強力防水バッグでツーリングの雨対策!荷物が濡れる心配ゼロ!

ツーリングで便利な防水バッグバイクの雨対策

ツーリングの雨対策としては、レインウェアやレイングローブ、ブーツカバーなどの身体を濡らさない対策が思いつきますが、もうひとつ、荷物を濡らさない事も重要です。

せっかくのツーリング、着替えやお土産などが雨で濡れてしまっては困ります。

通常、ツーリングバッグやシートバックにはレインカバーが付属していますので、カバーを掛ける事である程度浸水は防げます。ツーリングバッグを選ぶ時は、一定の防水機能があるものや、レインカバーが付属しているものを選ぶと良いでしょう。

ただ、強い雨の時には少々心配になります。また、急な雨の時にはバイクをすぐ停められない場合もあります。

ここでは、そんな心配はしたくない、とにかく中身が濡れる心配がない強力な防水力を持ったツーリングバッグが良い!という方のためにおすすめの強力防水バッグを紹介しています。

スポンサーリンク

レインカバーがあれば普通はしのげる

まず、一般的に人気のツーリングバックの場合、雨天時のためにレインカバーが付属しています。(レインカバー単体でも売っています)

雨が降ってきても、しっかりとレインカバーを装着しておけば、ほとんどの場合は荷物が濡れる事はありません。特に心配なものがある時は、パッキングをする時に防水のケースやビニル袋に入れてから収納しておけば、よっぽどの事が無ければ濡れないでしょう。

また、TOPケースなどのBOXを使っている場合も荷物が濡れる心配は低いでしょう。

そのため、完全防水や防水力が強力なバッグでなくても荷物を濡らさない事は出来るでしょう。

とはいえ、昨今多いゲリラ豪雨や、高速道路上で急に降られるような事もあります。

そんな時に、いちいちカバーをするのが面倒な人や、なんとなく心配しながらバイクを走らせるのは嫌だと言う人には、やはり防水力の高いバッグがおすすめです。

雨が降ってもお構いなし、中身が濡れる心配なしのバッグは心強いものです。

防水バッグは絶対濡れないのか?

各メーカーから防水力を売りにしているバッグの場合には、まず素材が違います。ターポリンPVC加工の素材を使用しています。そのため、雨が降った事によってバッグの中身を濡らす事はまずありません(経年劣化や、破れたり穴が空いていない限り)

ターポリンとPVC

ターポリンとはポリエステル繊維の布を軟質の合成樹脂フィルムでサンドしたビニール系素材のことで、水を通しません。また、PVCとはポリ塩化ビニル(Poly Vnyl Chloride)の略です。PVC加工を施すことで、完全に水を遮断するため、アウトドア用品などにも最適な素材として使用されています。

ただ、バッグの開閉部分からの浸水が無いとは言えません。防水バッグの多くは開閉部分がロールタイプになっています。また、ジッパー(止水加工してある)が付いている事もあります。

そのため、閉め方が緩かったり、バッグの劣化で破れや穴などがあれば、そこから水が入ってくることも無いとは言えませんので、絶対濡れないとは言い切れません。

とはいえ、基本的にはまず中身が濡れる事は無いでしょう。

しかしながら、万が一を考えると電子機器など絶対濡らしたくないものがある場合には、念のためビニール袋や防水ケースなどに入れてからパッキングしておいた方が良いでしょう。

防水バッグの良い点と注意点

防水バッグはとにかく雨に強いです。そのため、中身が濡れる心配は極めて少ないです。

また、その特性上、泥ハネなどで汚れた場合にはジャブジャブ水を掛けて洗う事もできますので、オフロードやキャンプの時にもおススメです。

また、バッグによってはパッキング用のコード(ベルト)が付属しているものもありますが、そうでないものもあります。別途パッキング用のコードを用意する必要があるケースもありますので、事前にチェックしておきましょう。

おすすめの強力防水バッグ厳選5点!

では、防水性の極めて高いバッグを紹介していきましょう。ここでは、1~2泊前後のツーリングやキャンプを想定した容量(35~45L中心)に紹介していきますが、紹介するメーカーは防水バッグのラインナップも豊富です。

公式ホームページのリンクも貼っておきますので、容量の大きなものや、もう少し小振りなものが良い方は是非チェックしてみてください。

タナックス タフザックD35

持ち運びしやすい全天候型の横型ダッフルで、防水バックに良く使用されるターポリンよりも強力な生地の「TPU」を使用しています。名前の通りのタフなバッグで、雨が降って来ても全く心配いりません。

タナックス タフザックD35
出典:タナックス
  • ターポリンより強力な防水素材「TPU」を使用
  • 激しい雨や泥にも強い防水力
  • 生地の接合部は、ほぼ全てウェルダー加工で、縫い目からの泥や水の侵入にも強い
  • 1~2泊のツーリングに最適の35L。(他のサイズもあり)
  • 価格は税抜き8,200円
  • サイズ :(H)250×(W)560×(D)250mm
  • 他のラインナップはここから>公式ページ

ドッペルギャンガー ターポリンツーリングシートバッグ  DBT427-BK

個性的なバイクギアを多数リリースしているドッペルギャンガーのターポリンバッグです。封筒型の形状で60Lなので、かなりの荷物を積むことができ、テントなどキャンプ用品を積むのにもおススメです。

ドッペルギャンガー ターポリンツーリングシートバッグ
出典:ドッペルギャンガー
  • フルターポリンで防水性能は完璧。泥はねも怖くありません
  • 大容量60リットル、全天候型防水シートバッグ
  • 独自の「パッキングベルトシステム」採用で多彩なパッキングに対応可能
  • サイズ:W68×L(D)117 cm
  • 価格は9,000~10,000円ほど(市場価格)
  • 他のラインナップはここから>公式ページ

デグナー ウォータープルーフボストンバッグNB-115-CMBK

デグナーさんは防水バッグのラインナップが豊富なので、リュックやショルダーバッグなども多数リリースしています。公式ページもチェックしてみるのもおススメです。

デグナー ウォータープルーフボストンバッグ
出典:デグナー
  • 40Lのサイズで開口部も広く、たくさんの荷物が入ります
  • 他社にはあまりなカモフラ柄(ブラックなどもあります)
  • 外側は摩耗に強いポリエステル素材で内側にインナーPVC防水。
  • サイズ 縦34×横50×幅28.5(cm)
  • 価格は税抜き8,900円
  • 他のラインナップはここから>公式ページ

モンベル ドライダッフル45L

アウトドアメーカーのモンベルさんは意外にもバイクギアも作っています。バイク用のレインウェア「ストームバイカー」なども有名ですね。防水性も高く、おすすめのドラムバッグです。

モンベル ドライダッフル45L
出典:モンベル
  • 手提げハンドルを設けたダッフルバッグ形状のドライバッグ
  • 小さいサイズもあり
  • ターポリン素材で防水性は間違いなし
  • 生地の接合部分にはウェルダー加工がしてあり、水の侵入を防ぎます
  • サイズ高さ32×幅63×奥行き30cm
  • 価格は税抜き6,667円
  • 他のラインナップはここから>公式ページ

GIVI ジビ EA115BK防水ドラムバッグ40L

トップケースで有名なGIVIの防水バッグです。今はデイトナが正規代理店になっているみたいですね。BOXやトップケースのイメージが強いですが、意外にも防水バッグのラインナップが豊富です。

  • PVCターポリンを使用した防水バッグ
  • 固定ベルとフックが付属してシートに固定が可能
  • 40Lのサイズでロール方式なのでパッキングがしやすい
  • GIVIブランドロゴがカッコいい
  • 価格は10,000円前後(市場価格)
  • 他のラインナップはここから>公式ページ

まとめ

最近はゲリラ豪雨のような急に強い雨が降る事も増えていますので、防水性の強力なバッグがあると安心です。

雨で荷物が濡れるのが心配な方や、雨でもガンガン走る人にはタフな防水バッグはおすすめです!

また、防水バッグ以外にも雨のツーリングで準備しておいた方が良いことをまとめていますので、是非参考にしてみてください

※本記事は2019年5月に記載しています。ご活用の際は、有用性をご確認くださいますようお願い致します。
タイトルとURLをコピーしました