事故車・故障車でも売却できる?不動車のバイクの買取について

不動バイクのイメージバイクを売る

バイクを売ろう、処分しようと思った時に、しばらく乗っていなかった為にエンジンが掛からず動かない時もあると思います。

また、事故をしたバイクや、故障して放置しているバイクもあるかもしれません。

そんな「動かない」バイクも買い取ってもらえるのでしょうか?

結論から言うと、動かないバイクでも買い取ってくれるところはたくさんあります。

ここでは、そんな「動かない」バイクの売却の仕方をご紹介します。

スポンサーリンク

事故車、不動車、故障車の違い

「事故車」「不動車」「故障車」という言葉はよく聞きますが、それぞれの違いは何でしょうか?共通して言えるのは、主に「動かない」バイクを指すときに使われます。まずは、簡単にご説明しましょう

事故車

主に「交通事故」にあってしまったバイクを指すときに使用します。車とバイクの事故や、単独で走行中に転倒してしまった自損事故、建造物などに衝突してしまった物損事故などを起こしてしまったバイクです。

フレームが歪んでしまっているような場合は、大きなマイナス査定になりますが、外装部品の軽微な傷やハンドルやステップの曲がりだけの場合は、思ったより良い査定が付く場合も多々あります。

不動車

読んで字のごとく、「動かない」バイクのことですが、多くは長期間放置してしまったことにより動かないバイクのことを指して不動車ということが多いです。

状況にもよりますが、整備をすることで以前の状態に戻し再販が見込めますので、期待以上の査定額が付いたということも多いです。

故障車

こちらは、エンジントラブルや電装系のトラブルなどバイクの故障が原因で動かなくなってしまったバイクのことを指します。

査定をするときに、故障個所の特定までをするのは困難になりますが、修理をすれば再販の見込みもあるバイクです。しかしながら、査定時には修理費用がどれくらいかかるのかが不明瞭なため、査定する側としてはリスクになります。そのため、ある程度の修理費用を見込んでの査定額になってきます。

事故車・不動車・故障車はどこに売却すればよい?

動かないバイクの場合、前提としてバイクのある場所まで来てくれる業者でないと売却は困難です。自分でトラックなどに積載して持ち込むことができる人は少ないと思いますし、運送会社に依頼すると、無駄な費用が掛かってしまいます。

そのため、出張査定をしてくれるバイク販売店か、もしくは買取専門店に依頼することがおすすめです。

バイク販売店の場合、まずは来てくれるのかどうか、また、出張査定に費用が掛かるのかどうか、売却もしくは処分をお願いした時に手続きはどうなるのか。いろいろなことを確認しておく必要があります。

もちろん、動かないバイクでも快く来てくれる販売店もありますが、中には一切やらない販売店も存在します。

一方で、買取専門店の場合、多くの業者が出張査定は無料、手続き代行も無料で査定をしてくれるケースが多いです。また、事故車や故障車などでも積極的に査定をしてくれるのは安心です。

買取専門店が事故車や不動車でも買い取ってくれる理由

買取専門店の場合、事故車や不動車、故障車でも、積極的に買い取ってくれます。各社のホームページでも「大歓迎!」くらいの勢いでPRしていますが、なぜなのでしょうか?

結論から言うと、仮に事故車や不動車を、お金を出してでも買取りすることで利益を出す仕組みやノウハウを持っているからです。

業者オークションや小売店舗での販売が可能

長期放置による不動車や、故障が原因で動かなくなった場合でも、整備や修理をすることで直すことができれば、当然再販が可能です。

大手の買取専門店の場合、小売りの実店舗を持っている業者もありますし、小売りの店舗がなくてもバイクの業者専門のオークションに出品することで利益を上げることが可能なのです。

特に、業者オークションでは、全国のバイク販売店が中古車を仕入れる場所になりますので、人気のバイクや欲しいバイクがあれば多少の故障などがあるバイクでも仕入れていく販売店は結構あるのです。事故車などでも部品取りの車両として購入していくバイクショップも少なくありません。

海外輸出などの多くのルートを持っている

日本国内では、お金にならないような状態のバイクや、不人気なバイクでも、海外に輸出することで利益を上げられる場合があります。

買取り業者の一部では、そのような海外流通の販路を持っていたりもします。そのため、通常のバイク販売店では買い取らないようなバイクでも、買取ってくれたり無料で引き取ってくれたりするのです。

中古パーツや部品取りで有効活用できる

事故車などの場合、修理や整備ではどうにもならない場合があります。

そのような時でも、すでにメーカーからの部品の供給が終わってしまってる古いバイクであったり、無傷のパーツをパーツ単体で売ることができたりする場合もあります。

また、高額な値段にはならないまでも、部品取り車として売却できるケースもあります。実際にバイクの業者オークションでは、通常のバイクのオークションのほかにも、部品取り目的のバイクのオークションや中古パーツのオークションのコーナーも存在しています。

査定額が付かない場合や処分料が掛かる場合もある

動かないバイクの場合でも、買取専門店に査定を依頼することによって、売却ができて得をする可能性があることはお話ししました。

しかしながら、事故などにより相当な損傷があったり、買取ることで利益が上がらないという見立てになる場合は、買取ってくれない場合もあることは認識しておく必要があります。

そのような場合は主に

◆買い取ることはできないが無料で引取り処分をし、廃車の手続きはしてくれる

◆無料引取りもできない状態の場合、処分費用が掛かっても良ければ処分と廃車の手続きをしてくれる

の二つになるケースがほとんどです。

もちろん、無料査定なのでどちらも断ることは可能です。

ただ、処分することも考えているのであれば、そのまま処分をお願いしてしまった方が良いかもしれません。

自分で処分をすると、廃車の手続きを行う必要がありますし、廃車手続き後にバイクを廃棄処分するには費用も掛かります。処分と面倒な手続きを代行してもらえるだけでもメリットという考えもあります。

売却を考えるならできるだけ早い方が良い

動かないバイクの場合、時間が経てば経つほど、バイクの劣化が進んでいきます。

普段乗っているバイク以上に、錆が出たり汚れていったりします。

また、本当はバッテリー上がり程度の状態だったにも関わらず、放置しておくことでキャブレターの中のガソリンが腐ってしまったりと、放置すればするほど状態が悪くなっていきます。

動かないからと放置することで査定額もどんどん下がっていくと考えた方が良いでしょう。

動かないバイクの劣化は早いです。もし、売却を検討されるのであれば、できるだけ早く行動することがお得に売却するチャンスと言えるでしょう。

動かないバイクを高く売るコツ

動かなくなった経緯や期間はできるだけ正確に伝える

不動車や故障車の場合、買取業者も原因がわからないとリスクが大きくなります。当然、買い取っても損をするわけにはいきませんので、修理や整備に掛かる費用を計算して査定額を算出します。

例えば、

「理由が全く分からないが動かないバイク」

「何年放置されていたかわからないバイク」

よりも、

「バッテリーが上がってしまって動かなくなった、その後、1か月乗っていないバイク」

と説明できれば、動かない原因や、どれくらいの整備・修理が必要かの目安が立ちやすく、査定額にも影響してきます 。

複数の業者で査定をしてもらう

損傷の激しい事故車ではなく、特に長期放置による不動車や軽微な故障などの場合、整備すればふつうに売却できるバイクの場合も多くあります。

しかしながら、買取る側からしてみると、「動かない」「エンジンがかからない」などはマイナス査定をつける大きな理由になります。

もちろん、買取り査定額の提示は、ある意味「交渉」ですから、悪い事ではありません。

ただ、「もし動けばそれなりの価格で売れるのではないか?」と思ったら、複数の会社で査定をお願いすることで、少しでも高く売れる可能性があります。

1社だけで査定をお願いすると、損をしてしまうかもしれません。

まとめ

○動かないバイクでも売却できる可能性は充分ある

○動かないバイクは買取り業者がおすすめ

○事故車や不動車でも遠慮しないで査定をお願いする

○査定額が付かない場合や処分料がかかる場合もある

○売却するなら、劣化が進む前に早めに売る

いかがでしたでしょうか?事故車、不動車、故障車、動かなくても売却できる可能性は充分あります。また、買取専門店としても、嫌々買い取ることはありませんので、遠慮なく出張査定してみることをおすすめします。


※本記事は2019年2月に記載しています。ご活用の際は、有用性をご確認くださいますようお願い致します。
タイトルとURLをコピーしました