バイクのヘルメットの寿命は?耐用年数3年は本当か?

バイクのヘルメットの寿命ヘルメット

バイクのヘルメットは、耐用年数が3年と言われています。

果たして本当なのでしょうか?

「3年ごとに買い替えなんて無理・・・」

「もう5年以上使っているけど・・・」

このような人も多いのではないでしょうか?

筆者もヘルメットの寿命が気になって、色々と調べてみました。 そのため、ここでは「ヘルメットの寿命」について詳しく解説しています。

スポンサーリンク

ヘルメットの寿命は「3年」?

バイクに長く乗っている人であれば、「ヘルメットの寿命が3年」と言う話は、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

たしかに、筆者も何となく「3年が寿命」と言うのは頭の片隅に残っています。

とは言っても、周りのバイク乗りには3年で買い替えている人は皆無。

みんな5年くらいは普通に使っていますし、中にはビンテージヘルメットを愛用している仲間も。(数十年前のメット!)

まぁビンテージは別として、気になって調べてみた結果が以下の通り。

ヘルメットは、使用に伴う経時変化によって新品の時と同じ性能を維持できなくなることがあります。このため、SGマークではその有効期間を「購入後3年」と定めています。弊社では、正常に使用して異常が認められなくても、使用後3年以内を目安として交換することをお勧めします。

引用:SHOEI

上記はSHOEIさんのホームぺージからの引用です。

続きまして、Araiヘルメットさん。

アライヘルメットでは、SGマーク(製品安全協会の被害者救済制度)の有効期限(ヘルメット着用開始から3年)を目安に、お買い替えをお勧めしています。

引用:アライヘルメット

国内のTOPヘルメットメーカーであるSHOEIさんもAraiさんも同じような記載がHPにありました。

確かに「3年」での買い替えを勧めています。

ただ、気になるのは両社ともに「SGマーク」の有効期限を理由に買い替えを勧めているという事です。

耐用年数3年はSG規格の補償期間

耐用年数3年はSG規格の補償期間

SGマーク (規格) とは簡単に言うと、一般財団法人製品安全協会が定める安全基準をクリアした製品に付けることができるマーク。

ヘルメット以外にも生活用品やレジャー用品など100品目以上のカテゴリがあります。

SGマークが付いている商品の欠陥が原因で、事故やケガがあった場合は保険金が支払われるのも特徴です。(最高1億円)

SGマーク
【SGマーク】

少し説明が長くなりましたが、このSGマークの有効期限が「購入から」3年という事ですね。

ただ、ヘルメットの使用頻度は人によって全然違います。

毎日のように被る人も居れば、月に1度しか被らない人も居ます。

紫外線や雨をガンガン受けているヘルメットもあれば、たまにしか使わない綺麗なヘルメットもあるでしょう。

これらを一律で「3年が寿命です」と言うのは、ちょっと違和感があります。

もし、「時間の経過による経年劣化で寿命が3年」と言うのであれば、SGマークの有効期間は「購入時から3年」ではなく「製造日から3年」のはずです。

安全性で一番重要なのは、外装と衝撃吸収の発泡スチロール

ここが本来の性能を発揮できなくなった時が寿命、と言うのが本当のところでしょう。

特に衝撃吸収の発泡スチロールが硬化していたり、劣化を感じたら3年未満でも変えるべきです。

とはいえ、アライさんもSHOEIさんも3年での買い替えを推奨しているのは事実です。

また、SGマークの有効期限も3年と言うのも事実。

不安な場合には3年を目安に買い替える方が良いでしょう。

あくまで個人的な見解としては、アライ・SHOEIのヘルメットは本当にしっかりしているので、ちゃんと手入れしながら使えば、5年くらいは全然平気な気がします。

衝撃を受けたら寿命と思った方が良い

ヘルメットの寿命は衝撃を受けたら

3年がひとつの目安にはなっていますが、転倒して衝撃を受けたヘルメットはその時点で寿命です。

SHOEIさんは、3年未満でも買い替えた方が良いケースを以下のように記載しています。

1:転倒してヘルメット(頭)を打っている場合
2:使用頻度が激しく、あごひもや内装にほつれや擦り切れが見られるとき
3:内装のウレタンがへたり、ヘルメットがゆるく感じるようになったとき。ヘルメットを被って頭を軽く左右に振り、ずれるようなら交換時期といえます。
4:発泡スチロールの内側の表面がボコボコとふくれあがり、黒く塗装されている表面に白く亀裂が入っている場合

引用:SHOEI

またアライさんも以下のように。

ヘルメットは衝撃を受けると、その一部が壊れることで衝撃を吸収して頭を守るように作られています。したがって、かぶった状態で衝撃を受けたヘルメットは、例え表面に大きなキズ等が見られなくても衝撃吸収のプロセスによって内部構造が破壊されています。

引用:アライヘルメット

転倒などで、衝撃を受けたら必ずヘルメットは買い替えましょう。

安全面が保証できないという事です。

中古ヘルメットを買うのは避けた方が良い

バイク用品店でも、中古のヘルメットが販売されているのを見かけるようになりました。

有名メーカーのヘルメットでも、中古の場合にはリーズナブルな値段で販売されています。

もちろん、クリーニングがされていますので、気にならない方は中古でも良いかもしれないですよね。

ただ、安全面を考えた時には、当然リスクはあります。

「表面に大きなキズ等が見られなくても衝撃吸収のプロセスによって内部構造が破壊されています」

先ほどのアライさんの引用でもありましたが、パッと見は問題なくてもダメージを受けているヘルメットの可能性も充分あります。

また、SG規格の話を出せば、前の所有者が買ってからどのくらいの時間が経っていたか、どのくらい使用していたかが全くわかりません(モデルやカラーリングで分かる事もありますが)

一見綺麗でも、実は安全面の機能としては不十分かもしれない。

中古のヘルメットはそんなリスクもあります。

まとめ

  • バイクの耐用年数はSG規格の有効期限である「購入してから3年
  • アライもSHOEIも3年での買い替えを推奨している

個人的には、雑な扱いをしなければ5年くらいは普通に使えるのではないかと思っています。

ただ、安全面などが心配な方は3年を目安に買い替えておけば間違いないのでしょう。

頭を守るものなので仕方ない事ですが、3年で買替え推奨なら、もう少し安くなると良いですね!

※本記事は2019年6月に記載しています。ご活用の際は、有用性を確認くださいますようお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました