ヤフオクやメルカリなど個人売買でバイクを買うリスクと注意点

ネットオークションのイメージ画像バイクを買う

バイクを購入する場合、誰もができれば安く買いたいと思っていると思います。 また、少しでも安く買えることに越したことはありません。

そのような場合、ヤフーオークションやメルカリなどの個人売買で出品されているバイクは、バイクショップより安い事も非常に多いです。また、友人や知人から安く購入できるという場合もあるかもしれません。

しかしながら個人売買でバイクを購入する場合はそれなりのリスクもある事は覚えておいた方が良いでしょう。

ここでは、個人売買でバイクを「買う」時のリスクや注意点について詳しく説明しています。

スポンサーリンク

バイクを個人売買で買うメリットもある

個人売買でバイクを買う場合、多くの方がメルカリやヤフオクなどのサービスを思い浮かべると思います。ほかにもジモティ、モバオクなどのサービスもあります。

また、もしかしたら友人や知人、先輩などから有償で譲ってもらうというケースもあるかも知れません。

友人や知人、先輩などから譲ってもらうという場合はさておき、ヤフオクやメルカリなどのサービスでバイクを購入する場合のメリットとしては、「安く買える」という事に尽きると思います。極端な言い方をすれば、それ以外は無いと言っても良いかも知れません。

バイクショップの店頭価格や、グーバイクなどの中古車検索サイトに掲載されているバイクの価格よりも、ヤフオクなどは安い価格では出品されてケースが多いです。そのため、あまり予算がない方などは個人売買のサービスを中心に、バイクを探すという方法も適しているかもしれません。

また、もう一つのメリットを挙げるとするならば、中古車情報サイトやショップの店頭では見つからないバイクが見つかるかもしれないという事でしょうか。もしかしたら、個人所有の普段は市場に出てこないバイクが出てくる可能性はあります。

個人売買だと安い理由

では、なぜヤフオクやメルカリなどの個人売買の場合は、安く買えるのでしょうか?

要因はいくつかあるのですが、一番はバイクショップでバイクを購入する時にかかる「整備費用や登録コストなどが掛かっていない」という事です。

通常、バイクショップでバイクを購入する場合、中古車でも商品である以上はきちんと整備されています。バイクショップはユーザーから買い取ったバイクや、業者オークションで仕入れてきたバイクを、店頭の商品として販売します。

商品化するためには、きちんと整備をして仕上げる必要がありますので、消耗品を替えたり、不具合があれば修理したり、綺麗にするために錆を落としたり、洗車をしたりもします。

そこには、オイル代などのケミカル品や部品の費用、人件費などのコストが掛かっています。

ショップが業者オークションで仕入れたバイクならば、オークション手数料なども掛かっています。

その分は当然、バイクショップの販売価格に反映します。

その一方で個人売買の場合、前のオーナーが現状のままで販売しているケースが大半です。

また、ショップで購入する場合はナンバーを取得したり、名義変更の手続きを代行してくれます。通常はこの登録代行も、諸費用として費用がかかります。

これに対して、個人売買の場合は購入者(落札者)が自分で名義変更などを行うのが一般的です。

つまり、ショップで購入する場合のコストが掛からない分、個人売買は安いという事です。

個人売買でバイクを買う時のリスクとデメリット

個人売買の場合、安く買えるというメリットがある一方で、リスクはどのような事があるのでしょうか? これは、メリットの裏返しにもなりますが、

◆安い分必要な整備がされていない場合が多い。

◆登録業務などは購入者が行う必要がある

という事が挙げられます。さらには、

◆購入後に故障、不具合がある場合がある (出品者が気付いていないケースも含む)

◆原則ノークレームノーリターン(ノーキャンセル)である

という事はかなり大きなリスクでしょう。

バイクショップで購入する場合、少なからず販売しても問題ないかの各部点検をし、必要に応じて整備をしますが、個人売買の場合はそこまでやる売主は少ないのが現状です。直前まで乗っていて走行に問題なく、調子が良ければそのままの状態で出品されている場合が多いです。

例えばですが、同じようなバイクがバイクショップとヤフオクに両方で販売されていたとします。

ヤフオクの方は安いのですが、タイヤがツルツル、チェーンもそろそろ限界・・・

ショップの方は高いのですが、しっかり整備済み・・・

というような場合、ヤフオクで購入してもその後の必要整備を考慮すると、結局はそれほど変わらない場合もあります。

もちろん、状態の良いバイクや、メンテナンスや整備をしたうえで出品している人もいますので一概に個人売買で購入後にたくさん費用が掛かるとは言い切れません。

リスクという面では、購入後の故障や不具合も当てはまります。もちろん、事前に故障や不具合を把握したうえで出品情報に記載している出品者も沢山います。きちんと把握したうえで購入する分には問題ないでしょう。しかしながら、出品者が気づかない不具合がある事もあります。あくまでも出品者はプロではありません。

