バイクにおすすめのワックス紹介とワックスのかけ方を解説

バイクにおすすめのワックス紹介とワックスのかけ方を解説バイクの洗車

大事なバイク、できれば常に綺麗にしておきたいものですよね。

そのために、定期的に洗車をしたり磨いていると言う人も多いでしょう。

また、洗車後のワックス掛けは、塗装面の保護や艶出し・撥水効果が見込めるので非常におすすめ。ひと手間掛ければ、よりバイクを綺麗に保つことができます。

ただ、ワックスと言っても固形ワックスや液体ワックス、それからスプレータイプまで色々な種類があります。

また、価格もピンキリで「どれを選んだら良いかわからない」。

こんな人は多いのではないでしょうか。

そのため、ここでは

  • おすすめのバイク用ワックス
  • 基本的なワックスのかけ方
  • ワックスを掛ける時の注意点

などについて解説しています。

スポンサーリンク

バイクのワックスで一番のおすすめはバリアスコート

まず、バイクにワックスを掛ける場合、一番おススメのワックスはWAKO’S(和光ケミカル)のバリアスコートです。

厳密に言うと、コーティング剤にあたるケミカルですが、ワックスとして使用して全く問題ありません。

むしろ、ワックス代わりに使うのをおすすめします。

そもそも、ワックスは何のために掛けるのでしょう。

「艶出し」のためと言う人も居るとは思いますが、一般的には塗装面の保護。

塗装の上にもう一枚ワックスの皮膜をつくる事で、紫外線や汚れ・雨などから守るというのが目的でしょう。

つまり、コーティング剤でも、艶出しや塗装面の保護ができるなら全く問題ないと言うことです。

さらに、効果がワックスより上ならば、選ばない手はありませんよね。

バリアスコートがおすすめの理由

なぜ、バリアスコートがおススメなのか、理由は以下の通りです。

  • コーティング力が高い
  • 持続力が高い
  • 洗浄力が高く汚れも落ちる
  • 使える範囲が広い
  • 施工が簡単

という点が挙げられます。それぞれ補足しますね。

コーティング力が高い

ワックスを使う人の中でも、「固形ワックス」を愛用する人も居ます。

何故かを聞くと、固形ワックスと液体ワックスでは、ワックスの皮膜の厚みが全然違うと言います。

確かに「一般的」には固形ワックスの方が、コーティング力が強いイメージはあります。

ただ、バリアスコートのコーティング力も相当凄いです。

液体(スプレータイプ)とは思えないほど、施工後はトゥルトゥル&ツヤツヤになります。

是非試してほしいと思います。

持続力が高い

ワックス選びのポイントのひとつは持続力でしょう。

ツヤツヤ、トゥルトゥルになっても、すぐに艶が無くなったり、撥水性が落ちたらあまり意味がありません。

ただ、バリアスコートは2~3ヶ月くらいなら全然問題なく効果が持続しています。(もちろん環境にも左右されますが)

洗車の度にワックスが必要になったり、数回の雨で効果が無くなるような事は全くありません。

一般的なワックスに比べても、持続効果が高いですね。

※メーカーでは「最長6か月効果が持続」となっていますが、さすがに 6か月は乗らないで保管しておく様な環境じゃないと無理ですね・・・。

洗浄力が高く汚れも落ちる

ポリマーが汚れを浮き上がらせ、素材に優しい特殊ハイドロカーボン系洗浄剤と界面活性剤が油汚れを強力に洗浄!

引用:和光ケミカル

上記のようにワコーズさんの説明に書いてあるように、コーティング剤ですが洗浄力もあると言う優れもの。

もちろん、洗車後に塗布するのが基本ですが、洗い残しや、こびり付いた虫などの汚れも綺麗になるのはポイント高いです。

使える範囲が広い

バイク用のおすすめ!として紹介していますが、実はバイク専用ではありません。

車のコーティングにも使えます。

車もバイクも保有しているなら、どっちにも使えますね。

また、中性でコンパウンドを使用していないので、バイクの樹脂パーツやスクリーンなどにも使えます。ホイールのコーティングに使用してもOKです。

(※ミラーコーティングや特殊な表面処理がされている場所は使用できません)

使える範囲が広いのも便利な事この上ないです。

施工(作業)が簡単

バリアスコートはスプレータイプの液状です。

通常ワックス(特に固形)の施工は面倒な事が多いのですが、バリアスコートはスプレーして吹き上げるだけの簡単施行。

しかも、水分が残っていても施行できます。(できるだけ、水分が残っていない状態で施工しましょう)

バリアスコートのデメリットは?

良い事ばかりのバリアスコートですが、デメリットは無いのでしょうか?

実際にデメリットや、マイナスポイントは見当たらないと言うのが正直な感想です。

WAKO’Sさんの宣伝をするわけではありませんが、それくらいおすすめです。

良く、価格が高いと言われることもあります。(定価3,000(税抜)/本。専用マイクロファイバークロス2枚付き)

確かに、他のワックスやコーティング剤と金額面だけ比較すると高価ですが、見合った効果は実感できると思います。

意外と伸びも良く減らないですしね・・・おススメです!

バリアスコート以外のおすすめは?

基本的には、「バイクにおすすめのワックスは?」と聞かれたら、バリアスコートがイチオシです。

ただ、もし「バリアスコート以外で!」と聞かれたら、

  • LAVEN(ラベン)の スプレーワックス

あたりも良いと思います。

LAVENはスプレータイプで使いやすく、価格的にも買いやすいです。バリアスコートの前にはLAVENを使っていました。

ちなみに、バイクショップの間でも、やっぱりバリアスコート評判がNo,1でしたね。

知り合いのバイクショップ数件に、おすすめを聞いてみたところ、ほとんどのショップがバリアスコートと言います。

バイクのワックスのかけ方

バイクのワックスのかけ方

バイクのワックスを掛ける時には、必ずワックス(もしくはコーティング剤)の使用方法(説明書き)を確認するようにしましょう。

一概にワックスやコーティング剤と言っても、全て同じものではありません。

微妙に使い方や、使える場所が異なっているからです。

ただ、一般的なワックスのかけ方(やり方)としては

  • 洗車をして汚れや砂・ほこり等を落とす
  • 綺麗に拭き上げをして、水分を取り除いておく
  • ワックスをウェスやスポンジに付けて、薄く伸ばすように塗布する
    (※スプレータイプなど直接バイクに吹くものもあります)
  • 綺麗なウェスで拭き上げをする

と言う流れです。

やり方としては、ざっくり言えば

「綺麗に洗車した後に、水分を取って、ワックスを塗って拭き上げる」

という簡単な作業ですね。

ただ、注意しておくべき事がいくつかあります。

具体的には

  • 傷の原因になるので、風の強い日や砂埃の多い場所は避ける
  • 傷の原因になるので、ゴワゴワのタオルなど粗い布で塗らない(拭き上げない)
  • 塗りムラやシミが出やすいので、真夏の炎天下は避ける
  • ワックスをしてはいけない箇所は避ける

最後の4つ目は、商品によって指定があるはずなので、必ず事前に確認をしておきましょう。

関連記事バイクの洗車方法!手順や注意点・必要な道具を詳しく解説

関連記事バイクの洗車ってどこでできるの?洗車場所のおすすめは?

まとめ

バイクの洗車やワックスがけをすると、愛着も湧きますし、バイクの不具合の発見も早くなります。

バイクを綺麗にしながら、簡単な点検になると言うことですね。

紹介したバリアスコートは本当におすすめです。

もちろん、ディーラーや塗装業者などが施工する本格的なガラスコーティングには敵いませんが、日常的なワックス代わりには充分(それ以上)の効果を発揮してくれます。

是非試してみて下さい。

※本記事は2019年11月に記載しています。ご活用の際は、有用性をご確認くださいますようお願い致します。
タイトルとURLをコピーしました