バイクのスプロケット交換!丁数変更の効果と乗り味の関係は?

バイクのスプロケット交換!丁数変更の効果と乗り味の関係は?お役立ち情報

バイクのスプロケットは、エンジンの動力をリアタイヤに伝えるための重要なパーツです。

このスプロケットは歯車状の部品ですが、この、歯数(丁数)を変更することで、バイクの乗り味を変える事ができます。

ここでは、バイクのスプロケットについて

  • 丁数(歯数)の変更の効果
  • スプロケットのギア比計算
  • 丁数変更の注意点

などについて解説しています。

スポンサーリンク

そもそもスプロケットの丁数(歯数)とは?

チェーンドライブのバイクの場合には、エンジンの動力をスプロケットチェーンでリアタイヤに伝えています。

このスプロケットは歯車状のパーツですが、この歯の数を「丁数」と呼びます。

また、英語の「T」で表記されることもあります。(※T=「Teeth」のこと)

そもそもスプロケットの丁数(歯数)とは?

純正ノーマルのバイクだと、車種によっても違いますが

  • フロント13~18丁
  • リア33丁~52丁

くらいのスプロケットが付いています。

丁数は多い方が良い、少ない方が良いと言うわけではなく、フロントとリア丁数のバランスでそのバイクの特性が出ると言う事ですね。

スプロケの丁数を変更する効果とは?

スプロケの丁数を変更する効果とは?

前述の通り、スプロケットは交換するときに、歯の数(丁数)を変える事ができます。

では、スプロケットの丁数を変えると、どのような効果があるのでしょう。

専門用語では「二次減速比」と言うのですが、「リアプロケットの歯数÷フロントスプロケット歯数」で算出される減速比が変わることによって、バイクの走行特性が変わると言う事です。

基本的には

◆エンジン側のフロントスプロケット(ドライブスプロケット)の丁数を

  • 上げると最高速重視
  • 下げると加速性重視

◆タイヤ側のリアスプロケット(ドリブンスプロケット)の丁数を

  • 上げると加速性能重視
  • 下げると最高速重視

と言うような特性に振れると言う事になります。

丁数の関係をまとめると、以下のようになります。

 フロントスプロケット
ドライブスプロケット)
リアスプロケット
ドリブンスプロケット)
丁数を増やす高速が伸びる
加速は悪くなる
加速力が良くなる
高速は伸びない
丁数を減らす加速力が良くなる
高速は伸びない
高速が伸びる
加速は悪くなる

スプロケットの減速比の計算方法

前項で少し触れましたが、スプロケットの減速比

「リアプロケットの歯数÷フロントスプロケット歯数」

で算出ができます。

例えば、フロントのスプロケが15丁、リアが30丁だったとすると、「30÷15=2」となります。

これは、フロントスプロケットが2回まわると、リアのスプロケが1回まわると言う事ですね。

具体的な例を見てみましょう。

フロント丁数リア丁数減速比乗り味
14402.857加速重視
15392.600高速重視
15402.667ノーマル
15412.733加速重視
16402.500高速重視

純正ノーマルのスプロケットがフロント15T、リア40Tであったとすると、減速比は2.667ですね。

フロント、リアのスプロケの丁数をそれぞれひとつ上げる(下げる)と、減速比も変わります。

純正の減速比を基準として、

  • 減速比が小さくなると最高速重視
  • 減速比が大きくなると加速重視

へ振れるということです。

丁数を変えるならフロントスプロケットからがおすすめ

スプロケットの丁数を変える時には

  • フロントスプロケットの丁数を変える
  • リアスプロケットの丁数を変える
  • 両方の丁数を変える

という3つの選択肢があります。

ただ、始めの丁数変更の場合には、フロントから変更をすることをおすすめします。

その理由としては、

  • フロント側を1丁変えると、リア側で3丁交換したのとほぼ同じ変化となる
  • フロント側スプロケットの方が安い
  • 現在使用しているチェーンがそのまま使える事が多い

と言うような事があげられます。

そのため、初めてスプロケットの丁数をかえる時には、フロントから変えてみると良いでしょう。

スプロケの丁数(歯数)を変更するときの注意点

スプロケの丁数(歯数)を変更するときの注意点

スプロケットの丁数(歯数)を変える時に、注意してほしいのは「チェーンの長さ」。

丁数が1~2丁くらいの変更ならば、スイングアームのところに付いているアジャスターで調整ができるでしょう。

ただ、あまりにも大きく丁数を変えると

  • チェーンの長さが足りない
  • チェーンの長さが余ってしまう

という事もあり得ます。

そうなると、チェーンの交換やチェーンのカット(リンクを詰める)という作業が発生します。

また、極端に大きいスプロケットを装着すると、チェーンが車体に干渉する可能性もあります。

そのため、ノーマルからスプロケットのサイズや丁数を換える時には、まずショップに確認してみることをおすすめします。

まとめ

  • スプロケットを変える時には丁数を変える事もできる
  • 丁数を変える事によって、加速重視、高速重視へバイクの走行性をカスタムできる
  • スプロケの丁数を変えるのはフロントからがおすす
  • 丁数を変更時にはチェーンの長さやスプロケのサイズにも注意する

スプロケット自体は、それほど頻繁に交換するパーツでは無いと思います。

ただ、摩耗して交換する時には、思い切って丁数を変えてみるのもひとつの選択肢でしょう。

もちろん、交換時期になっていなくても、カスタムの一環で丁数を変えるのも楽しいです

関連記事スプロケットの交換時期と交換費用はどれくらい?

※本記事は2019年9月に記載しています。ご活用の際は、有用性をご確認くださいますようお願い致します。
タイトルとURLをコピーしました