チュートリアル徳井さんの歴代バイクまとめ【芸能人とバイク】

芸能人とバイクバイクと芸能人

芸能人や有名人がバイクに乗ってくれるのは、非常に嬉しい事だと思っています。

何故なら、やはり影響力が大きいからです。

バイクに乗ってみたい!

もう一度乗りたい!

そんな、新しいバイク乗りやリターンライダーが増える事で、バイク業界少しでも盛り上がる事を期待した【芸能人とバイク】です。

スポンサーリンク

徳井さんの愛車①メインバイクはトライアンフ?

この投稿をInstagramで見る

#t120black

徳井 義実さん(@tokui_yoshimi)がシェアした投稿 –

チュートリアルの徳井さんと言えば、相方の福田さんと共にバイク大好き芸人として知られていますが、たくさんのバイクをお持ちのようで羨ましい限りですね。

直近では、2018年にトライアンフのT120を購入されています。

トライアンフと言えば、ネプチューンの原田泰造さんも同じディーラー(吉祥寺のトライアンフ東京)で最近購入されていました。

≫関連記事:原田泰造さんの最新バイク

トライアンフ・ジャパンは最近、業績も良いようで人気が上がってきている様ですね。

トライアンフT120はこんなバイク

正式名称は「BONNEVILLE T120」

トライアンフと言えば、非常に歴史のあるオートバイメーカーとして有名ですね。

映画「大脱走」でスティーブマックイーンが跨っていたのがボンネビルです。当時の伝統的なクラシックスタイルを残しつつ、1200㏄の高トルク型の新型エンジンを積んだ新型ボンネビルは非常に人気の1台です。

徳井さんの愛車②DUCATIの899パニガーレ

この投稿をInstagramで見る

#Panigale #ducati

徳井 義実さん(@tokui_yoshimi)がシェアした投稿 –

2014年に納車されているのが、ドカティの899パニガーレ

ドカティと言えば、まっ赤のイタリアンレッドのイメージが強いですよね。ただ、徳井さんはパープルにオールペン!

これは、映画「KICK-ASS ジャスティス・フォーエバー」のヒットガールに影響されたとか。

この映画に出てくるのは1198パニガーレですが、ホントにカッコいい!!

899パニガーレはこんなバイク

パニガーレとは、ドカティの本社がある場所から取った名称で、フラッグシップモデル「1199パニガーレ」の兄弟車が「899パニガーレ」。

ドカティSSのエントリーモデル的な位置付けですが、そこはやっぱりドカティ。エントリーなんてとんでもない・・・。

一般レベルのバイク乗りには十分すぎるほどのパワーと加速力を持ったマシンです。

徳井さんの愛車③ハスクバーナのNUDA900R

この投稿をInstagramで見る

埼玉のサムソンブルーさんでペイントしてもらいました!#nuda900

徳井 義実さん(@tokui_yoshimi)がシェアした投稿 –

ドカティの前に購入されたのが、ハスクバーナのNUDA900R(ヌーダ)。

最近はハスクバーナも普通に乗られる方が増えてきましたが、当時はハスクに乗っている人はかなり少なかったと記憶しています。

特に、ハスクバーナはオフロードやモトクロス志向が強いメーカーです。

そんな中でNUDA900Rを購入されたのは、さすが個性が強いですね。

カスタムなどもされて楽しんでいるようです。

NUDA900Rってこんなバイク

前述のとおり、オフロード色の強いハスクバーナにおいて、初めての本格的ロードスポーツモデルがNUDA900でした。発売当時は斬新なデザインで話題を集めたのを覚えています。

ただ、見た目だけではなく、最高出力は104.96HP、最大トルクは100Nmというエンジンに175㎏の軽量で、結構なバイクです。

ちなみに徳井さんが購入されたのは、ブレンボやオーリンズなどの高級パーツが装備されたNUDA900Rの方です。

徳井さんの愛車④ハーレーのXL1200X

この投稿をInstagramで見る

お台場ツーリング

徳井 義実さん(@tokui_yoshimi)がシェアした投稿 –

テレビなどメディアに一番最初に出たのが、ハーレーでした。車種はXL1200Xフォーティーエイト

非常に人気のある車種ですね。

ツーリングの様子も非常に楽しそうです。

XL1200Xフォーティーエイトってこんなバイク

ハーレーの中で「スポーツスター」に分類されるバイクで、ノーマルの状態でも完成度が高いファクトリーカスタムモデルです。

「ボバースタイル」を原点としたルックスと、乗りやすくもハーレーらしい重厚な乗り味から2011年の発売以降、ハーレーの中でもトップクラスの人気を誇るモデルです。

徳井さんの愛車⑤ホンダのCB400Four

徳井さんの愛車⑤ホンダのCB400Four

このヨンフォア(CB400Four)は、徳井さんが京都のカスタムショップに依頼して仕上げた1台。

黒いシングルシートカウルにシルバーのタンクは、マン島TTレースを走ったホンダのレーサーをイメージしたそうです。

セパハン、バックステップ、集合管とシンプルながらも拘りを感じられるカフェカスタムですね。

南箱根にOPENした、バイカーズパラダイスに展示されています。(※展示期間はいつまでかは不明です)

関連記事バイカーズパラダイスってどんなとこ?

CB400Fourってどんなバイク?

1974年に発売された、ホンダ・ドリームCB400(CB400Four)は通称「ヨンフォア」と呼ばれ、400㏄ながら高性能な4発のエンジンで、歴史的な名車のひとつに数えられるバイクです。

今でも人気が高く、中古車相場はさがるどころか値段が上がっています。

発売当初は408㏄であったが、1975年に免許制度の改正があり、400㏄まで乗れる中型二輪免許ができたことにより、398㏄のモデルが発売されるようになったバイクです。

さいごに

メディアに露出の多いチュートリアルの徳井さん。

相方の福田さん共々、芸能界のバイク人気を引っ張って行って欲しいものです。

また、今まで以上に、色々なメディアでバイクの魅力をアピールしてくれると良いと思います。

昨今では、バイク乗りはマイノリティですよね。

それはそれで良い事もあるのですが、ちょっとバイク業界が厳しい状況が続いてしまっているのも事実なんです。

もっとバイクに興味をもってくれる人が増えて、もっとバイク乗ってくれる人が増えないと困るというのも本音です。

なので、芸能人の方や、有名人の方にはもっとバイクに乗って欲しいところです!

(影響力が大きいので、事故のニュースとかが無いようにくれぐれも安全運転を心がけて欲しいですね!)

タイトルとURLをコピーしました