また、不具合箇所を隠して出品する、悪意がある人もいないとは言えません。

加えて、個人売買の場合はノークレームノーリターン、場合によってはノーキャンセルが一般的です。連絡すら取れないケースもあるかも知れません。購入した後のクレームはほとんどが泣き寝入りするしかないのが現状です。

バイクショップで購入していれば、万が一購入後すぐに不具合が出ても、何かしらの対応をしてくれるでしょう。車両やショップによっては一定期間の保証付きの場合もあるでしょう。

個人売買のトラブルでも、「購入してみたら調子が悪かった」という事例は購入者側のトラブル例として少なくありません。

個人売買でバイクを買う時に注意する事

出品者の評価をしっかり確認する

ヤフオクやメルカリなどの個人売買サービスを利用する時には、バイクの出品をしている人の評価は必ず確認しましょう。

あまり良くない評価が多かったり、そもそも評価数が少ない出品者の場合は、相当慎重になったほうが良いでしょう。また、友人や知人の紹介等の場合で、あまり面識がない方から購入する場合には、その人がどんな人なのか知っておいた方が良いでしょう。

現車確認をする

現車の確認はできる限りしたほうが良いでしょう。出品情報にはわからないバイクの状態なども良くわかりますし、売主の人柄などもわかります。

もし、欲しいバイクであっても、現車確認ができずに不安点が拭い去れない場合は、思い切って諦めるという決断も必要です。また、バイクの状態判断に自信がない場合は、バイクに詳しい人に一緒に立ち会ってもらう事も重要です。

車両の状態はしっかり確認する

ヤフオクやメルカリなどのサービスの場合は、出品情報から入手できるバイクの情報は入念に確認しましょう。そのうえで不明点などがあればきちんと確認しましょう。確認の際は、聞きたいことが相手に伝わる様に、質問内容を明確にすることも重要です。

商品情報が少ないものは注意

バイクの状態に関しての紹介文や写真が少ないバイクには注意が必要でしょう。単純にバイクの事を良くわかっていない売主かも知れませんし、面倒くさがりな人かもしれませんが、どちらにせよ、あまり良くはありません。

名義変更の流れや書類の有無を確認する

個人売買の時のひとつのポイントが名義変更です。この名義変更の進め方が明確になっているかはしっかり確認しましょう。一般的には、個人売買の場合には、購入者が名義変更を行います。しかしながら売主にも用意すべき書類などがあります。この必要書類などが揃っているかも確認しておく必要があります。

ノークレーム、ノーリターンを理解しておく

友人、知人からの個人売買であれば、購入後のキャンセルも可能かもしれません。しかしながら、一般的な個人売買のサービスを利用した時には、ノークレーム、ノーリターンです。場合によってはノーキャンセルです。この仕組みやルールをしっかりと確認しておくべきでしょう。

個人売買でバイク買うのに向いている人

では、個人売買は絶対に止めた方が良いかと言えば、そうとも限りません。

個人所有のバイクだからこそ、他では見つからないバイクが出品されていたり、きちんとした取引ができれば通常より安く購入できることは間違いないでしょう。

  • 最低限のバイク整備が自分でできる人
  • 事故車やバイクの状態が見極められる自信がある人
  • 名義変更などの手続きが苦痛でない人
  • (できれば)現車確認までできる人

これらに該当するような人は、個人売買でバイクを購入しても問題ないでしょう。

個人売買でバイクを買うのに向いていない人

一方で、個人売買でバイクを買わない方が良い人、向いていない人は

  • バイク経験が浅い人や中古バイクを初めて購入する人
  • バイクの出品情報が100%理解できない人 (知らない単語やコメントがある)
  • 名義変更などを自分でやるのが煩わしい人
  • 絶対にバイク購入で失敗したくない、万が一失敗しても自己責任として受け止められない人
  • 周りに力になってくれるバイクに精通した人が居ない人

これらに該当する人は、個人売買でバイクを購入するのは控えることをおススメします 。

まとめ:バイクの個人売買には向き不向きがある

個人売買自体は、昨今の流行りでもあり、昔に比べると数多くのバイクが色々なサービスを通して出品されています。利用する方も非常に増えてきています。

そのため、中古車情報サイトやショップの店頭では見つからないバイクが見つかるケースもあります。また、一般的には通常より低コストで購入できるというメリットもあります。

しかしながら、その反面で、あくまでも個人間の取引になるという事や、そこにはリスクやデメリットもある事は理解しておくべきでしょう。

個人売買でバイクを買うには、その人のバイク経験なども含め、向いている人、向いていない人がいるのが現状です。

ショップでの購入、個人売買での購入、それぞれの特性を理解したうえで自分に合ったバイクの購入方法を選びましょう。


※本記事は2019年1月に記載しています。ご活用の際は、有用性を確認くださいますようお願い致します。
タイトルとURLをコピーしました