バイクに乗りたいけど購入や免許を迷っている人はまず行動してみよう

バイクは素晴らしい コラム

バイクに乗りたいけど、免許を取ろうか迷っているという人は結構多いのではないでしょうか。また、免許をとった後にバイクを買おうか迷っているという人もいらっしゃるかと思います。

この記事ではそんな迷いがある人や、どうしようか悩んでいる人の解決の糸口になればと思い、筆者の経験や考えをもとに記事を書いています。

結論から言うと、バイクに乗りたければ、行動した方が絶対後悔しません。 ここではそう思う理由についてまとめています。

スポンサーリンク

バイクに乗れるのは今しかないかもしれない

私の場合、10代の後半でバイクの免許を取り、20代前半には大型二輪の免許を取り、今まで20数年バイクに乗り続けています。もちろん、免許を取る時もバイクを買う時も、それなりの問題があって、スムーズに物事が進んだと言う訳ではありません。

とはいっても、なんだかんだトラブルはありつつも、今までバイクライフを楽しむことができています。

もしあの時、思い切って免許を取らなければ、今でもバイクとは無縁の生活をしていたかもしれません。

乗らない人は結局一生乗らない

自分がバイクに乗っていると、今まで本当に多くの仲間や周りの人に「自分もバイクに乗りたいんだよね」とか、「バイクって良いよね」と言うような事を言われ続けてきました。

ただ、そんな人たちの中で、実際にバイクに乗ったのは本当にごく一部の人間です。

「経済的に余裕ができたら欲しい」とか、「親が反対しそうだから、一人暮らししてから」とか、色々な理由があって「その時」を後回しにしてきましたが、今振り返ると結局バイクには乗らなかった人が大半でした。

誤解の無い様に言っておくと、それぞれの事情があるのは重々承知していますので、乗らなかった事を否定するつもりは全くない事は付け加えておきます。

ただ、乗りたい気持ちを後回しにする人は、結局乗らないままの人が多いのは事実でしょう。

経験は一生残るが、チャンスは今だけかもしれない

自分と同じように、一念発起してバイクに乗った人たちも少なからず居ましたが、今でも乗り続けている人間は、自分以外では一人しかいません。中には、バイクに興味が無くなってしまった人も居れば、経済的な理由や家庭の問題で仕方なく乗ることをやめざるを得なかった人も居ます。

ただ、乗った人は全員が「乗って良かった」と言いますし、「機会があればまたいつかバイクが欲しい」と言います。100%と言っても良いでしょう。

バイクに乗っている(乗っていた)という経験がマイナスになる事は無いですし、むしろ人生を豊かにする経験になる事は間違いないはずです。経験したという事は一生モノです。

でも、ちょっと考えてみてください。

もしかしたら、数年後には「バイクが欲しい」なんてことを考える余地もないような状況になっている可能性もあるのではないでしょうか。バイクに興味が無くなってしまっているかもしれません。年月が経つと、自分や周りの状況・環境は刻々と変化していきます。 その経験を得るチャンスは、今しかないかもしれないという事は理解しておいた方が良いでしょう。

とりあえず行動してみるのが一番良い

迷っているうちに、どんどん時間は過ぎて行ってしまいます。少し古いですが「いつやるの、今でしょ」という言葉が流行りましたが、まさにその通りです。欲しければ乗ってみる。いつ乗るの?今です。

予算に合わせて買えば良い

もちろん、乗れば良い、買えば良いと言っても、経済的な事情があるケースは多いでしょう。確かに、予算がないのに数十万円、数百万もするようなバイクを買う事は不可能です。

でも、予算に合わせてバイクを選べば良いだけの話です。

初めは新車ではなく中古でも充分です。250㏄クラスであれば、十数万円代のバイクもありますので、とりあえずこのようなバイクから初めて見るのも良いでしょう。中古の原付バイクなら数万円で購入が可能です。背伸びしていきなり高額の新車を購入し、結局あまり乗らないまま手放すというのは良くある話です。

もちろん、本当に欲しいバイクがある場合には、高額のバイクを買うのも全く問題ありません。ただ、迷っている中で、とりあえず買うのであれば、無理すると良くない場合が多いです。

乗ってみて、「もっと良いバイクが欲しい」「このバイクが欲しい」という気持ちが湧いてくれば、次のステップに行けば良いのです。

乗らなければわからない事もある

実際にバイクを買って、乗ってみないとわからない事も沢山あります。

例えばですが、

  • いざバイクを手に入れて乗ってみたら、すぐに飽きてしまった
  • 毎週のように乗るつもりだったけど、そんな時間は取れなかった
  • 手に入れただけで満足して、乗らなくなった
  • 実際に乗ってみたら、寒いし、濡れるし、あまり楽しくなかった

このようなケースも無いとは言えません。

もちろん、逆にどっぷりハマってしまう人も少なくありません。いずれにせよ、乗らないとわからない事があるという事です。

ただ、実際に乗ってみた人には、経験したうえで自分にはバイクはあまり合わなかったという事が言えます。乗らずに「乗りたかったんだよね」といっているのはかっこ悪いですし、後悔する事にも繋がりかねません。

バイクは売ることができる

人間は失敗したくない生き物です。バイクを買うにも、ある程度のお金を払うので、躊躇してしまう人も居るでしょう。

ただ、実際バイクを買ってみて、やっぱり自分には不要だと思った時には売れば良いのです。

もちろん、買った時の値段より売値は下がるのは当然ですが、その分「バイクに乗った」という経験を買ったと思えば良い買い物でしょう。

まずはバイクショップに行ってみる

まずは初めの一歩を踏み出すことが重要で、迷っている場合にはバイクショップに行ってみる事がおすすめです。

大手チェーン店でバイクを見る

たくさんのバイクを見てみたければレッドバロンやSOX、バイク王などの大型チェーン店に行ってみると良いでしょう。

この手のショップは、少なくとも数十台のバイクを展示していますので、原付から大型まで、スクーターからスポーツ、アメリカン、スポーツなど色々な種類のバイクを見ることができます。

また、昨今はこのような大手系ショップは過剰な接客は殆どありません。もちろん、質問や相談があればしっかり接客してくれますが、「とりあえずバイクを見せて欲しい」というと自分のペースでゆっくり見ることができます。

街のバイクショップに行ってみる

色々相談をするなら、街のバイクショップに行ってみるのも良いでしょう。展示バイクは少なくても親身に相談に乗ってくれるショップが多いです。

展示車以外でも、予算内でバイクを探してくれることもあったり、ローンの相談にも乗ってくれたり、おすすめのバイクなども教えてくれたりもします。

狙い目は、ホンダ、ヤマハ、スズキなどのメーカーの看板がありつつも、規模的に少し小さめのショップが良いです。ディーラーになると、営業されがちになりますし、メーカー取引が無いショップや自転車兼バイク屋みたいなところだと(そうでないトコもありますが)ローンなどの扱いが無かったり店主に癖のあるショップである事も多いです。

背中を押してくれる

ショップに行くと色々な気付きや発見、また、自分のバイクに対する気持ちの再確認ができます。沢山のバイクを見ると、自分が欲しいバイクや好みに改めて気付くでしょう。

実際にショップの店員と話すと、予算の事とか、ローンが組めるのかどうか、初めのバイクにはどんなバイクが良いのか等のアドバイスをもらえたり、具体的なイメージがグングン湧いてきます。 ショップに足を運んだら「バイクが欲しい」気持ちに一層火が付くので、背中を押してくれます。

まとめ:結局行動しないと後悔する

もしかしたら、人生の中でバイクに乗るという事は、本当に些細な事かもしれません。ただ、実際にバイクに乗った事によって、人生が大きく変わったという人も少なくありません。

少なくとも、自分はそうでした。

免許を取る時に、親を説得しなければならなかったり、バイクを買うのにおカネがなくてバイトしたり、また、事故とは言えなくても転倒してケガしたり、色々大変なこともありました。

ただ、バイクに乗って良かったと心から思いますし、あの時思い切って行動しなければ、結局後悔していたことは間違いないでしょう。

最初に買った250㏄の中古バイクは手放してしまいましたが、当時、色々なところに行ったり、バイクを通して多くの人と接点が持てたり、本当に貴重な経験になったと胸を張って言えます。

バイクに乗りたければ乗ったほうが良い。

迷っているなら、まずは行動した方が良い。

もちろん、買うとなったらある程度の金額にはなりますが、家を買うなどとは違って、考え方によってはその気になれば何とでもなる金額とも言えます。

今乗らなければ、結局乗らないし、後悔するかもしれませんよ!

タイトルとURLをコピーしました