バイクを売る時に必要なものや書類のまとめ

必要書類の画像バイクを売る

バイクをいざ売ろう!と思った時に、何を用意すれば良いのでしょうか。ここではそんな、バイクの売却時の必要書類と必要なものをまとめてみました。

ここで注意が必要なことは、買取専門店やバイクショップで売却をした場合と、個人売買でバイクを売却した場合では必要書類が変わってくるという事です。

買取専門店やバイク販売店の場合、面倒な手続きを代行してくれるため、必要な書類なども少なくなります。

一方で、個人間での売却の場合は、すべて自分・もしくは売却した相手が名義変更の手続きを行わなくてはならないため、必要なものや手続きも多くなります。

ここでは、「買取専門店やバイクショップで売却をした場合」の必要書類を中心にまとめています

個人間での譲渡や売買の際の名義変更の手続きについては別の記事でまとめていますので宜しければ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

売却時に必要なものは排気量によって違う

売却時に必要なものは、実はそのバイクの排気量によって変わってきます。

排気量ごとに必要なものを表にまとめてみました。

排気量別:バイク売却時に必要なもの

125㏄以下(原付)250㏄以下(軽二輪)251㏄以上(小型二輪)
標識交付証明書軽自動車届出済証自動車検査証(車検証)
自賠責保険証明書
印鑑(認印)
身分証明書
銀行口座(不要な場合もあり)

基本的には、用意する書類の種類が変わる以外は、必要なものは一緒になります。査定をお願いする際には、そのまま売却をする可能性もありますので事前に用意しておくと、二度手間にはならないでスムーズでしょう。

必要書類の詳細と紛失時の再発行について

必要な書類は、排気量別に、以下のようになっています

◆251㏄以上・・・自動車検査証(車検証)

◆126~250㏄・・・軽自動車届出済証

◆125㏄以下・・・標識交付証明書

◆すべてのバイクに必要・・・自賠責保険証明書

自動車検査証(車検証)

いわゆる、車検証です。250㏄を超えるバイクの場合は車検が義務付けられています。
仮に車検証を紛失してしまった場合は、ナンバーの管轄する運輸支局にて再発行が可能になるので、事前に再発行をしておきましょう。

軽自動車届出済証

250㏄以下のバイクは車検がないため、代わりに軽自動車届済証が存在します。こちらの書類に、所有者(使用者)情報やバイクの情報が記載されています。バイクを購入した時に必ず渡されているはずですが、万が一紛失してしまった場合は車検証と同様にナンバーの管轄する運輸支局にて再発行が可能です

標識交付証明書

125㏄以下のいわゆる原付(1種・2種)の場合は、標識交付書が必要です。

ナンバー(標識)を交付したときに、役所が発行する書類です。こちらも、手元にはあるはずですが、なかなか使うことはない書類なので、なければ再発行をして準備をしておく必要があります。標識交付証明書の管轄は市区町村になり、市区町村役場にて再発行ができます。

自賠責保険証(自動車損害賠償責任保険証明書)

これはすべての排気量のバイクで必要になります。バイクで公道を走る際は、自賠責保険に入ることが義務付けられていますので、基本的にはこちらも保有しているはずです。

万が一、紛失してしまった場合は、加入している保険会社や保険代理店で再発行ができます。

また、自賠責保険が切れてしまって乗っていないバイクの場合は不要です。

身分証明書

身分証明書に関しては、運転免許証やパスポートなどであれば問題ありません。

一例として、バイク王さんの場合は健康保険証や住民基本台帳カード(写真入り)でも大丈夫なようです。

印鑑

買取りの申込書や契約書に押印をすることになりますので、印鑑の用意が必要です。認め印で問題ありません。

銀行口座

こちらは、売却金額の振込先になります。その場で現金支払いの買取り業者さんも多いですが、後日振り込み対応の業者さんの場合は口座を用意しておく必要があります。

また、現金対応でも、金額によっては後日振り込みにしている業者さんもあります。(査定額が○○円以上の場合は銀行振り込みなど)

事前に確認して、確実に現金支払いになるようであれば、こちらは不要です。

バイク売却時にあると良い、こんなもの

必ず必要な書類や必要なものに関してはご説明しましたが、もし存在するようであれば、用意しておいたほうが良いものがあります。

○バイクの取扱い説明書や購入時に渡された書類

○メンテナンスノート類

○スペアキー

○カスタムされたバイクの場合のノーマルパーツ

もちろん、ないと売却が不可能と言う訳ではありません。あくまであると良い、ある事で査定額に影響する(上がるかも)というものです。

これらは、中古車を購入した場合は最初から存在しない場合もありますが、もしあるならば用意しておくと良いでしょう。

車両の情報がよりわかりますし、なにより、バイクを大事にしていたことが査定する側にもつながるので好印象につながります。

ノーマルパーツは、カスタム車両の場合は査定額にも影響があります。

※バイクを少しでも高く売るためのコツはこちらの記事でもまとめていますので参考にしてみてください

個人売買の時の必要書類は大変

昨今は、ヤフオクやメルカリなどのサービスを使ってバイクを個人売買する人も増えています。また、友人や知人に売却したり譲渡したりすることもあります。

その場合に必要になってくるのが、バイクの名義を変更する手続きです。

個人売買の場合は、買い手が見つかるという前提ですが、自分の希望価格でバイクの売却ができるというメリットもあります。一方で名義変更の手続きは自分たちで行わなくてはならないというデメリットもあります。

市区町村役所や運輸支局(陸運局)に行かなくてはならなかったり、慣れない書類作成をする必要もあります。

ざっと一覧化すると、以下のような書類が必要になります。

※名義変更をする役所や陸運局の窓口で入手する書類も含みます。また、バイクの排気量によって名義変更に必要な書類は変わります。

◆原付の名義変更必要書類

  • 標識交付証明書
  • 廃車証明書
  • 軽自動車税申告書並びに標識交付申請書

◆軽二輪の名義変更必要書類

  • 軽自動車届出済証
  • 軽自動車届出済証記入申請書
  • 軽自動車届出済証返納届

小型二輪の名義変更必要書類

  • 車検証
  • OCR申請書
  • 手数料納付書

その他名義変更に必要なもの(排気量によって不要なものあり)

  • ナンバープレート
  • 自賠責保険証明書
  • 譲渡証明書
  • 住民票
  • 委任状
  • 軽自動車税申告書
  • 身分証明書
  • 印鑑

もちろん、慣れた人ならそれほど大変な作業ではありませんし、初めての人でも順を追ってやれば決してできない手続きではありません。

個人売買や個人間でバイクの譲渡をした時の名義変更の流れをや必要な書類などは、排気量別に詳しくまとめています。興味がある方は、こちらの記事も参考にして是非チャレンジしてみてください 。

まとめ:買取店やショップに売るなら必要書類は少ない

いかがでしたでしょうか。

買取専門店やバイク販売店に売却を依頼する場合は、思ったより必要な書類などは少ないものです。これは買取専門店やバイク販売店に売却する際のメリットと言えるでしょう。

個人売買に関してはリスクや手続きの手間もありますので、簡単にバイクの売却をしたい場合は、買取専門店やバイクショップに依頼すると良いでしょう。

ただ、名義変更の手続きを個人で行うことも決して不可能ではありません。
自分に向いている売却方法を選ぶのが、一番のポイントです。

※本記事は2019年1月に記載しています。ご活用の際は、有用性を確認くださいますようお願い致します。
タイトルとURLをコピーしました