バイカーズパラダイスってどんなとこ?場所や料金、前評判について

バイカーズパラダイス南箱根 ツーリング

2019年の8月6日にバイク専用のドライブイン「バイカーズパラダイス南箱根」のオープンが決まったようです。

バイク乗り専用の施設という事で、バイク業界の活性化に繋がれば嬉しいですね!

ただ、「バイカーズパラダイスって何?」

という人も居るようです。

そのため、ここではバイカーズパラダイスについて

  • どんな施設なのか
  • バイカーズパラダイスの場所
  • 駐車場や料金

等についてまとめています。

スポンサーリンク

バイカーズパラダイスはバイク乗り専用のドライブイン

バイカーズパラダイスは、南箱根にあった「旧湯河原峠ドライブイン」をバイク専用に改装した、バイク専用のドライブインです。

「バイク乗りが集まるコミュニティスポット」という感じでしょうか。

関東で言えば、「道の駅どうし」「奥多摩周遊の都民の森」「宮ヶ瀬のふれあい」。

関西で言えば「針テラス」。

そんなバイク乗りが集まる場所ってありますよね。

そんな場所の、規模の大きいスポットというイメージでしょう。ちなみに敷地面積は約20,000平米。

かなりの広さです。

立地的にも、箱根エリアのツーリングに立ち寄るには最高の場所です。

以下、ホームページより。

バイカーズパラダイスは、バイカーが集い、話しをし、情報を得る、そんなコミュニティの場を提供することにこだわります。

引用:バイカーズパラダイス

伊勢谷友介が企画やデザイン

ちなみに、施設デザインには俳優の伊勢谷友介さんも絡んでいるそう。

オープニングの時には来るかも知れませんね。(勝手な想像です)

関連記事≫伊勢谷友介さんBMWの次はハーレー?

ちなみに呟いているのはオートバイ議連の「あいさわ一郎」。衆議員の議員さんです。

また、チェアマンとなっている加藤稔氏は、元ドカティジャパンの代表取締役社長を務めた方です。

ドカティの日本法人をV字回復させた手腕で、バイカーズパラダイスも盛り上げて欲しいですね。

オープンの日時

オープンの日程は、

2019年8月6日(火)13時 

の予定になっています。

カフェやレンタルバイクも併設

カフェやレンタルバイクも併設

現在はイメージしかありませんが、おしゃれな施設になりそうですね。

現時点では、

  • 拘りの珈琲や軽食が楽しめるカフェ
  • レンタルバイクの短時間プラン
  • Motorimoda(モトーリモーダ)の出店

が決まっている模様。

200席あるカフェは、産地、農園、品種、精製方法にこだわったCoffeeを目玉に、南インド・ハリソンズ茶葉農園の手摘み葉を使った紅茶など、本格的な味が楽しめそうです。

またレンタルバイクは、箱根の1時間ツーリングコースを楽しめるプランになっているとの事。

自分のバイクで行って、普段乗ってみたいバイクに乗り換えて箱根をショートツーリング。

そんな楽しみも出来そうですね。

さらにMotorimoda(モトーリモーダ)と言えば、お洒落なバイク乗りにも人気のセレクトショップ。

厳選されたブランドのモータースタイルを扱っているので、買い物目的でも楽しめるかも。

もちろん、これからも施設は充実していくでしょう。

また、広さを考えると、色々なバイクイベントの会場にもなる事が予想できますね!

バイカーズパラダイスの場所とアクセス、営業時間

バイカーズパラダイスの基本情報
  • 住所:〒419-0101 静岡県田方郡函南町桑原1348-2
  • 営業時間:平日9:00〜18:00 
          休日7:00〜18:00
     ※冬季は~17:00
  • 公式ホームページ

平日も休日も営業予定なのは嬉しいですね。

冬季は、17時までになっていますが、冬は路面凍結もする場所です。冬季は人が集まりにくいか知れませんね。

位置的には、箱根の南側に位置しています。

芦ノ湖からは10分、伊豆スカイラインから10分、三島・沼津方面から30分、小田原から30分、湯河原温泉から10分の距離とのこと。

伊豆スカラインも近いですし、伊豆、箱根ツーリングの際には是非寄ってみたいスポットです。

駐車場と料金について

駐車場と料金について
駐車場と料金
  • 駐車スペース:2輪車用3000台/4輪車用10台
  • ゲートコスト:2輪車・3輪車 500円(1台/1日)
           4輪車 2000円(1台/1日)
           ※施設利用1500円以上で割引制度あり

バイクの駐車場は3,000台もありますので、停められないという事はないでしょう。

一方、車の駐車場は10台となっています。

バイク専用のドライブインとの事で、かなり極端に振り切っていますね。

ただ、バイク乗りでも、車で近くに来ている時には寄りたいでしょうし、雨の時には車で行きたい時も。

もう少し、車の駐車場を増やしても良い気がしますが・・・どうでしょうね。

また、ゲートコストとは駐車場料金のことです。

駐車費用が掛かる事に、抵抗感があるバイク乗りも居るとは思います。

ただ、これだけの施設ですから、維持するにもかなりのコストが掛かるのでしょうね。

できれば、有料でも多くのバイク乗りに集まって欲しいところです。

バイカーズパラダイスの評判は?

まだオープン前なので、前評判としてTwitterを覗いてみました。

興味のある人は多いみたいですね!

まぁ、実際に行ってみないとですね!!

まとめ:まずは行ってみよう!

バイク専用のコミュニティスポットという事で、バイク業界にとっては非常に嬉しい話ではないでしょうか。

場所的に、行く事ができるバイク乗りは限られるかもしれません。

ただ、できればチャンスがあったら一人でも多くのバイク乗りに行ってみて欲しいと思います。

前評判でも、賛否両論ありましたが、

まず行ってみて体感する!そのうえで判断する!

これが一番大事だと思います。

バイクの良いところ、バイク乗りの「強み」は、フットワークの軽さですよね!!

※本記事は2019年7月に記載しています。ご活用の際は、有用性を確認くださいますようお願い致します。
タイトルとURLをコピーしました