バイクを買取店やショップに少しでも高く売るコツ!

バイクを売るイメージ画像 バイクを売る

バイクを売却しようとするときに、「少しでも高く売りたい」と思うのは誰もが一緒だと思います。

ただ、高く売るために何もせずに売るのと、高く売るためにできる事を準備しておくのでは大きく違います。

ここでは、バイクショップやバイク買取専門店に少しでも高く売るためのコツや秘訣ご紹介しています。

スポンサーリンク

買取の査定額は複数の会社で比較する

バイクを売る際に、よっぽど時間が無い場合や「売却先は絶対にここ!」と決まっていない限りは、複数の買取専門店やバイク販売店の査定額を比較することがとても重要です。

例えば、初めて査定してもらった業者に20万円という査定額を出されたときに、その価格が適正かどうかはプロでなければわかりません。

「まぁ、こんなもんかな」と、ある程度納得できたとしても、他の業者でもっと高値が付く可能性も充分あるのです。

また、予想を下回る10万円の査定額を提示され、年式や傷の状態などもっともらしい査定の根拠を説明されたとしても、別の業者なら15万円の提示をしてくれるかもしれません。

基本的には、買い取る方は少しでも安く買い取ることで、儲かる額は大きくなります。買取専門店やバイクショップはできれば少しでも安く買いたいという思惑がある事は認識しておく必要があります。

結局、複数の査定額を比較して初めて「自分のバイクの査定額の相場」がわかるのです。

乗り換えの場合は、バイクショップで下取り額も確認する

もし、次のバイクを購入することが決まっている場合は、バイクを購入する販売店に「下取りは可能か」、また「下取り額はいくらか」を確認することをおすすめします。

ポイントは、次のバイクの商談前や商談中に確認する事です。

バイクを購入することが決まって、契約を結んだあとではあまり意味がありません。

バイクショップにしてみれば、商談時というのは「もしかしたらバイクが売れるかもしれない」というチャンスです。たとえ、下取りの査定額を少しぐらい高くつけても、それで1台売れるのなら構わない!というマインドになる場合も多々あります。

通常、買取ったバイクは再販するか、業者オークションに出品されます。

そこには当然利益を計算するわけですが、下取りの場合であれば、最悪利益なしで業者オークションに流しても、バイクが売れてくれれば利益が上がると言う訳です。

良く、「買取専門店が一番高く買ってくれる」という話を聞きます。もちろん、結果的に買取り業者の査定額が一番高いケースも多々あります。

しかしながら、時と場合によってはそうでない場合もあるというわけです。

結果的には、買取専門店の査定額のほうが高い場合や、そもそも下取り自体断られるケースもあります。それでも、バイクショップの下取り額を確認する価値は充分あります。 また、この場合でも、買取専門店との査定額を比較しましょう。

買ったお店に持っていければ、購入店での買取額も聞いてみる

もし、売却予定のバイクを買ったショップが近くで、持っていくことができれば、買取ってくれるのか相談をして買取り業者の査定額と比較してみましょう。

通常、中古車を販売しているバイクショップは業者オークションでバイクを仕入れてきます。

オークションの名の通り、全国のバイクショップで出品されているバイクを競り合って落札するわけですが、実は落札時には手数料がかかったりもするのです。

また、オークション会場から遠ければ、輸送費がかかったり、自分で取りに行くにしてもコストがかかります。

そのため、コストをかけて他社と競り合って中古車を仕入れるよりも、お客さんからの直接買取りのほうがよっぽど嬉しいと思うショップもたくさんあります。

また、心理的な側面で、自分のお店で売ったバイクなので、買いタタキにくい(あまり安すぎる価格で買いにくい)という側面もあるため、買取専門店よりも高額な査定額が付くときもあるのです。

結果的には、買取り業者の査定額のほうが高い場合や、そもそも買取り自体断られるケースもありますが買取り査定額を確認する価値は充分あります。

また、この場合でも、買取専門店との査定額を比較してみましょう。

汚れや錆などはできるだけ落とし、バイクを綺麗にしておく

査定をするときには、できるだけバイクを綺麗にしておく事も、高く売るためのコツのひとつです。洗車をし、落とせる錆は落としておき、可能であればワックス掛けまでできればベストです。

当然、「車両の状態」が査定額に影響を与えるのは言うまでもありません。バイクの汚れの程度や、錆の出ている程度はどれくらいなのかで、査定額は変わってきます。

しかしながら、それだけが理由ではありません。

査定をする側からしたら、バイクを買い取って損をするわけにはいきません。そのために様々なリスクを回避しようとします。

汚れがひどい場合、洗車して落とせる程度の汚れなのか、ある程度予測ができたとしてもやってみないとわからない部分もあります。

もし、綺麗にならなかった時のリスクを考えると、やはり低めの査定額を提示せざるを得ません。

また、汚いバイクの場合、「日常のメンテナンスが疎かになっている可能性が高い」と判断されがちです。メンテナンスが疎かだと、エンジンの調子など中身の程度も疑われてしまうのです。

