バイクの希望ナンバーの話と番号を変えたい時の対処法

ナンバー画像お役立ち情報

車やバイクで公道を走行する上では、ナンバープレートを付ける事は義務付けられています。

車のナンバーは希望の番号を選択できるようになっていますが、バイクの場合には希望ナンバーを選ぶことはできるのでしょうか?

結論から言うと、バイクの希望ナンバー制度は、現時点ではありません。

そのため、ここでは可能な限り希望の番号に近づける方法や、どうしても今の番号が嫌で変えたいという時の対処法について解説しています。

スポンサーリンク

希望ナンバーとは

希望ナンバーとは、ナンバープレートの番号を自分の好きな番号に設定できる制度です。

例えば、自分の誕生日が10月20日であれば「1020」、キリの良い数字が良ければ「1000」、良い夫婦にちなんで「1122」などです。

【※誕生日や電話番号などは個人情報の観点から避けた方が良いという意見もあります。】

一部の人気の番号(例:「1」「777」「8888」など)は抽選対象になってますが、基本的には希望の番号を選択できる制度です。

ポイント

希望ナンバーの対象は、4けた以下のアラビア数字の部分のみです。※地域名表示・分類番号・ひらがなは選べません。

バイクには希望ナンバー制度が無い

バイクにおいても、希望の番号を付けたいという要望は多くあると思います。

好きな番号や、思い入れのある数字、他にもCB1300に乗っているから「1300」が良いなど。

しかしながら、冒頭に記載の通り、現時点ではバイクの場合は対象外になっています。

自動車検査登録情報協会(自検協)のホームぺージにも「二輪は対象外」と明確に記載されています。

希望ナンバー制度を利用できる場合
1. 新規登録を行う場合
2.管轄変更を伴う名義変更(移転登録)または転居による住所変更(変更登録)を行う場合
3.現在のナンバープレートが破損、汚損した場合
4.登録自動車と軽自動車が対象。ただし、軽自動車は自家用自動車(レンタカー及び駐留軍人軍属私有車両等を除く)のみが対象
5.二輪自動車は対象外

引用:自動車検査登録情報協会

車がのみが対象、バイクは対象外というのは非常に残念です。

原付なら希望ナンバーのチャンスも

バイクの希望ナンバー制度はありませんが、実は原付(125㏄以下)バイクなら、希望の番号をもらえるチャンスがある事もあります。

125㏄超のバイクは、道路運送車両法上(二輪の)軽自動車という区分になり、250cc超のバイクは二輪の小型自動車となります。この区分のナンバーは運輸支局(陸運局)が交付しています。

一方、原付バイク(125㏄以下)のナンバーは各市区町村で交付されています。

原付バイクなら希望ナンバーが取れると言う訳ではありませんが、市区町村によっては「デザインナンバー」の交付を始める時などに希望ナンバーを選べるようにしているところあります。

デザインナンバープレート

オリジナルのデザインや形状の装飾を施したナンバープレート。一部の市区町村が原動機付自転車および小型特殊自動車向けに交付している。
一方、運輸支局が交付する自動車向けのナンバーは、図柄入りの「ご当地ナンバー」が有名ですが、こちらは形状を変えることは禁止されています。

奄美市のデザインプレート

例えば、町田市では2013年からオリジナルのナンバープレートを交付していますが、2018年の9月からの新しい番号の追加に伴い「追加ナンバーの中で、残っている番号であれば好きなものを選べる取組みをしています。

※現在も可能かは町田市に確認して下さい。

町田市の公式ホームページ

また、蕨市では2017年12月のデザインプレート交付開始に伴い、導入時限定で希望する番号の応募受付をしていました。

※蕨市の指定する番号の中からの選択方式(2017年10月2日から20日までの期間限定で現在は終了。)

蕨市の公式ホームページ

このように、原付の場合であれば、新規の番号追加の時やデザインプレート(ご当地ナンバー)交付時などに、(指定番号の中からの選択式ですが)好きな番号を選べることもあります。

既存のナンバーからの変更も可能な場合が多いので、もし、このような取り組みがあればチャンスです。

一度、自分の住んでいる市区町村のホームページをチェックしてみてはいかがでしょうか。

できるだけ希望の数字に近づけたい場合は

まず、バイクのナンバーが決まる仕組みですが、単純に手続きの順番に配布されていくというのが基本的な流れです。

つまり、前の人が「1000」なら自分は「1001」になると言う訳です。

実は、バイクの場合、希望の番号を選択する事はできませんが、現在の番号が何番なのかは教えてくれます。(電話で教えてくれるところもあります)

・管轄の陸運局や市役所などで、現在の番号を聞く

・一日にどれくらいのナンバーが交付されるかを聞く

この2つで、ある程度の番号の予測と、その近辺の番号を狙う事は可能です。

また、当日にも確認すれば、できるだけ希望の番号に近づける可能性はありますし、少なくとも嫌な番号は避けることは出来そうです。(一般的に嫌厭されている「4」や「9」を避けたいなど)

しかしながら、狙った番号からズレる事も大いにありますので、そこは運次第の面もあります。

※過去に、陸運局で狙いの番号を待ち伏せていたところ、どこかのバイクショップがまとめて2枚のナンバーを取得し、見事に1番ずれてしまったという話もありました。

注意

この方法は手間も掛かり、希望通りにならない可能性もあります。バイク購入時にバイクショップに頼んでも断られてしまいます。試したい場合には、自分でバイクのナンバーを取りに行く必要があります。

どうしても今のナンバーを変えたい時は

また、何かしらの理由で、「希望の番号では無くても良いので、とにかく今の番号を変えたい」という事もあるかもしれません。

そのような時はどうしたら良いのでしょうか。

その場合には

◆ 一旦廃車(一時抹消)をして再登録する

という方法を取ることで、異なるナンバーに変更する事が出来ます。

ただ、車検の残りがあるバイクの場合は廃車をすると、残り車検期間について放棄したことになります。再登録をする時に、もう一度車検を通す必要が出てくるので注意が必要です。

また、廃車せずとも

ナンバープレートを紛失・毀損(割れたり、傷ついたり、曲がったり)した場合、盗難された場合などは再交付することが可能です。

ナンバーの再交付の際には、番号の変更で申請することが可能です。

注意

基本的には、故意的にナンバーを傷つけたり、曲げたりする行為は禁止されています。

※ナンバー再交付の方法については以下の記事内で詳しく触れていますので参考にして見てください

ナンバーが変わったら注意すべきこと

ナンバーの番号が変わると、色々と影響が出てきます。

例えば、

・自賠責保険のナンバー変更手続き

・任意保険のナンバー変更手続き

は忘れずに行う必要があります。

ナンバープレートの番号が変わった際には、これらの手続きをしておかないと万が一の事故の際に補償がされない事にもなりかねません。

保険に関しては、変更手続きが終わるまではバイクに乗らないように気を付けましょう。

また、他にもETCを付けている場合は

・ナンバーが変わった際には再セットアップが必要

になりますので、忘れないようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

バイクにおいては、車のように希望ナンバー制度が無いのが非常に残念です。

どんな番号になるかは運任せになりますので、基本的には交付された番号を受け入れるしかないのが現状です。

また、どうしても変更したい場合には、番号を変える事は可能ですが

  • 希望の番号にするのは困難
  • ナンバーを変える時だけではなく、変えた後にもそれなりの手間や手続きが発生する

という事は認識しておくべきでしょう。

そのため、よっぽどの理由が無ければ、縁のある数字として愛着を持って付き合うのも良いかも知れません。

※本記事は2019年2月に記載しています。ご活用の際は、有用性をご確認くださいますようお願い致します。
タイトルとURLをコピーしました