バイクで熱中症になると超危険!対策とおすすめアイテム

バイクで熱中症になると超危険!対策とおすすめアイテムツーリング

最近の夏は、猛烈な暑さになりますよね。

気温も30℃どころか35℃以上になる事もしばしば。

とは言え、せっかくの夏。「それでもバイクに乗りたい!」と言うのがバイク乗りの性(さが)でもあります。

ただ、気を付けないといけないのが「熱中症」

バイクで風を切って走っていても、熱中症になる事はあるのです。

そのため、ここでは

  • 熱中症になる原因と症状
  • バイクで熱中症になるリスク
  • バイクで熱中症にならない為の対策
  • 熱中症対策におすすめのアイテム

などについて解説しています。

スポンサーリンク

バイクで走っていても熱中症になる!

熱中症と言うと、真夏の炎天下で運動をしている人や、冷房が無い部屋でお年寄りがなるイメージがありませんか?

「暑い夏でも、バイクで走っていれば風を浴びているし大丈夫じゃない?」

そんな風に思う人もいるかも知れません。

ただ、これは大きな間違いで、バイクの走行中でも熱中症になる可能性は充分あるのです。

筆者も一昨年、バイクで熱中症になった(なりかけた?)経験があります。

東北へのソロツーリング、目的地は秋田。夏休みの渋滞もあり、予定よりも時間が掛かっていたため、少しでも先へ進もうと炎天下の中を走り続けていました。

予定していたインターを降りた時に、なんとなくボーっとするような感覚を覚え、取りすがりの道の駅にバイクを停めた瞬間でした。

視界がグルグルと回り、「あ、やばいな」と思ったのですが真っすぐ歩けず。

何とか自販機でスポーツドリンクを買って、フラフラしながら屋内の冷房が効いているところまで移動。人目もはばからず座り込んでしまいました。

幸い、水分を取って回復したのですが、2時間ほどはその場にいたと思います。

大ごとにならず良かったですが・・・あのまま走り続けていたら・・・道の駅が無かったら・・・そう思うとゾッとします。

熱中症になる原因はバイクに乗っていても一緒

熱中症になる原因はバイクに乗っていても一緒

そもそも、熱中症になる原因は、

  • 高い気温、高い湿度
  • 強い日差し
  • 激しい運動や水分不足
  • 体調(暑さへの慣れ・睡眠不足や疲労)

などによって、体温を調節する機能が鈍くなったり、体の水分や塩分のバランスが崩れる事が原因と言われています。

バイクに乗っていると、「炎天下」「アスファルトの照り返しによる高い気温」「股下のエンジンからあがってくる熱気」「運動(バイクの運転も運動ですよね)」・・・。

むしろ、真夏にバイクに乗るのは、熱中症になりやすい環境と言っても過言ではないでしょう。

熱中症になった時の症状は?

では、熱中症になると、どのような症状が出るのでしょうか。

全日本病院協会のホームページからの引用では、

・Ⅰ度: 現場での応急処置で対応できる軽症
       …… 立ちくらみ(脳への血流が瞬間的に不十分になったことで生じる)
          筋肉痛、筋肉の硬直(発汗に伴う塩分の不足で生じるこむら返り)
          大量の発汗
・Ⅱ度: 病院への搬送を必要とする中等症
       …… 頭痛、気分の不快、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感
・Ⅲ度: 入院して集中治療の必要性のある重症
       …… 意識障害、けいれん、手足の運動障害
          高体温(体に触ると熱い。いわゆる熱射病、重度の日射病)

引用:公益社団法人 全日本病院協会

と解説されています。

夏になると、毎日のようにニュースで話題になっていますが、救急搬送や命を落としてしまう事もあるのが熱中症です。

熱中症を甘く見てはいけないという事ですね。

バイクで熱中症になると超危険!

バイクで熱中症になると非常に危険なのは、

  • 症状に気付きにくい
  • 事故に直結する

からです。

例えば、熱中症の軽症時の「大量の発汗」。

風を切って走っていると、自分がどのくらい汗をかいているのか気付きにくいですよね。

バイクで「熱中症っぽい?」と思った時には、想像以上に症状が進行している事もあると言う訳です。

また、「めまい」や「立ち眩み」のような症状が出れば、当然転倒するリスクが高くなります。

バイクを運転しているという行為が、危険度をアップさせてしまうという事ですね。

ツーリングで熱中症にならない為の対策とおすすめアイテム

ツーリングで熱中症にならない為の対策とおすすめアイテム

では、バイクで熱中症にならない為には、どうしたら良いのでしょうか。

熱中症予防には、

  • 直射日光・高温を避ける
  • 涼しい服装
  • こまめな水分補給
  • 体調管理

が重要です。

これは、バイクに乗っていてもいなくても、同様です。

なので、より具体的なバイクに乗る時の熱中症予防を、おすすめアイテムを交えながら紹介していきます。

①直射日光・高温を避ける

バイクの場合、晴れていれば直射日光を浴びてしまうのは仕方ありません。

ただ、できるだけ肌の露出を防ぐようにした方が良いでしょう。

半袖Tシャツで乗りたい!と言う人でも、アームガードをしたり、Tシャツの下に長袖冷感インナーを着た方が、熱中症の対策にはなります。

冷感インナーは、コスパで選ぶなら「おたふく手袋」。1,000円前後で買えるおススメの冷感インナーです。

おたふく手袋は、現場で働く人向けのワークウェアの会社です。

現場の職人さんも、炎天下で汗をかくので、バイクにもぴったりです

ただ、人によっては袖丈が短めという人もいるので、サイズ選びには気を付けてください。

真夏の半袖は、日焼けの面でもあまりおススメはできません。できるだけ夏でも「涼しい長袖」を着ると良いでしょう

関連記事バイクの日焼け防止!腕や首・顔を紫外線から守るおすすめアイテム

②涼しい服装でバイクに乗る

バイクの場合、安全面を考えて夏でも長袖・長ズボンを着る人が多いですよね。(とても良い事だと思います!)

ただ、バイクは股下にエンジンを挟んで走っているようなものですから、どうしても高温になってしまいます。

身体に熱を溜めてしまうと、熱中症予防の観点からも良くありません。

できるだけ、風通しの良い服装がおススメです。

また、汗をかくことは悪い事ではありません。汗が気化(蒸発)する時に体温を下げてくれるためです。

そのため、

  • 涼しくて通気性がよい
  • 吸汗・速乾機能がある

こんな服装だと体感的にも、熱中症予防にも良いでしょう。

夏の定番はメッシュジャケットです。

素材がメッシュになっているので、通気性は申し分ありません。また、安全面でいうと、プロテクターが入っているものを選ぶと良いでしょう。

各メーカーから、色々出ていますが、コミネさんのものが比較的手ごろな値段で購入できます。

メッシュジャケットの中のインナーも冷感インナーだと走行中はかなり涼しく感じますのでおすすめです。

また、意外と熱がこもるのがパンツです。

夏用のライディングパンツを履いてみると、涼しさに驚く人も多いようです。いかにもなライディングパンツが苦手な人はジーンズタイプもあります。

こちらも、色々なメーカーから出ていますよ。

最後は、少々珍しいアイテム。

夏でもレザー系のしっかりしたライディングジャケットを着ると言う人は、エアインテークというアイテムがあります。

こちらは使用したことは無いのですが、ネット上の評価では「イマイチ」と言う評価もあれば「涼しい!これを考えた人は天才か?」なんて評価も。

興味があったら検討してみても良いかも知れませんね。

③ いつも以上にこまめな休憩と水分補給

熱中症対策では、一番大事かも知れません。

特にバイクの場合には、思っている以上に汗をかきます。

通常のツーリングよりも、こまめに休憩を挟み、水分補給をする事が大事です。

ここでポイントになるのは

  • 利尿作用のあるコービーやお茶ではない方が良い
  • 一気に多量の水分をガブ飲みではなく、こまめな水分補給
  • 塩分も取る

です。

お茶やコーヒーにはカフェインが含まれているので、利尿作用があります。せっかく摂取した水分が尿でたくさん出てしまうという事です。

また、一度に多量の水分を取ると、下痢を起こす事もあります。

下痢になると、逆に多量の水分を輩出してしまいますので、水分は回数で補給することを心がけましょう。

塩分は、汗と一緒に体内のミネラルが排出されてしまうため。

水分と塩分を同時に補給できるスポーツドリンクや経口補水液を摂取すると良いでしょう。

塩分を補給できるタブレットなどもおすすめ。ツーリングの時にポケットに入れてくと良いですよ。

カバヤさんの塩分チャージタブレッツは、日本学校保健会の推薦です。(ツーリングだけでなく、日常的におススメ)

また、こまめに休憩を挟むことは、バイクにとっても良いでしょう。

真夏の場合には、オーバーヒートを防ぐという面でもプラスです

関連記事オーバーヒートの原因や症状は?夏の渋滞には特に注意

④ 体調を整えてバイクに乗る。

これだけの猛暑ですから、体力的にも消耗が激しいです。

ツーリングの前日から体調を整えておくのも重要です。

しっかり栄養を取って、睡眠もたっぷりとる。飲酒は控えめにする。

基本的な事ですが、とても大事なことです。

バイクに乗っていて熱中症っぽいと思ったら

充分気をつけていても、これだけの猛暑です。

もし、バイクに乗っていて「熱中症っぽい?」と思ったら、すぐにバイクを停めて休みましょう。

熱中症かな?と思ったら
  • 日陰で風通しの良い場所で休む(冷房があれば尚良し)
  • 服を緩め、身体を冷やす
  • 水分を摂取する

無理してバイクに乗り続けると、それこそ事故を起こしかねません。

「無理しない事」これもとても重要です

まとめ

  • バイクでも熱中症になる
  • むしろ炎天下のバイクは熱中症になりやすい
  • 暑くても長袖、涼しいウェアで乗る
  • いつも以上にこまめな休憩と水分補給を!
  • 無理をしない事が一番大事

バイクに乗らない人は、「暑いのに良くバイクなんて乗るね・・・」と言う人も沢山います。

ただ、夏には夏の良さがあるのがバイクですよね。

この猛暑です。

いつも以上にこまめな休憩と水分補給を心がけて、バイク乗りの夏を楽しみましょう!

※本記事は2019年8月に記載しています。ご活用の際は、有用性をご確認くださいますようお願い致します。
タイトルとURLをコピーしました