中古バイクを通販で買う時の流れと通販のメリットとデメリット

中型バイクのイメージ バイクを買う

中古バイクの購入を検討する場合、昨今はネットの普及もあり通販での購入もとても増えてきています。

全国のバイクショップでも、今は多くのショップがネットでの広告や通販対応をしており、昔のように足を使ってバイクを探す手間も軽減されています。

とはいえ、バイクの場合はナンバー登録などもある為、通販の流れが良くわからない方も多いかと思います。また、新車ならまだしも中古バイクの通販は大丈夫なのでしょうか?、

ここでは、中古バイクを通販で購入する時の流れやメリットとデメリットに関してまとめています。

スポンサーリンク

バイクを通販で買う時の流れ

通販(通信販売)とは「広告やカタログをもとにメールや電話、文書などで注文をとり、商品を発送する形態の販売手法」です。一般的な通信販売なら特に不明点はありませんが、バイクを購入する時にはナンバーの登録などの手続きが発生します。店頭でバイクを買う時は必要書類などを用意することでバイクショップが登録代行をしてくれますが、通販の場合はどのような流れになるのでしょうか?

バイクショップに一度も行かないという前提で、一般的な通販の流れを説明します

欲しいバイクを探す。 バイクショップのホームページや中古車検索サイト(グーバイクやバイクブロスなど)で見つけるのが一般的でしょうか。

②メールや電話で見積もりや在庫の有無の確認、バイクの状態確認の問い合わせをする

③購入する事が決まったら入金(振り込み)をする。

④ナンバー登録に必要な書類をショップに郵送する。(必要なものはバイクショップの方で教えてくれます。)書類が届き次第、ショップがナンバー取得などの手続きを行う。

⑤バイクショップが納車準備が完了後、配送の手配を行う。(ショップが直接配送してくれるケースもあれば、バイクの輸送会社を使うケースもあります。どちらが良いかはショップと相談しましょう)

⑥自宅かデポ(輸送会社の物流拠点)にバイクが届く。デポまでの配送の場合は、バイクをまで取りに行く必要があります。

以上が大まかな流れになります。基本的には、名義変更やナンバーの登録は異なる都道府県のショップでも問題なく代行してくれます。バイクショップの方で用意してほしい書類の指示がありますので、準備して郵送すれば問題ありません。

また、ローン購入を希望の場合でも対応してくれるショップがほとんどです。(ローン会社の審査はありますので、審査が通らない場合は不可)

つまり、直接バイクショップに出向くことなく、電話やメールで購入まで完結してしまう事が可能です。

通販でバイクを購入するメリット

では、中古バイクを通販で購入することには、どのようなメリットがあるのでしょうか? 通販のメリットについてまとめてみます。

バイクショップに直接足を運ばなくても購入できる

前述の通り、必要な書類を用意・郵送したり、費用を振り込んだりすることは当然必要になりますが、直接バイクショップに足を運ばなくても、契約・購入が完結します。欲しいバイクが遠くのショップにある場合や、日頃忙しくてなかなかショップに行くことができない方には、非常に便利な購入方法だと言えます。

全国のバイクショップの在庫から探せる

通販の場合、中古車検索サイトやホームページの中からバイクを探すことができます。

国内最大級の中古バイク情報が掲載されているグーバイクの場合、3,000店舗以上のショップが掲載されていて、中古バイク情報は65,000台以上も掲載されています。

自分で行くことができるショップの中から探すよりも、圧倒的に多くのバイクから欲しいバイクを探すことができます。特に中古の場合は一点物になりますので、納得の一台を見つけることができます。

また、希少なバイクやタマ数の少ない絶版車、特定のカラーや年式などの拘りのある方には非常におおきなメリットです。

安いバイクを見つけることができる

全国のショップのバイクが購入候補になりますので、よっぽどタマ数の少ないバイクでなければ価格の比較もできます。

予算が決まっている方や、少しでも安いバイクを探したい場合は、自宅近隣のみで探すよりも安価なバイクが見つかることも少なくありません。

ただ、注意点としては、安いバイクにはそれなりの理由がある事が多いです。走行距離が多い、程度がイマイチなどという事もありますので価格だけで判断しない事をおすすめします。また、後述しますが通販の場合は送料が掛かることも注意が必要です。

自宅までの納車も可能

通販でバイクを購入した時には、自宅か自宅近くのデポまで配送してくれます。デポとは、バイクの流通拠点で配送会社によって異なりますが全国にあります。

自宅まで納車の場合は、家まで配送会社が持ってきてくれますので忙しい方には非常に便利です。デポ止めの場合は、デポまで取りに行く必要がありますが全国にありますので遠くのショップから購入しても遠路はるばる取りに行く必要はありません。

また、なかには、通販を希望しても納車の時だけショップに取りに行くユーザーさんもいます。配送料の節約目的の場合もありますが、バイクショップが遠方の場合にはショップから自宅までバイクに乗って帰ることでツーリングになるという方など、理由はそれぞれです。

通販でバイクを購入するデメリット

メリットも沢山ある通販ですが、デメリットもきちんと把握しておく必要があるでしょう。通販のデメリットに関してもまとめておきましょう。

現車の確認が困難

一番のデメリットは現車(実車)の確認ができないことでしょう。通販の場合はネット上の写真と文言で判断するしかありません。

バイクショップの方も、もちろんバイクを売りたくてWebサイトに情報を出しています。

特に、写真はバイクの印象を決定づける大きなポイントです。中には、写真の枚数をたくさん載せたり、動画まで載せたりとショップとしてもバイクの状態を正確に伝えようと努力しています。

しかしながら、「現車(実車)=写真」とは思わない方が良いでしょう。

写真で判断できることには限界があります。細かな錆や傷、写真で写っていない場所など、 現車を見ればわかる事でも、写真ではわからない事もあるという事は認識しておくべきでしょう。写真を撮ったのが1年以上前という事もあるかも知れません。写真ではピカピカだったのに、納車されたらそうでもなかったという事はよくある事です。

もちろん、写真通りの状態、写真以上という事もありますので、全てのバイクに当てはまる事ではありません。

購入ショップの雰囲気や対応がわかりにくい

バイクショップに直接足を運んで商談をすると、ショップや店員さんの雰囲気がわかるというメリットがあります。

お店の中が綺麗に整理整頓されているとか、展示バイクが綺麗にされて並んでいるとか、店員の対応がすごく良くて安心して契約できそうである等、バイクの購入にはショップの状態は非常に大事な判断要素です

一方、通販の場合、メールや電話でのやり取りが中心になります。声やメールの文面だけでは、なかなかショップや店員さんの雰囲気はわかりにくいものです。メールの文面が非常に丁寧だから信用できるかというと、そこをイコールで結びつけるのは危険です。

アフターサービスが受けにくい

バイクは購入した後もオイル交換や、車検などのアフターメンテナンスが必要不可欠です。

時には、調子が悪くなって修理なども必要になってくるかも知れません。

遠くのショップで購入した場合、メンテナンスが受けにくい(受けられない)という事は事前に認識しておくべきでしょう。

できれば、通販で購入をする前に、メンテナンスやアフターをお願いできるショップが近くにあるかどうかまで調べておくと良いでしょう。

ノーマル(もしくはライトなカスタム)で比較的新しいようなバイクであれば、近隣で対応できるショップを探すのはそれほど困難ではないかも知れません。

ただ、旧車や外車、特殊なカスタムバイクなどを通販で購入した場合は、近くでメンテナンスや車検を受けてくれるショップを探すのに苦労するかも知れません。

何かあるたびに、通販で購入したショップに配送業者に依頼して、購入したショップに持ち込むのは現実的ではありません。

トラブル時の対応が困難

前項に共通する点でもありますが、購入後の不具合などの対応が困難なこともデメリットでしょう。

近くのショップで購入しているならば、調子が悪くなった際にすぐ持ち込むことができます。ただ、遠くのショップから通販で購入すると、そう簡単に持ち込むことはできません。

また、通販購入時に必ず確認すべきですが、保証付きの中古車でも「通販の場合は保証無し」になることも少なくありません。これは、「ショップ側としても保証したくても遠くへの通販だと対応できない」という事情があります。(すべてのショップが該当するわけではありません)

通販でバイクを購入するときに確認すべきこと

メリットとデメリットをまとめましたが、理解したうえで通販での購入を選択する方のために「事前に確認しておくべきこと」を整理しますので、是非チェックしてみてください。

車両状態について気になる点は必ず確認する

少しでも気になる点があれば、遠慮せずにショップに確認しましょう。購入後に後悔することは避けたいものです。

特に車両の状態については、気になる点があったら納得するまで聞いても問題ありません。

高額なバイクであれば尚更です。

総額と送料がいくらになるのか確認する

通販で購入する場合、車両価格と諸費用(整備や登録代行)のほかに「送料」が掛かることは認識しておく必要があります。

例えば、「近くのショップより遠くのショップで2万円ほど安いから通販で購入しよう!」と思っても、送料を含めたらさほど変わらない、もしくは結局高かったという事もあります。

送料は排気量や配送エリアによっても変わりますが、2~3万円、場合によっては4~5万円かかることもあります。最終的に、諸費用や送料も含め総額がいくらになるのかの確認は必要です。

なお、配送の手配はショップが行ってくれますので、手続きの心配は不要です。

送料の相場はこちらの記事にもまとめていますので参考にしてみてください。

配送は自宅なのか、デポ止めなのか確認する

通販の場合の納車先は、自宅まで配送の場合と、輸送会社のデポ止め(物流拠点まで)の場合と2パターンあります。

購入する店舗がどちらで配送手配をしてくれるのか、また、どこの配送会社を使うのかは事前に確認しておきましょう。

基本的には、デポ止めか自宅配送かは、希望をバイクショップに伝えておけばどちらでも対応してくれます。しかしながら、自宅までの場合はデポ止めよりも若干配送料が高くなります。もし、希望がある場合は早めに伝えておきましょう。

また、配送会社によってデポの場所は異なります。事前にデポの場所を確認しておかないと、思ったより遠かったというケースもあるかも知れません

自宅配送の場合は、配送会社の都合で希望時間が指定できなかったりするケースもありますので注意が必要です。

配送の会社と、流れもしっかりと確認しておきましょう。

納車の日程を確認しておく

購入後、楽しみな納車ですが通販の場合は、通常よりも納車が伸びるケースが多いです。

バイクショップが納車準備を終えた後に、さらに数週間かかる場合もあります。

これは、バイクショップよりも配送会社の都合によるものです。

バイクなどの配送の場合、通常の宅配便や郵便のように翌日、2日後で到着という事は非常に困難です。

配送会社のルートなどに大きく影響されますので、ショップとしても明確には回答できないかも知れませんが、ショップ側の対応がいつ終わるかによってだいたいの納車予定は教えてくれます。

あらかじめ目安を確認しておくことは重要です。

保証は付くのか確認する

前項でも少し触れましたが、保証付きの中古車でも「通販の場合は保証無し」と言うケースもあります。むしろ、このような対応になるショップが多いと言っても過言ではありません。

これは、バイクショップの事情を考慮すると仕方のない事だと言えます。

遠方への通販でも保証対応をしていたら掛かるコストが莫大になってしまいます。ショップとしては、保証したいのはヤマヤマでも対応できないというのが本音です。

中には、通販でも保証するというショップや、お店まで持ってきてくれれば対応する等、条件付きで対応してくれるショップもあります。

いずれにせよ、通販の場合は保証がどうなるのかは購入前に確認しておきましょう。

購入後のアフターをどうするか確認しておく

もちろん、通販でも購入ショップに持ち込むことができれば、メンテナンスや車検も対応してくれるでしょう。しかしながら、遠くのショップから通販をする場合は、毎回バイクを持ち込むのは費用も手間も時間も掛かります。

購入前に、買った後のメンテナンスなどをどうするのか、対応してくれるショップが近くにあるのかは調べておきましょう。

大手チェーン店なら取り寄せも可能

通販もとても便利になりましたが、できれば現車を確認してみたり、購入後のアフターも見てくれるのがベストだと思います。

そのような場合、選択肢として全国チェーンの大手ショップで購入するのも選択肢としてはひとつです。

例えば、レッドバロンやSOXグループであれば、近くの店舗になくても系列店舗に欲しいバイクがあるケースもあります。

取り寄せるには費用が掛かる場合がほとんどですが、お願いすれば別店舗から取り寄せてくれることもあります。(※取り寄せに費用が掛かるかどうかは各店舗に事前に確認してみてください)

費用が掛かることに関しては、仕方がない部分でもあります。バイクの輸送には非常にコストが掛かりますので、契約してくれるかどうか分からないのにバイクを移動ばかりさせているととんでもない費用が掛かってしまいますので。

ただ、どうしても失敗したくない場合には、お願いする価値はあると思います。

まとめ:通販はメリットとデメリットを把握したうえで利用すべき

通信販売自体は非常に便利な仕組みです。昨今のネットの発達によって、中古バイクでも通販が一般的になっています。

しかしながら、中古バイクに関してはやはり、現車(実車)確認に勝るものは無いと思います。

とはいえ、一物一価の中古バイクですから、本当に欲しいバイクが遠いショップにあって見に行けない、または忙しくて見に行けないというような状況も多々あります。通販を利用することがダメなわけではありません。

「中古のバイクが一度も見に来ないで売れる時代になった」「数百万の中古バイクが通販で売れちゃった」そんなバイクショップの声も良く聞くようになりました。

もはや、中古バイクにおいても通販は当たり前です。

だからこそ、メリットだけではなくデメリットも把握したうえでの利用をお勧めします。

※本記事は2019年1月に記載しています。ご活用の際は、有用性をご確認くださいますようお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました