車のコインパーキングにバイクを停めても良い?バイク駐車場の探し方

バイクとコインパーキング コラム

バイクに乗っていて不便に感じる事のひとつに、外出先の駐車場(駐輪場)の問題があります。

特に、都市部や繁華街にバイクで出かけた時には、停める場所を探すのに苦労する事も多いのではないでしょうか。バイク専用のコインパーキングもありますが、まだまだ数が少ないのが現状です。

そんな時に、車用のコインパーキングに停めてしまいたいと思う時はありませんか?停めても大丈夫なのでしょうか?

基本的には車(4輪)用のコインパーキングにバイクを停めてはいけません。

ここではなぜNGなのか、その理由とバイク駐車場の探し方についてまとめています。

スポンサーリンク

車用のコインパーキングにバイクは停められない

コインパーキングは駐車した時間分の料金を払って車を駐車することができます。

コインパーキングのほとんどは、フラップ式(停めた時にフラップが上がる仕組み)やゲート式(入り口で駐車券を取ってゲートを通る方式)が多いですが、最近はカメラで入場を判別するパーキングなども出てきています。

フラップ式コインパーキング
フラップ式

実際、フラップ式やゲート式の場合には、物理的にはバイクでも停める事が出来てしまいます。(フラップ式は反応しない場合もあります)

ゲート式コインパーキング
ゲート式

そうなると、車用のコインパーキングでも、きちんと時間料金を払えば停めても良いのではないかと思ってしまうのは無理もありません。

特に損をさせている訳でないのですから。

しかしながら、基本的には車用のコインパーキングにバイクを停める事は認められていません。

なぜなら、街中にあるコインパーキングの大半は民間の会社が運営している駐車場であり、運営会社の利用約款に明確に「二輪車はNG」と記載がある為です。

コインパーキングの有名なところで言えば、三井のリパークタイムズなどがありますが、どちらも明確な記載があります。

自動二輪車、原付自転車、足踏自転車、小型特殊自動車は、駐車することができません。

引用:三井のリパーク駐車場利用約款 フラップ式
※ゲート式でも同様です。

(1)の基準に該当しない車両のほか、自動二輪車、原動機付自転車、足踏自転車、小型特殊自動車は、駐車することができません。
但し、駐車場に、特に駐車することができる旨の掲示がされている場合は、この限りではありません。

引用:タイムズ利用約款

この2社以外でもほとんどのコインパーキング利用約款には同様の記載があります。

もし、車(4輪)専用のコインパーキングでも、二輪車でも駐車可能としていれば駐車は可能です。ただ、このようなコインパーキングはほとんどないのが現状です。

バイク専用のコインパーキングを探すしかないでしょう。

車用コインパーキングにバイクを停めたらどうなる?

それでも車用のコインパーキングにバイクを停めたらどうなるのでしょうか?前述の約款には、以下の記載があります。

不正駐車(不正な入出庫および駐車)をした場合は、警察への通報、車両の他の場所へのレッカー移動等もしくはチェーン等で施錠させていただく場合があります。また、その場合の諸費用と正規駐車料金の他に違約金として2万円請求させていただきます。
なお、違約金および損害賠償(諸費用・駐車料金等)につきましては車両使用者(占有者)もしくは車両所有者に請求させていただきます。

引用:三井のリパーク駐車場利用約款 フラップ式

タイムズの利用者が、駐車料金を支払わないで、車両を駐車スペースから出庫、又は駐車場外へ移動したとき、正規の駐車スペース以外の場所へ駐車したとき、並びに当社が不正な駐車方法と認めたとき、その利用者は、当社に対し、駐車料金のほか損害金として金5万円をお支払い頂きます。

引用:タイムズ利用約款

双方とも不正駐車の記載が約款にありますので、駐車料金以外に数万円の賠償金やレッカー費用も請求されてしまいます。

もちろん、三井のリパーク、タイムズ以外のコインパーキングでも同じような不正利用についての記載があります。

やはり、バイクの場合には「バイク専用の時間貸し駐車場」を探すしかないようです。

パーキングメーターなら停めても大丈夫

都市部の駅前などで良く見かける駐車スペースに「パーキングメーター(パーキングチケット)」があります。

一般社団法人日本二輪車普及協会によると、パーキングメーターの場合には車(4輪)と共用で使用しても問題ないようです。

パーキングメーター
パーキングメーター

バイクもパーキング・メーターやパーキング・チケットを利用することは可能です。

引用:一般社団法人日本二輪車普及協会

注釈として「運用は各都道府県によって異なる場合がある」との記載もあるので注意は必要ですが、基本的にはパーキングメーターはバイクの利用も問題なさそうです。

ただ、センサーの感知やチケットの場合の貼付場所などは注意する必要があります。また、パーキングメーターにも二輪車専用のものがありますので、バイク専用がある場合にはこちらを使うようにしましょう。

バイク専用駐車場を探す方法

外出してから、バイクの駐車場やパーキングメーターが見つからないと、駐車場所を探すのに思わぬ時間がかかってしまいます。

できれば、事前に駐車場所を把握しておけると便利です。

そんな時に便利なのが、バイクの時間貸し駐車場検索ができるサイトやアプリです。

いくつかご紹介しますので、スマホにアプリを入れておいたり、サイトをブックマークしておくと便利です。

①日本二輪車普及安全協会のサイト

駐車場検索ページ

バイク駐車場の登録件数はかなり多いサイトです。ただ、駐車場情報の中には、アキッパという会社の事前予約制駐車場の情報も含まれています。

②S-PARK

駐車場検索ページ

東京都内に特化した時間貸し駐車場の検索サイトです。車もバイクも検索が可能なサイトです。

③NAVITIME

駐車場検索ページ

ナビゲーションサービスで有名なNAVITIMEでも、バイクの時間貸し駐車場を探すことができます。

また、NAVITIMEはアプリでも駐車場検索が可能です

※ツーリングサポーターby NAVITIME(価格:無料 ※アプリ内課金あり)

ios版はこちら

Android版はこちら

④ BIKE PARKING

こちらはアプリになりますが、近くの駐車場に加えてツーリングスポットも検索できるアプリです。

現在はios版のみのリリースです。(価格:無料 ※アプリ内課金あり)

ios版はこちら

まとめ

○車用のコインパーキングにバイクを停める事は出来ない

○パーキングメーターならバイクでも大丈夫

○バイクの駐車場を探すには専用のサイトやアプリを利用すると便利

昨今ではバイクでも駐車禁止で違反切符が切られるのが当たり前になりました。もちろん交通ルールは守らなくてはなりませんので、きちんと決められた場所に停めるのが当然です。

とはいえ、まだまだバイク用の駐車場は不足しているのが現状です。もっと多くのバイク駐駐車場が増える事を切に願います。

それまでは、ご紹介したサイトやアプリを活用して乗り切ってください!

※本記事は2019年4月に記載しています。ご活用の際は、有用性を確認くださいますようお願い致します。
タイトルとURLをコピーしました