バイクの自賠責保険証明書やステッカーの再発行と名義変更方法

自賠責保険のイメージ画像 コラム

バイクに乗るうえでは必ず加入が必要なのが自賠責保険(自動車損害賠償責任保険、以降自賠責保険)です。

自賠責保険で良く聞く話が「保険証明書を無くしてしまった」「ステッカー(保険標章)を紛失したり破損してしまった」という話です。

また、バイクを売却した時にバイクだけでなく、自賠責保険の名義変更も必要なのでしょうか?という質問も良く耳にします。

ここでは、バイクの自賠責保険について証明書やステッカーの再発行、名義変更についてまとめています。

※一般的な流れは共通ですが、自賠責保険の会社ごとに若干異なる部分もありますので、自分が加入している保険会社を確認し、各会社のホームページなども確認してみると良いでしょう。
スポンサーリンク

自賠責保険の加入保険会社の確認の仕方

まず、自賠責保険がどこの会社で加入しているかわからない方も多いのではないでしょうか?

バイクショップでバイクを購入すると、ショップが手続きをしてくれるのが一般的です。また、原付や軽二輪で車検がないバイクの場合、コンビニで加入手続きをしたという方も多いためです。

バイクショップやコンビニエンスストアは、保険代理店であって保険会社ではありません。

では、どうやって自分の自賠責保険の加入会社を確認したらよいのでしょうか?

実は、加入会社の確認の仕方はとても簡単で、自賠責保険証明書を見ればすぐにわかります。 自賠責保険証明書に記載のある会社が、自分が加入している保険会社と言う訳です。

もし、自賠責保険証明書を紛失していて、証明書での確認ができない場合は保険会社に1社ずつ問い合わせるしかありません。契約者氏名や住所、ナンバー、車体番号をもとに自分が加入しているかどうか確認してもらいましょう。

だいたい、次の4社のどこかで加入しているケースがほとんどです。

  • 東京海上日動火災保険株式会社
  • あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
  • 三井住友海上火災保険株式会社
  • 損害保険ジャパン日本興亜株式会社

もし上記4社で加入していなければ、可能性は低いですが次の会社での可能性もあります。

  • 共栄火災海上保険株式会社
  • AIG損害保険株式会社
  • セコム損害保険株式会社
  • 大同火災海上保険株式会社
  • 日新火災海上保険株式会社
  • 楽天損害保険株式会社
※上記以外の会社で加入している場合もあります。

名義変更や再発行は代理店ではできない

自賠責保険に加入する時は、ほとんどの方がバイクショップで手続きを代行してもらったり、コンビニエンストアで自分で加入しているかと思います。コンビニやバイクショップは保険会社の代理店であるため、加入手続きがをすることができます。

しかしながら、自賠責保険の名義変更、証明書やステッカーの再発行を行う事は代理店ではできません。最寄りの各保険会社の支店窓口に直接行き、手続きをする必要があります。

支店窓口の所在地は各保険会社のホームページで確認ができます。

自賠責保険の名義変更の仕方

名義を変更するためには、各保険会社の窓口に行き「自賠責保険承認請求書」を入手する必要があります。原則、郵送でのやり取りは不可能ですので、窓口に行って手続きを行う必要があります。

必要なものとしては、自賠責保険証明書のほか、譲渡人(バイクの前の所有者)の印鑑と、譲受人(新しい所有者)の印鑑、それぞれが必要になります(場合によっては実印でないと不可な場合もあります)

また、バイクを譲り渡したことが証明できる書類が必要ですが、これは新所有者の名義になっている車検証や軽自動車届出済証、標識交付証明書でも問題ありません。

どこの保険会社も概ね流れは同じですが、各会社によって、若干違う点もありますので、事前に加入保険会社の窓口に確認をするようにしてください。

◆必要な書類一覧

  • 自賠責保険承認請求書(各保険会社の営業所窓口にて入手が可能)
  • 譲渡人(前の所有者)、譲受人(新しい所有者)両者の印鑑※自賠責保険承認請求書に押印する必要があります。
  • 現在の自賠責保険証明書
  • 自動車売買契約関連書類(バイクの譲渡意思を確認できる書類など)

※自動車売買契約関連書類は、バイクの所有者が譲受人 (新しい所有者)の名前に変更済みの「車検証」もしくは「軽自動車届出済証」もしくは「標識交付証明書」などでも可

※譲渡人(前の所有者)が手続する場合は、本人確認書類でも可である保険会社もあり

※譲受人(新しい所有者)が手続する場合は、譲渡人の印鑑証明書でも可である保険会社もあり。(その場合「自賠責保険承認請求書」の譲渡人印は印鑑証明書の印に限る)

参考までに、主要保険会社の自賠責保険名義変更手続きのページはこちらです。

東京海上日動火災保険株式会社

三井住友海上火災保険株式会社

損害保険ジャパン日本興亜株式会社

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

自賠責保険の名義変更はしないといけないのか

バイクを個人売買で売却したり、譲渡した時に、自賠責保険が残っているケースもあるかと思います。そのような場合に自賠責をいったん解約する場合もあれば、そのまま次のオーナーに渡してしまう場合もあります。

では、そのまま次のオーナーに渡した場合、自賠責保険の名義変更は不要なのでしょうか?

結論から言うと、名義変更はしなくても問題ありません。ただ、変更しておくに越したことはありません。

まず、名義変更がしなくても問題がない理由についてですが、自賠責保険は「人」ではなく「バイク」に掛けてある保険になります。そのため、自賠責保険の契約者とは関係なく、被害者への補償がされる仕組みなっているからです。

では、やっておいた方が良い理由は何でしょうか?

ひとつは、更新手続きの通知が前の契約者に来ることです。自賠責保険の残期間が短くなると、保険会社(代理店)から更新通知がハガキで来たりします。そのため、名義変更をしていない場合、新しいオーナーは自賠責保険の更新を忘れ、ついうっかり自賠責が切れたままバイクに乗ってしまうリスクもあります。

また、前の所有者の場合にとっては、自賠責保険証書には個人情報が記載されています。次の所有者が初対面の人やあまり面識のない人である場合もあるかもしれません。自分の個人情報を記載されたままの保険証明書を渡すことは、リスクでもあると言えます。

基本的には、名義変更はしなくても問題ありませんが、やっておくに越したことがないというのは、以上のような理由からです。

自賠責保険証明書の再発行の方法

原則、自賠責保険証明書は携帯義務がありますので、何かしらのきっかけで、破損をしてしまったり紛失をしてしまった時には再発行をしなくてはなりません。

自賠責保険証明書の再発行は名義変更と同様に、代理店(バイクショップやコンビニなど)ではできないので各保険会社の支店窓口での手続きが必要です

手続き自体は難しい事はありません。必要なものを用意して営業店窓口にて再発行を依頼すれば即日再発行されます。

自賠責保険証明書再発行に必要なもの

  • 契約者のご印鑑
  • 身分証明書(本人確認書類。運転免許証や健康保険証等)
  • 破損や汚れた自賠責保険証明書(紛失の場合は不要)

参考までに、主要の保険会社の保険証明書の再発行手続きのページはこちらです。

東京海上日動火災保険株式会社

三井住友海上火災保険株式会社

損害保険ジャパン日本興亜株式会社

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

自賠責保険ステッカーの再発行の手続き方法

一度剥がしてしまった自賠責ステッカーは粘着力が落ちて、すぐ剥がれてしまいます。透明テープで視認できるように貼っておく方法でも問題ありませんが、走行中に気づいたら剥がれて紛失してしまったり、剥がす際に破損してしまった場合は、再発行をすることができます。

ステッカーの再発行に関しても、自賠責保険証明書再発行と同じく、コンビニエンスストアやバイク販売店などの代理店では手続きができません。各保険会社の営業窓口に行って、手続きを行う必要があります。

自賠責保険ステッカー(保険標章)の再発行に必要なもの

  • 自賠責保険証明書
  • 契約者の印鑑
  • 使用不能となったステッカー(紛失の場合は不要)

以上を用意して保険会社窓口に行くことで、簡単に手続きができます。 参考までに、主要の保険会社のステッカー再発行手続きのページはこちらです。

東京海上日動火災保険株式会社

三井住友海上火災保険株式会社

損害保険ジャパン日本興亜株式会社

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

自賠責保険のステッカーを貼らないと違法

自賠責保険に加入すると交付されるステッカー(保険標章)、これは貼ってないと違法になります。自動車損害賠償保障法という法律に条文があり、30万円以下の罰金になります。また、自賠責保険証書を携帯している必要もあります。

ただ、ステッカーを貼っていないことで警察官に止められても、実際に罰金になるケースはほとんど無いのが現状です。自賠責保険の保険証明書を提示したり、自賠責保険に無加入でないことが証明されれば注意で終わることが多いようです。とは言っても、ステッカーを貼っていないと、警察官に止められることは多いですし、罰金にならない保証はありませんので必ずステッカーは貼る様にしましょう。

なお、車検のあるバイクに関しては、自賠責のステッカーはありませんので、車検ステッカーをちゃんと貼っておきましょう。

まとめ

○自賠責保険の名義変更や再交付は保険会社の窓口でできる

○まずは自賠責保険の保険証明書で加入している保険会社を確認する

○自賠責保険の名義変更は、現契約者と新契約者双方の印鑑が必要

○ステッカーは貼らないと違法。紛失時や破損時は再発行をしよう

いかがだったでしょうか?

自賠責保険は強制保険として、加入が義務付けられています。

必ず入って、楽しいバイクライフを過ごしましょう。

※本記事は2019年1月に記載しています。ご活用の際は、有用性を確認くださいますようお願い致します。
タイトルとURLをコピーしました