まず、第一印象で、「綺麗にしてあるバイクだな」ピカピカでなくても「大事にされているバイクだな」という印象を持たれることがとても重要なのです。

できるだけエンジンはかかりやすくしておく

故障車、不動車でないのであれば、できるだけエンジンはかかりやすい状態にしておきましょう。

バイクの査定時には、外装の綺麗さ、傷の有無や程度、錆の程度など「外側」のチェックもありますが、エンジンをかけてエンジンの調子はどうか、バイクの「中身」のチェックもあります。

実際に査定をするときに「エンジンをかけようとしたら掛からない」ということになると査定には大きな影響が出ます。

単純なバッテリー上がりであればまだしも、エンジンがかからない以上、エンジン音も聞くことができず、調子のよさが判断できません。

エンジンの調子がわからないと、買取る側としては最悪のケースを想定してかなり低めの査定をせざるを得ないと言う訳です。

特に、冬場や長期間乗っていなかったバイクの場合は、査定の数日前にエンジンを掛けてみたり、バッテリーが弱っていたら充電しておいたり、査定時にはエンジンがちゃんと掛かる様にしておきましょう。

故障個所の修理に多くの費用は掛けない

もし、売却予定のバイクが故障をしている場合には、軽微な故障やお金を掛けないで直せる故障以外は、そのまま売却した方が良いでしょう。

例えば、パーツひとつをとっても、バイクショップや買取専門店の場合、業販価格で仕入れができますし、中古のパーツも豊富に持っています。一般価格で購入する通常のユーザーよりも安く入手が可能です。

また修理工賃にしても、ユーザーがどこかに修理を依頼するよりも、バイク販売店や買取専門店は自分達でやるわけですから、よっぽど安く修理ができます。

つまり、費用をかけて修理をしたところで、その修理代を上回るだけの査定額のアップはあり得ないというわけです。

修理に多くの費用が掛かる故障個所は、そのまま売却する方が結果的には得をします。

ノーマルパーツや付属品があれば用意しておく

もし、売却予定のバイクがカスタムされている場合は、ノーマルに戻せるなら戻す方が評価は高くなります。自分で戻せないとしても、ノーマルパーツがあれば用意しておきましょう。

買取査定の場においては、ノーマルの状態ということは非常に高評価になります。

買取ったバイクは、最終的には次のユーザーに売られるわけですが、多くのカスタムされているバイクというものは、実は売りにくいのです。

バイクを買うときをイメージするとわかりやすいですが、欲しいバイクがあった時に全然好みでないカスタムがされているバイクを欲しいと思うでしょうか?

カスタム自体はバイクの楽しみ方としてとても良い事だと思います。ただ、個人の趣味嗜好は千差万別です。

そのため、売りやすいノーマルの状態がとても重要視されると言う訳です。

また、購入時のマニュアルやスペアキーなどの付属品があれば、こちらも用意しておきましょう。マニュアルの有無で査定額が大きく変わるということは、実際はないでしょう。

しかしながら、「大事にしてきた」という印象を持たれることが実はかなり重要だったりします。

査定時に横柄な態度はとらない

実際にバイクを査定してもらう段階になった時、もちろん、言いたい事や疑問に思うことは、遠慮することはありません。

しかしながら、汚い言葉使いをしたり、査定の待ち合わせを守らなかったり、横柄な態度はとらないことをおすすめします。

査定をしてくれるバイクショップや買取専門店も、明確な査定基準を持っています。とはいえ人間ですから、当然心理的な要素もあるのが実情です。

はっきり言ってしまうと「嫌な奴には高額な査定額はつけたくない」と思う事もあるということです。

売る側も一緒です。出張査定に来た査定員が嫌な奴だったら・・・「ここには売りたくない!」って思うのではないでしょうか。

お互い誠意をもって、交渉をすることもポイントのひとつです。

売ろうと思ったら早く行動する

バイクの売却を検討したのであれば、まず、査定をしてもらいましょう。

最終的に売却するかしないかは、査定をしてもらってから決めればよいのです。

売ろうかな、やめようかな、どうしようかな、と考えているうちに、バイクの劣化や価値の低下は進んでいきます。気が付けば、乗ってもいないのに税金の支払いが来てしまったり、 考えているうちに気が付いたら放置車両になってエンジンがかからなくなってしまった・・・。

よく聞く話です。

まずは、できることから行動してみることがとても重要です。

バイクを売るのに一番良いタイミングは、売ろうと思った時です。

まとめ:高く売るためには準備が必要

いかがだったでしょうか?

バイクを高く売るためのコツをご紹介させていただきました。一番重要なのは、いくつかの業者の査定額を比較したうえで決めることです。

そういう意味では、最終的な売却する・しないの決断は別にして、買取専門店の査定や購入ショップの査定は受けておく方が良いでしょう。

また、中には、査定額の比較をすることに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、気にする必要はありません。

例えば、何か購入する時には値段を見て比較するのは当たり前です。また、仕事などを発注する際にはいくつかの見積もりを比較します(いわゆる相見積)。

買取専門店などは、比較されるのは慣れっこですし、その前提で交渉をしてきます。 大事なバイクですから、少しでも高く売れるようにしっかりと準備をしておきましょう。


※本記事は2019年1月に記載しています。ご活用の際は、有用性をご確認くださいますようお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました