バイクのスプロケットの交換時期と工賃(費用)はどれくらい?

バイクのスプロケットの交換時期と工賃(費用)はどれくらい?お役立ち情報

バイクのエンジン動力の伝達方式には、ベルトドライブやシャフトドライブもありますが、多くのバイクはチェーンドライブを採用しています。

チェーンドライブのバイクの場合に、必ず付いているのがスプロケット

スプロケットは消耗品のため、長い事バイクを走らせていると摩耗してきます。

そのため、摩耗がひどくなった時には新品に交換しなくてはなりません。

ただ、

「スプロケットの交換はいつ頃するべきなの?」
「交換するにはいくらくらい掛かるの?」

という疑問を持つ方も多いでしょう。

そのため、ここでは

  • バイクのスプロケットの交換時期
  • ショップで交換するときの料金(工賃)
  • スプロケットを交換するときの注意点

などについて詳しく解説しています。

スポンサーリンク

ドライブスプロケットとドリブンスプロケットがある

スプロケットは、チェーンが掛かっている歯車のパーツ。

通常、目に見えるスプロケットはタイヤ(ホイール)側のスプロケットのため、ついつい片方だけ気にしがちです。

ただ、スプロケットはエンジン側にもついている事は把握しておきましょう。

  • エンジン側のスプロケットを「フロントスプロケット(ドライブスプロケット)
  • タイヤ側のスプロケットを「リヤスプロケット(ドリブンスプロケット)

と言います。

ドライブスプロケットとドリブンスプロケット

つまり、スプロケットの交換時期をチェックするときには、前後のスプロケットを確認する必要があると言う事ですね。

フロントスプロケットは、カバーが掛かっている場合がほとんどです。

覗いて確認できる時もありますが、良く見えない場合にはカバーを外す必要があります。

もし、カバーを外すのに自信がない場合には、バイクショップに相談してみましょう。

スプロケットの交換時期はいつ?

スプロケットの交換時期はいつ?

一般的には、スプロケットの交換時期は

走行距離で1万km~2万kmくらい

と言われることが多いです。

だいぶ幅が広いですよね。ただ、幅が広いのには理由があります。

というのも、

  • チェーンのメンテナンスをしているかどうか
  • スプロケット自体の品質や素材
  • 使っているチェーンの品質や状態

で、摩耗の度合いが異なるからです。

特に、チェーンの注油などメンテナンスを疎かにしていると、摩耗の度合いが激しくなります。

そのため、距離での交換時期を明言するのはあまり適切ではないと言えます。

関連記事バイクのチェーンの注油と清掃方法を解説

スプロケットの交換時期は目視で判断する

スプロケットが摩耗してくる時には、チェーンの回転方向で力が掛かる歯の方が多く減ります。

そのため、

  • 歯の片側が多く摩耗し、波打ったような形で減る
  • 更に摩耗が進むと歯の先が鋭利に尖るまで減る

というように摩耗していきます。

ただ、後者の「鋭利に尖る」状態になってしまうと、交換時期を超えて危険な状態です。

そのため、歯の形状が波打ったような減り方をしてきたら、交換時期と判断できます。

新品のスプロケットに交換した時は、写真を撮っておくのも良いと思います。歯の形の変化がわかりやすいでしょう。

スプロケットはチェーンと一緒に変えるべき?

良く、チェーン交換をする時には、スプロケットも一緒に交換した方が良いと言う話があります。

確かに、理想はチェーンとスプロケットは同時に交換する方が良いと言えます。

このように言われる理由としては、

  • 片方が劣化していることで、本来のパフォーマンスを発揮できない事がある
  • 片方の劣化が激しいと、新品にした方にダメージを与える事がある
  • 同時に交換すると工賃が得になる

と言うような事があげられます。

とは言え、掛かる費用の事を考えると・・・ちょっと厳しい!と言う人も多いでしょう。

もちろん、絶対に一緒に換えないといけないと言うわけではありませんので安心してください。

チェーンとスプロケのどちらかが、まだ「交換時期に達していなければ」片方だけの交換でも構わないと思います。

同時に交換しないからと言って、走行に支障が出ることもないでしょう。

ただ、スプロケもチェーンも、交換時期に来ている時には速やかに交換することをおすすめします。

そのまま使い続けると、最悪の場合は、チェーンが切れたり外れたりして事故を引き起こすことも考えられるためです。

いずれにせよ、定期的なチェックやメンテナンスが重要と言うことですね。

スプロケット交換の費用はいくら?

スプロケット交換の費用はいくら?

では、実際にスプロケットを交換する場合には、どれくらいの費用が掛かるのでしょうか。

当然ですが、

  • 部品代
  • 交換工賃

が掛かりますので、詳しく解説していきます。

スプロケット(部品)はいくら?

スプロケットの種類やメーカーによっても差がありますが、

  • フロントスプロケット・・・2,000~4,000円程
  • リアスプロケット・・・4,000~10,000円程

でしょう。

各メーカーの純正はもちろん、パーツメーカーから社外品もたくさんリリースされています。

キタコ、デイトナ、サンスター、AFAM、XAM・・・種類も豊富です。

また、素材やサイズによっても価格差が出てきます。

スプロケットの交換工賃はいくら?

自分で交換すれば、工賃は掛かりません。

ただ、スプロケットの交換はバイクに慣れていないと、少々難易度の高い作業と言えるでしょう。

特に、フロントのスプロケットは手間も掛かります。

初心者の場合や自信がない場合は、ショップにお願いする方が良いかもしれません。

ショップに依頼した時の平均的な交換工賃としては、片方のスプロケットの交換で

  • 4,000円~8,000円程

でしょう。

フロントスプロケットもリアスプロケットも、さほど工賃は変わりません。

ただ、

  • フロントとリアのスプロケットを一緒に交換
  • フロントとリアのスプロケットとチェーンも一緒に交換

と言うように、まとめて交換する方が安くなるケースが多いです。

チェーンの交換もスプロケの交換も、作業としては共通する作業が多いためです。

そのため、立て続けに交換を依頼するのであれば、まとめてお願いしてしまった方が得とも言えます。

バイクのスプロケット交換の注意点

スプロケットには、「歯数」や「チェーンサイズ」があります。

そのため、それぞれのスプロケットには、適合があると言うわけです。

良く調べないで購入すると、自分のバイクに合わないという事態になりますので注意が必要です。

スプロケットを購入する場合には、自分のバイクに適合するかを確認してから購入しましょう。

また、敢えてスプロケットの歯数を変更して、バイクを「加速型」や「高速型」に変えるカスタムもあります。

関連記事スプロケット交換!丁数変更の効果と乗り味の関係は?

ただ、歯数を変えると言う事は、スプロケットの大きさも変わると言う事になり、今まで使用していたチェーンが使えなくなることもあります。

最近は、バイク用品店のPITサービスなど、パーツの持ち込みで交換してくれるところもありますが、良く分からない場合には買う前にショップに相談した方が良いかもしれません。

まとめ

バイクにはシャフトドライブや、ベルトドライブもありますが、今でも多くのバイクはチェーンとスプロケットを採用しています。

チェーンとスプロケットは、バイクのパフォーマンスにも大きく影響するパーツ。

そのため、くたびれたチェーンやスプロケットを交換したあとは、見違えるほどの変化を体感できることも多いです。

一方で、適切な交換時期を過ぎたスプロケットやチェーンで乗り続けるのは、チェーン脱落や断裂の可能性もあり、大変危険です。

適切な交換時期の判断のためにも、チェーンやスプロケットの定期的なチェックを習慣にすると良いでしょう。

※本記事は2019年9月に記載しています。ご活用の際は、有用性をご確認くださいますようお願い致します。
タイトルとURLをコピーしました