バイクを手放す時の処分方法と必要な手続きや注意点

バイクを処分バイクを売る

壊れてしまったり長い間乗らなくなってしまったバイク、不要になったバイクを処分するにはどうしたら良いのでしょうか?

一概にバイクを処分すると言っても、その方法はいくつかあります。

売却するという方も居れば、友人や知人に譲るという方も居るかもしれません。また、売却や譲渡でもなく、とにかく廃棄したい(捨てたい)という方も居るかもしれません。

ここでは、そのような方のために、バイクを手放す際の処分方法と必要な手続きや注意点をまとめています。

スポンサーリンク

バイクを処分する時に必要な手続きと注意する事

バイクの処分には廃車手続きや名義変更が必要

まず前提として、バイクを所有して公道を走行する為には、市区町村や運輸支局(陸運局)に登録しなくてはなりません。

登録はご自身でされた場合もあれば、バイクショップでバイクを購入した場合はショップの方で登録手続きをして代行してくれた場合もあります。その手続きによってナンバーが交付されています。

そのため、バイクを手放す時には登録の抹消(廃車手続き)やバイクの名義変更をしなくてはなりません。この手続きを行わないと、手放したはずのバイクなのに毎年税金の払込通知書が来る羽目になってしまいます。

バイクの排気量によって方法は異なりますが、バイクを手放す際には登録の抹消(廃車手続き)や名義変更をする必要があるという事は認識しておかなければなりません。

廃車手続きや名義変更は自分で行うこともできますし、買取専門店やバイクショップ、処分業者に売却や処分を依頼すると、ほとんどの場合手続きを代行してくます。

また、友人や知人に譲渡する場合や個人売買でバイクを売却した場合には、名義変更をどちらがやるのか、名義変更がしっかりとされたのかを確認する必要があります

万が一、自分の登録のまま次のオーナーが乗り続けるとトラブルの原因になります。

バイクは粗大ごみや不燃ごみで処分できない

廃棄(捨てる)する場合でも、バイクは粗大ごみや不燃ごみなどで捨てることはできません

ゴミステーションなどに置いておいても、引き取ってもらえないですし、不法投棄になりますので注意が必要です。

廃棄(捨てる)する場合でも、きちんと法律に則った方法で廃棄する必要があるという事も併せて覚えておきましょう。

バイクを手放す方法その①売却する

手放す時にまず検討した方が良いのが、売却するという方法です。

捨ててしまえばそれまでですが、売却できれば少なからずお金が手元に入ってきます。

また、しばらく放置してあるような動かないバイクや、壊れているようなバイク、ボロボロのバイクでも、思わぬような査定金額で買い取ってくれる場合もあります。

もちろん、査定の結果によっては、査定額が付かない場合や処分料が掛かる場合もありますが、基本的には査定自体は無料の場合がほとんどですので、一旦査定してもらって損はないでしょう。

捨ててしまおうと思っていても、まずは買取専門店やバイク販売店での売却を検討することをおすすめします。 売却先としては

  • バイクの買取専門店
  • バイクショップ
  • 個人売買
  • リサイクルショップ

などがあります。

買取専門店や、バイク販売店に売却する場合は、廃車(登録抹消)や名義変更の手続きを無料で代行してくれる場合がほとんどですので、面倒な手間もかかりません。

また、個人売買で友人や知人などに売却する場合や、昨今ではヤフオクやメルカリなどのオークションサイト、フリマアプリを使って売却する人も増えています。

個人売買で売却した場合は、廃車(登録抹消)や名義変更の手続きは自分と購入者で行わなくてはなりません。

※それぞれの売却先については、以下の記事にてまとめてありますので、是非参考にしてみてください

バイクを手放す方法その②譲渡する

乗らなくなったバイクで、まだ乗れるバイクの場合、友人や知人に譲るという方法もあります。

仲の良い関係であれば、無償で譲るという場合もあるでしょうし、気持ちばかりの謝礼をいただく場合もあるかもしれません。

譲渡する場合に注意しなくてはいけないのは、バイクの名義をきちんと変更する必要があるという事です。

初対面の人に個人売買する場合も同様ですが、きちんと名義の変更が行われないと、税金の払込通知がいつまでたっても自分の手元に来てしまったり、新しい所有者が事故を起こしたり交通違反を起こした場合にトラブルになってしまします。

譲渡の場合は、名義変更をどちらがやるのかをしっかりと明確にする事が重要です。また、新しい所有者が行う場合は、名義変更がされたことをきちんと確認するようにしましょう

※バイクの名義変更の方法や必要書類については以下の記事も参考にしてみてください。

バイクを手放す方法その③廃棄する(捨てる)

売却や譲渡ではなく、廃棄するという場合にもいくつか方法があります。

以前は、原付に関しては市区町村での粗大ごみで対応してくれたケースもありますが、現在は原付バイクであっても粗大ごみで対応してくれる市区町村はなく、ほとんどの自治体が二輪車リサイクルシステムを推奨しています。

二輪車リサイクルシステムを利用する

二輪車リサイクルシステムとは、バイクの国内4メーカーと海外メーカー輸入事業者12社が、使用済みになったバイクの適正処理と再資源化を目的とした取組みです。

このシステムを利用するためには、対象車両(対象メーカー)と引取基準の条件を満たしていて、且つ必要書類を用意することが必要です。

また、二輪車リサイクルシステムの「廃棄二輪取扱店」として数多くのバイク販売店が登録されていますので、自宅の近くでも加盟しているバイクショップが見つかります。

また、処分費用についてですが、このシステムの指定引取り場所に、直接自分で持ち込む場合には費用は掛かりません。しかしながら、廃棄二輪取扱店(バイク販売店)に持ち込む場合や、自宅まで取りに来てもらう場合には収集運搬費用が掛かります。

※廃棄に伴うリサイクル費用は掛かりません。

また、事前に廃車をしておく必要があります。廃車手続きに不安がある場合には、廃棄二輪取扱店(バイク販売店)に相談してみましょう。

指定引取り場所や廃棄二輪取扱店の一覧や、二輪車リサイクルシステムの詳細については、
Jarc公益財団法人自動車リサイクル促進センターのホームページで確認ができます。

バイクの廃車・処分専門業者に依頼する

バイクの廃車・処分を専門に行っている業者もたくさん存在します。

多くの処分業者は、「引取り・処分・廃車(登録抹消)手続き代行をすべて無料で行う」という業者が多いです。

処分を専門に行っており、引き取ったバイクは海外に輸出したり、バラバラにして部品単位で再利用・売却したりする業者が多く、買取専門店やバイク販売店で処分費用が掛かってしまうと言われたバイクでも無料で引き取っていく場合もあります。

一方で、無料と言いながらも引取りに来てもらったら費用を請求されたようなケースも存在するようです。

処分専門業者を選ぶ際には、廃車(登録抹消)手続きも含め、きちんとした業者を選ぶことが必要です。

その他

他にも、バイクだけでなく家具や電化製品などの不用品を回収する、不用品回収業者の巡回トラックに処分依頼をしたり、自動車解体業に依頼するという方法もあります。

しかしながら、これらの方法はあまりおすすめしません。

不用品回収トラックの場合、廃車(登録抹消)手続きの流れが曖昧であったり、手続き完了がきちんと確認できない場合もあります。

また、解体業者の場合、業者メインの商売のところが多く、個別の持ち込みが断られたりする場合もあります。 もちろん、すべての業者が該当するわけではありませんが、見極めが難しい事は否めません。

おすすめの処分方法は買取専門店に依頼

動かないバイクやボロボロで放置されているバイクで捨ててしまおうと思っている方でも、まずは買取専門店に連絡してみることをおすすめします。

バイクの買取専門店は、買い取ったバイクを業者のオークションに出品したり、整備や修理をして店舗で再販します。

もしバイクの状態が悪くても、パーツや部品だけで有効活用できたり、場合によっては輸出のルートを持っているケースもあります。

どうせ売れないだろうと決めつけてしまうと、もしかしたら損をしてしまう可能性は大いにありますので、まずは査定を受けてみると良いでしょう。

もちろん自宅まで無料で来てくれますし、査定自体には費用は掛かりません。査定をしてらったうえで、処分を依頼するか否かは決めることが可能です。

  • 自宅まで無料で来てくれる
  • 処分時の名義変更や廃車手続きを代行してくれる
  • 査定額が付いて売れるかもしれない
  • 処分費用が掛かる場合には断ることも可能
  • 断っても費用は掛からない

というようなメリットがありますので、おすすめの処分方法です。

もちろん、買取専門店でもバイクの状態によっては査定額が付けられないような場合もあります。

まとめ

○バイクは簡単には捨てられない

○手放す際は、廃車(登録抹消)手続きや、名義変更手続きが重要

○廃棄(捨てる)するつもりでも、買い取ってくれる場合もあるので、まずは査定をしてもらうのがおすすめ

バイクを手放すにも、方法はいくつかあることは記載の通りです。

友人や知人に譲渡する場合は別にして、良くあるケースとしてはボロボロのバイク・不動車・故障車の場合「どうせ売れないだろう」という思い込みで、損をしてしまうケースです。

ボロボロのバイク・不動車・故障車の場合「どうせ売れないだろう」という思い込みで、損をしてしまうケースです。

バイクの場合は、リユース性の高い製品ですので、買取専門店やバイク販売店に査定をしてもらうと思わぬ査定額が付く場合もあります。 バイクを廃棄しよう(捨てよう)を思った際には、まず、「売却」を第一に考えることで得をすることもありますので、買取専門店の無料査定を一度試してみることがおすすめです。


※本記事は2019年1月に記載しています。ご活用の際は、有用性をご確認くださいますようお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました