中古バイクを買う時に注意すべきチェックポイントはここ!

バイクのイメージバイクを買う

バイクを中古で購入しようとする時には、できるだけ程度の良いバイクが欲しいと思うのは当然です。

しかしながら、あくまでも中古品である事は理解して購入をしなくてはなりません。 年式も数年前のモデルになるでしょうし、ある程度の走行距離も経過しているでしょう。 自分の前に何人かの所有者が居たでしょうし、もしかしたら転倒しているかも知れません。

バイクショップが新車で販売して、その後に買い取ったようなワンオーナー車であれば、ショップのスタッフもある程度の状況は把握しているでしょう。しかしながら、中古バイクの場合、業者オークションで仕入れてきているバイクも多数あります。

そのようなバイクの場合は、過去の履歴はショップでも把握することは困難です。

もちろん、事故車や怪しいバイクはショップも仕入れないとは思いますが、残念ながら、中には安価なボロボロバイクを仕入れて、それなりに見せて販売するような悪徳なショップも存在するのが事実です。

そのため、そんな「外れバイク」を購入しないために、中古のバイクを購入する時に、チェックすべきポイントをまとめています。

スポンサーリンク

中古バイクを購入する時のチェックポイント

重要なのは、実際に現車をチェックする事です。仮に、バイクの知識があまりない方であれば、経験のある友人などにも見てもらうのも良いでしょう。また、ショップのスタッフにも、気になる点があったら遠慮なく聞いてみると良いでしょう。

高額な買い物になりますので、不安なまま契約をする必要はありませんし、何か質問をしたときにショップスタッフがどのような対応してくれるかで、「良いショップ」かどうかわかることも多いです。

質問に対して、回答をごまかしたり、いかにも面倒そうな対応をするようなショップであれば、そもそも購入ショップも再検討したほうが良いかも知れません。

フロントフォーク

フロントフォーク

まずは曲がっていないか、歪んでいないかのチェックです。このようなバイクは事故車の場合が多いので、そのまま売られているようなケースは少ないと思いますが、もしそうであれば絶対に購入はやめましょう。また、フォークが沈む摺動部に錆が出ていないかもチェックポイントです。摺動部に錆が出ているとフォークのシールが痛んでオイル漏れにつながります。また、そもそもフォークのシールが痛んでいないかも重要です

バイクに跨って、しっかりフロントが沈むか、沈んで戻ってくるかも確認しましょう。

ガソリンタンク

ガソリンタンク

タンクで重要なのは、傷ではなくタンク内の錆です。見た目が綺麗なタンクでも、タンク内がサビているとキャブや燃料コックの詰まりに繋がります。

チェーン&スプロケット

 チェーン&スプロケット

チェーンはある程度の遊びは必要ですが、必要以上に緩んでいないか、錆や固着、摩耗の具合をチェックしましょう。また、同じようにスプロケットも摩耗具合をチェックします。山が欠けていたり、尖っている状態では交換時期です。

タイヤ

タイヤのひび割れ

溝の残りはもちろんですが、ひび割れが無いかもチェックします。溝が充分残っていても、ひび割れが発生しているようですと古いタイヤでゴムが硬化しています。また、片方だけ不自然に減っているような片減りをしている場合は車体が歪んでいる可能性があるので避けた方が賢明です。

リアサスペンション

リアサスペンション

ダンパーが抜けていないかをチェックします。跨ってみたり、シートを押す感じで体重を掛けてみて、フワフワするようだとダンパーが抜けている可能性があります。錆やオイル漏れがないかもチェックします。

フレーム

ハンドルストッパー

ハンドルストッパーに欠けや修復の跡が無いか、不自然にフレームが塗装されていないか。 主にネックの部分をチェックすると良いでしょう。事故などがあると、フレーム(特にネック)の部分にダメージを受けやすい構造になっています。ハンドルストッパーも含め、ここに修復の跡があると事故や走行中の転倒歴の疑いがあります。

ブレーキ

正常に作動するか、ブレーキ時に異音が無いか、ブレーキパッドの残りがどれくらいあるか等をチェックします。また、ブレーキローターやドラムブレーキ場合はロッドに傷や錆が無いかなどもチェックしましょう。ブレーキ液の量や汚れも見れるなら尚良いでしょう。

電気系

ウインカー、ブレーキランプ、ヘッドライト、メーターランプ等が正常に作動するかは簡単にチェックできると思います。バッテリー能力状態もみるとベストです。端子に錆が出ていたり粉が吹いてないかチェックします。

エンジン

セルスタートでスムーズにエンジンが掛かるか、ガラガラという異音が無いか、また、オイル漏れなどが無いかをチェックします。

走行距離

少ないか多いかではなく、走行距離が正しいかをチェックします。年式が古いからと言って、走行距離が多いとは言い切れません。しかしながら、走行距離が少ないバイクであるにも関わらず、ステップのゴムが極端にすり減っていたり、メーターが交換されていないか不自然な点が無いかチェックします。

最も重要なのは、安全にかかわる部分

サビもなく、メッキ部分はピカピカで、外装に傷が無ければ、程度が良く見えてしまうものです。

しかしながら、本当に重要なのは、走行や停止に伴う機能面でのチェックです。どんなに見た目が綺麗でも、ブレーキの利きが悪かったり、まっすぐ走らなかったり、タイヤがツルツルであったりしては非常に危険です。

極端な話になりますが、どんなに見た目がボロくても機能面がしっかりと整備されているバイクの方がよっぽど良いバイクです。

バイクの事故は命にかかわります。安全に乗れるバイクが一番だという事を忘れないようにしましょう。

車両価格だけで安いと決めつけない

中古車のメリットの一つに、安価に購入できるという事があげられるでしょう。新車よりも当然安いですし、同じ中古車でも価格に差があるのが中古車です。

昨今はインターネットも便利になっていますので、一番安いバイクを探すのは非常に簡単です。しかしながら、あくまでも「車両価格」が安いという事に過ぎません。

例えば、同じ車種で同じ年式、同じくらいの走行距離のバイクが2台あったとしましょう。

◆A車は中古でもショップがきちんと整備して30万円

◆B車は現状の販売で25万円

車両価格が安いのはB車ですが、購入後すぐにタイヤ交換が必要になって、チェーンとスプロケも交換が必要になって、その後も頻繁に不具合が出て・・・なんてことになれば初期の5万円なんてあっという間に逆転してしまいます。

中古車は購入時に状態によって、その後のメンテナンス費用にも大きく差が出てきます。

見た目だけの「車両価格」で判断すると思わぬ「高い買い物」になることも少なくありません。

完璧を求めるなら新車を選ぶべき

中古のバイクを購入するにあたり、チェックすべき主要なポイントをまとめました。他にも、細かい点まであげればまだまだいくらでも出てくるでしょう。

しかしながら、中古車を購入する以上、あくまでも中古という認識は持っておくべきでしょう。

仮に新車を100点とするならば、中古で100点に達する事はあり得ないのです。

あとは、80点くらいの中古バイクを探すのか、50点くらいで良いのか、人それぞれの価値観や使用用途によって変わってくるでしょう。

少なからず、使用されたバイクになりますので、どこかに傷があったり、軽微な錆があったり、消耗品が減っていたりはします。どこかで消耗、劣化しているから中古車であって新車よりも安価で購入ができるのです。

もし、全てに完璧な状態の中古車が欲しいと思うのであれば、そもそも中古ではなく、新車購入をすることをおススメします。

まとめ:できれば現車を確認して安全面を中心にチェック

中古車を購入する場合、予算的な事情があったり、使用用途上で中古車の方が適していたり、もしかしたら、欲しいバイクの生産が終了していて新車が手に入らない場合など、さまざまなケースがあると思います。

いずれにせよ、せっかく購入するバイクですから、納得の一台を手に入れられるに越したことはありません。

中古バイクでも本当に良い出会いになる事も少なくありません。

ただ、「外れバイク」にあたらないためには、できる限り現車をチェックする事、また、安全面のチェックは怠らない事をおすすめします。

※本記事は2019年1月に記載しています。ご活用の際は、有用性を確認くださいますようお願い致します。
タイトルとURLをコピーしました