バイクを高く売るために必要な出張査定時の交渉や駆け引きのポイント

交渉のイメージ画像 バイクを売る

バイクの査定は一言でいうと「交渉」です。売る側は高く売りたい、買う側はできるだけ安く買いたいというそれぞれの思惑は当然です。

お互いの主張がある中で折り合いが付けば契約成立ですが、買取専門の業者はいわゆる「プロ」です。気が付けば、買取店のペースで進んでしまい相場以下の価格で売ってしまったという事にもなりかねません。

そのため、ここではバイクを売却する時に外せない、査定を依頼する時の交渉や駆け引きのポイントやコツをご紹介します。

また、交渉以外でのバイクを高く売るコツや事前の準備についてはこちらにまとめてありますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

自分のバイクの小売価格を下調べしておく

本来であれば、売却時の相場になる「業者オークションの流通価格」が分かれば良いのですが、残念ながら一般のユーザーでは知ることはできません。

しかしながら、全く知識武装なしで査定を受けるのと、自分のバイクのだいたいの小売相場を知っているのでは、査定時の交渉の進み方が全く変わってきます。

日本で一番中古バイクの情報が多いサイトがグーバイクです。

このサイトで、同じ年式、同じグレード、同じくらいの走行距離、同じカラーのバイクがいくらくらいで売られているか、事前に見ておくと良いでしょう。

注意してほしい点としては、一般の販売価格と買取り査定額には差があるのが当然だということです。

ざっくりいうとこのような感じです

買取価格+修理&整備&部品費用+人件費・諸経費+利益=販売価格

例えば、20万円で買い取ったバイクは、その後に小売りされるまでに、整備や修理の費用、名義変更や出張査定に掛かる人件費やコスト、そして利益も当然含まれてきます。

必要経費や利益がどれくらい見るかはバイクによって変わってきますが、買い取るほうも損はできませんから、出せる上限は決まっています。

ただ、自分のバイクの流通価格を知っておくことで、とんでもない買いタタキ査定額が提示されたときに、「このバイク、小売りだと○○円くらいですよね、ちょっと安すぎませんか?」ということができます。

これが言えるか言えないかは非常に重要です。

希望額は言わない(手の内は明かさない)

よく査定の現場で「いくらくらいがご希望ですか?」と聞いてくる査定員がいますが、これは絶対言ってはダメなパターンです。

仮に、買取店側が出せる上限が15万円だったとします。

しかしながら、あなたがもし「10万円くらいは欲しいですね」と言ってしまったら、査定のスタートはその下からスタートするでしょう。

「10万円ですか、めちゃくちゃ頑張って7万円ですね・・・。」

最終的には、粘って10万円の提示があったとしても、裏で査定員はシメシメと思っています。

査定は交渉ですので、初めから手の内は明かさないようにしましょう。

他社にも査定依頼をしていることを伝える

これは、早い段階で伝えてしまうことをおすすめします。

むしろ、査定が始まる前に言ってしまった方が良いでしょう。

「すみません、隠しておくのも嫌なのでお伝えしますが、実は午後から○○さんも査定に来るんですよね」といった具合でしょうか。

もちろん、査定員のほうから「ほかにも査定依頼していますか?」なんて聞いてくることもあります。

査定する方は、比較されることも慣れっこです。

ただ、「あなたの査定額は競合他社と比較させていただきます」と先に伝えることで、安易な買いたたき査定を防ぐことができます。 もちろん、高く売りたい場合には複数の会社の査定額を比較することはとても重要です。

複数の査定額の比較ができるまでは売らない

複数の会社に査定依頼をしたときに、基本的には、後から査定をする会社のほうが有利です。 前の査定がいくらかを知ったうえで査定額が出せるからです。

そのため、「他にも査定依頼をしている」と知った査定員は、良くこんな言い回しをしてきます。

「今うちに決めてくれたら、○○万まで出します!その代わり、今決めてください!」

「この金額は、次回は出せないですよ。今日買取らせてもらえる条件で上司にOKもらったので!」

だいたい、駆け引きだと思って構いません。

もし、すでにいくつかの買取り業者に査定をしてもらった上で、納得の査定額が出たのであれば決めてしまっても良いかもしれません。

しかしながら、最初の査定でこんな話が出た場合は、まだ売らない方が良いケースが多いです。

本当に頑張って高い査定額の提示かどうかは、比較対象がない限りはわからないからです。

他社の査定額は伝える?伝えない?

複数の会社に依頼した場合、後から査定をしてくれる買取店には、今までの査定結果を伝えたほうが良いのでしょうか? ここの判断は難しいところです。

査定側は今までの査定額がわかれば、当然、それよりも高い金額を出そうと頑張ることは間違いありません。

例えば、A社とB社の2社に依頼している場合、後から査定するB社にA社の査定額を伝えたとします。 当然、B社が買取るためには、A社よりも高い査定額を出そうを頑張るでしょう。

「じゃあうちはA社より1万高く買います!」という感じでしょうか?

ただ、プラス1万円が本当にMAXなのでしょうか?本当はあと3~4万円出せるのでは? という疑念が湧いてきます。

ということであれば、B社には「他でも査定をしてもらったことは伝えるが、一旦金額は言わず、B社のMAX額を聞いてから、A社の査定額をもとに交渉する」 のが最善ということになります。

また、さらに別の買取店やバイク販売店(C社:3社目)に査定をお願いすることも効果的です。

ただ、いずれにしても重要なのは「他社にも査定してもらう(もらっている)ことを伝えておくことです」 各社、本気の査定額を出してもらってこそ、比較ができるからです。

複数の買取店の同時査定はケースバイケース

出張査定をお願いする時に、複数の会社の査定額を比較することはとても重要ですが、「同時査定」という事もあるかもしれません。

これには2つのケースがあり、

◆敢えて同じ時間に複数の買取店に査定をしてもらうようにした。

◆時間差で査定を予定していたが、前の査定がずれ込んでバッティングした(もしくは次の買取店が早く来てバッティングした)

にどちらかになります。

ネットの情報などでは、特に前者に関しては「敢えて同時に査定させた事でガンガン査定額が高騰していった」などという話をよく目にします。

もちろん、このような事もあるのはあります。お互いに欲しい(買い取りたい)バイクで、譲れない場合には限界ギリギリまで査定額が上がることもあります。

しかしながら、そうではない事も多々ある事は認識しておいた方が良いでしょう。

バッティングした買取店にして見れば、お互いヒートアップする事はできれば避けたい事態です。
査定スタッフにしてみたら、お互い疲弊したくはないのが本音です。

ひとつ覚えていた方が良いのは、査定スタッフは日々査定をしています。その結果、競合他社の査定スタッフとも何度も顔を合わせている事も少なくありません。

そのため、買取店同士の交渉(もしくは談合のようなモノ)が発生する事もあるのです。

一発入札のように一回きりの提示額で終わりにしたり、それほど欲しい車種でなければ敢えて辞退したりという事も出てくることがあります。

結果的に、本来出るはずの高額査定を逃す事もあると言う訳です。

同時査定はケースバイケースだという事は覚えておいた方が良いでしょう。

売る気はあることはきちんと伝える

査定をお願いする時に、「バイクを売ることを本気で考えている」事を伝えることはとても重要です。

一番良くないのは「この人は売る気がないんじゃないか?」と査定員に思われることです。

査定員としても、売ってくれる可能性を感じなければ、さっさと切り上げて次に行った方が良いですし、頑張って高い査定額を付けようという気も失せてしまいます。

そのため、他社にも査定の予定が入っている場合でも、「出してくれた査定額が一番良ければ必ず売るので電話します!」と伝えておきましょう。

紳士的な交渉を!相手を不快にさせない

買取り査定は交渉ですから、お互いの主張があります。意見や質問は遠慮なくはっきり言っても問題ありませんが、相手を不快にするような行為は、結果的に損をします。

査定をしてくれる方も人間です。不快な相手に高額な査定額をつけようとは思いません。査定の依頼をする側にもマナーがあります。

  • 約束の時間をきちんと守る。
  • 来てくれたことに謝意を示す。
  • 横柄な態度を取らない。
  • 汚い言葉使いをしない。
  • 誠意を持って対応する。

などです。

査定員としても、「今日はわざわざ来てくれてありがとうございます!」と挨拶されれば気持ち良いですよね。

また、売る側も一緒です。出張査定に来た査定員が嫌な奴だったら・・・「ここには絶対売りたくない!」って思のではないでしょうか。

紳士的な交渉が心理的に査定に影響することが、少なからずあることは認識しておいた方がよいでしょう。

YES、Noをはっきり言う自信がなければ、誰かに立ち会ってもらう

査定をしてくれる方とは初対面です。中には、初対面の方が苦手であったり、何かを「No!」とはっきり断ることが苦手な方もいらっしゃるかと思います。

そういう場合は、友人でも家族でも、誰かに立ち会ってもらうことをおすすめします。

査定額に満足していなくても、なかなか断れずに最終的には渋々印鑑を押してしまったという事例も実は少なくありません。ひとりで対応することが苦手な場合には誰かに一緒に査定に立ち会ってもらう事もおすすめです。

まとめ:紳士的に交渉をして高く売ろう

いかがだったでしょうか?もしかしたら、バイクを売る時の査定のイメージが変わった方も居るかもしれません。冒頭に申しあげたとおり、

「売る方は高く売りたい」「買う方は安く売りたい」という双方の思惑があるのは当然の事です。

お互いに納得のいく査定額になった時に、売買が成立するのは至極当然の事です。そのために、査定額に対して交渉が入るのは自然です。

また、買取専門店に査定を依頼する時に一番忘れてはいけないのは、無料でわざわざ出張して来てくれているという事です。

交渉したり、他社と比較したりする事自体は悪い事ではありません。しかしながら、感謝の気持ちを持っておくことはとても重要な事でしょう。

また、交渉以外でのバイクを高く売るコツや事前の準備についてはこちらにまとめてありますので、参考にしてみてください。

※本記事は2019年1月に記載しています。ご活用の際は、有用性をご確認くださいますようお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました