまた有名なショップで店主の黒須さんと言う方は世界的なカスタムビルダー。

ハーレーのカスタムで有名で、Jointsやホットロッドカスタムショーなどで何度も賞を獲得してます。

最近はBMWなんかも手掛けてますね。

ビンテージのアーリーがどんなハーレーにカスタムされるのか、今から楽しみで仕方ですね!

品のない筆者はお値段も気になります・・・。
アーリーショベルは今でも○百万くらいはするだろう・・・。Cherry’sさんでフルカスタムするならカスタム代は・・・全部でいくらのハーレーになるんだ!?

今のメインバイクはBMWのR100

伊勢谷さんと言えば、芸能界でも屈指のバイク好きの一人として知られていますが、現在のメインマシンはBMWです。

こちらはベースがR100

こちらもがっつりカスタムされていますね。ボクサーエンジンのところに見えるのは「46WORKS」の文字。

46Worksは、メチャクチャ有名なSHOPで「Ritmo Sereno(リトモ・セレーノ)」の前代表の方のSHOPです。

BMWのカスタムを広めた人と言っても過言ではない方ですね。

たしか、チュートリアルの福田さんもこちらでバイクをカスタムされたとお話しされていましたよね。

Buell(ビューエル)のS1Wも所有

伊勢谷さんは色々なバイクをお持ちで、BuellのS1Wも所有しているようです。

Buellは1986年に、ハーレーのエンジニアだったエリック・ビューエルが立ち上げた会社。

ハーレーのエンジンをオリジナルフレームに搭載すると言う形式でマシンを造っていましたが、1998年にはハーレーに買収され、ハーレーの中のブランドのひとつと言う立ち位置になっています。

※2009年にハーレーはBuellの撤退を発表しています。

ハーレーのトルクフルなVツインエンジンに、超ショートホイールベースで俊敏なハンドリングを実現したBuellは熱烈なファン層を作ったバイクでしたね。

伊勢谷さんが所有しているのは、そのBuellのS1Wという車種。

S1Lightning (ライトニング)と言う車種をパワーアップしてリリースされたのがS1Wライトニング。

当時のハーレーとしては初の100馬力超(101馬力)のマシンです。

伊勢谷さんのバイクは、このS1Wをカスタムして乗っているようですね。

YZF-R25でサーキットにも!

カスタムハーレー、カスタムBMW、と見ると、カスタムバイクが好きなのかと思いきや、サーキットにも出没してます。

ダイネーゼのツナギが似合いすぎ。

マシンはヤマハのR-25らしいのですが・・・ハーレー、BMWだけじゃなく、国産250でサーキットを走るなんて、本当にバイクが好きなことが良くわかりますね。

さいごに

TOKIOの長瀬さんがハーレー好きなのもそうですが、こういうカッコいい俳優さんがバイク好きというのは非常に嬉しい事です。

できることならば、今まで以上にバイクの話題を発信して欲しいですね。

昨今では、バイク乗りはマイノリティですよね。

それはそれで良い事もあるのですが、ちょっとバイク業界が厳しい状況が続いてしまっているのも事実なんですよね。

もっとバイクに興味をもってくれる人が増えて、もっとバイク乗ってくれる人が増えないと困るというのも本音です。

なので、芸能人の方や、有名人の方にはもっとバイクに乗って欲しいところです!

( 影響が大きいので、事故のニュースとかが無いように安全運転をお願いしたいですね!)

※本記事は2019年3月に記載しています。ご活用の際は、有用性を確認くださいますようお願い致します。
タイトルとURLをコピーしました