バイクを売る時はどこで売る?バイクの売却先のメリットとデメリット

バイクを売るイメージ画像 バイクを売る

バイクを売却しようと思った時、いったいどこに依頼すれば良いのでしょうか?

すぐに思いつくのはバイクの買取専門店やバイクショップです。また、メルカリなどのフリマアプリやヤフーオークションでも、たくさんのバイク車体の出品がされており、個人売買という方法もあります。

ここでは色々あるバイクの売却先の解説とメリット、デメリットをそれぞれ解説します。

スポンサーリンク

バイク買取専門店に売る

真っ先に思いつくのは、大手の「バイク王」をはじめとする、いわゆるバイク買取専門店ではないでしょうか?

バイク王以外にも、バイクワン、バイクランド(旧ゲオバイク)、バイクボーイなどが有名です。また、各地域に密着した買取専門店もあり、実は多数の買取専門店が存在します。

バイクを買い取ることに特化した商売を行っていますので、売却の流れは非常にスムーズです。

買取専門店でバイクを売るメリット

出張査定を無料でしてくれる

多くの買取専門店が、無料で自宅まで出張査定をしてくれます。

そのため、自分でバイクを持ち込む必要がありません。車検切れ、自賠責保険切れで公道が走れないバイクや、動かない故障車や不動車でも査定依頼ができます。

面倒な手続きをすべて代行してくれる

バイクを売却したあとの、名義変更や廃車の手続きを代行してくれます。

自分で行う場合は、時間も手間もかかりますし、また、不慣れな手続きが多いため、わからないこともたくさんあります。買取専門店の場合、面倒な手続きを全て代行してくれますので、名義変更後の確認書類が送られてくるのを待つだけです。

ほぼ確実にすぐに売却できる

買取専門店の場合、査定額に納得できれば、確実に売却ができます

不動車や、事故車、故障車でも買い取ってくれるのも買取専門業者の強みでしょう。(※車両状態によって、査定額が付かない場合は、無料引取りや処分料が掛かる場合もあります)

急ぎで売却したいときや、すぐに処分したい時は即日引き上げをしてくれます。

高く売れる可能性がある

買取専門店の場合、ユーザーからバイクを買い取ることを商売にしていますので、買取に関しての流通コストや経費の効率化ができています

また、大手買取店の場合、小売りの実店舗を持っていて、通常のバイクショップが掛かる中間マージンなしでバイク販売ができる仕組みをもっているところもあります。

そのため、査定時の交渉がうまくいけば、高額査定を引き出すことも可能です。一般的には、バイクショップに売却するよりも高額の査定額が出たというケースが多いです。

買取専門店でバイクを売るデメリット

査定時の交渉によっては買いたたかれる

買取専門店の場合、商売の形態上、買取り額が安ければ安いほど儲かります。当然、商売として買取事業を行っているので、できるだけ安く買い取ろうとしてきます。

そのため、売却する側も、何の準備もしないで提示査定額を鵜呑みにしていると損をしてしまう場合もあります。ある程度、買いたたかれないような準備をしたり、知識を持っておく必要があります。

出張買取りなどを依頼した時の交渉のポイントなどは、以下の記事にまとめていますので是非参考にしてみてください。

バイクショップ、ディーラーに売る

バイクを購入した販売店や、購入していなくても近くに販売店やディーラーがある場合は、ショップに売るという選択肢もあります。

乗り換え時の下取りなどは、高額な査定が付く場合もありますし、仲の良いショップや懇意にしているショップがあるのであれば、色々相談に乗ってくれることもあるでしょう。

バイクショップ、ディーラーに売るメリット

場合によっては、買取専門店よりも高額で売却できる可能性がある

一般的には、バイク買取専門店のほうが、バイク販売店より高額の査定評価で売却できていることが多いです。しかしながら、バイクショップのほうが買取専門店よりも高額で買い取る場合も少なくありません。具体的には、以下のような場合です。

①乗り換え時の下取りの場合

次のバイクを購入することを検討している中での「下取り」となると,高い査定をしてくれる場合があります。仮に、下取りしたバイクで利益が上がらなくても、バイクが売れることで利益が取れるからです。

極端な言い方をすれば、下取りしたバイクは利益ゼロで業者オークションに出品してしまっても良いと判断することがあります。そのため、ショップがバイクを売りたい時の下取りは、思わぬ高額査定が付く場合があります

ただ、この場合はあくまでも乗り換えの商談をしている最中に査定をしてもらうのがコツです。次のバイクの契約が決まった後では、高い査定額を出す必要が無くなってしまうからです。

② そのショップが欲しいバイクだった時

一般的に中古バイクの販売店の場合、商品となるバイクは業者オークションで仕入れてきます。

業者オークションは全国のバイク販売店が加盟しており、仕入れたいバイクがあった場合は競り合って落札する必要があります。また、運よく落札できたとしても、運送料や落札手数料なども掛かる仕組みになっています。

そのため、店頭に置いて販売したい車両、または、常連客から頼まれている車両など「販売店が欲しいバイク」の場合は、高値で買い取ってくれる場合もあります。

主に、中古車販売に力をいれているショップの場合は、店頭の在庫車両のラインナップにも力を入れている場合が多いので狙い目です。

③ 自分の店で販売した車両の時

自分のお店が売ったバイクで、メンテナンスや車検などもやっていた場合、そのバイクの状態、素性は良くわかっていることが多いです。

基本的にバイクを買い取る時は、損をするわけにはいきませんので、業者オークションの流通価格を参考にしながら利益なども計算し査定額を算出します。この際に、修理や整備が必要になる場合のリスクも加味します。

買い取った後に、不具合が出てきて余計なコストが掛かって赤字になったら元も子もないからです。

しかしながら、自分の店で販売し、素性のはっきりしたバイクであれば強気の査定をすることも可能という事です。

面倒な手続きをすべて代行してくれる

バイクショップやディーラーの場合、買取り業者と同じで、面倒な手続きを代行してくれます

バイクが売れた時なども含め、バイクの登録業務や名義変更、廃車なども日常業務ですので、すべてお任せして問題ありません。名義変更の終了確認だけで大丈夫です。

バイクショップ、ディーラーに売るデメリット

中には買取りをしないショップもある

お店によっては、中には下取りや買取りを一切やっていないショップもあります。また、買取る場合でも、「自分のお店で販売した車両だけ」というようなショップもあります。

そのため、まずは買取りしてくれるのかどうかの確認から始める必要があります。

出張査定をしてくれないところもある

買取はしてくれる場合でも、出張査定はしていないため、お店に持ち込まないといけないケースもあります。もちろん、買取りに力を入れているバイクショップもたくさんありますので、中には買取り業者同様に、無料での出張査定を積極的にしてくれるお店もあります。

そのため、出張査定をしてくれるかの確認をしなくてはならない事と、出張査定が不可能な場合は持ち込まなくてはならない事はデメリットと言えるでしょう。

買取専門店よりも査定額が落ちる場合もある

メリットして、「場合によっては」買取店より高く売れる可能性があるとご説明しましたがが、買取専門店より査定金額は落ちるケースもあります。

要因はいくつかありますが、一番の要因はバイクの流通の仕組みです。バイク販売店がバイクを買い取った場合は、自分の店で小売りするか、業者オークションに出品します。

小売りする場合は、売る自信がなければ当然安めの査定額を出すか、もしくは業者オークションに出品する前提で査定額を出します。

買取専門店の場合、毎月何十台、何百台と買取りを行っているため、同じ業者オークションに出すとしても、かかるコストの圧縮や確保する利幅額でバイクショップよりも優位に立っており、査定額に差が出てくると言う訳です。

とはいっても、査定をしてみないとわからない部分もありますので、査定をお願いできるショップがある時は、ぜひ依頼してみましょう。査定額を聞いてから決断すれば良いのです。

※バイクショップへの売却については以下の記事でもまとめていますので参考にしてみてください。

個人売買で売る

バイクの個人売買というと、ヤフオクやメルカリなどのサイトやアプリのサービスがあります。ほかにも、ジモティーやラクマなどのサービスもあります。

既存の個人売買サービスを通さずに友人や知人に売却するという事も含めて、個人売買でのメリットとデメリットを紹介します。

個人売買で売却するメリット

自分の希望価格やそれ以上で売却できる可能性がある

ヤフオクやメルカリなどのサービスを通す場合でも、通さない場合でも、売却価格は自分で設定することになります。

また、オークション形式のサービスを使う場合であれば、競り合うことによって希望額以上の値段が付く場合もあります。

もちろん、買い手が付けばという条件付きになりますが、「希望価格で売れる」可能性がありますし、買取専門店の査定額では出せないような価格で売却できるチャンスがあります。

個人売買で売却するデメリット

すぐに売れるかはわからない

ヤフオクやメルカリなどを使って個人売買サービスに出品する場合は、買い手が付くかどうかが不明瞭です。

もしかしたら、欲しい人が現れず、出品価格を下げざるを得ないかもしれませんし、仮に値段を安くしたところで、買い手が付くかどうかは保証できません。

名義変更などの手続きはすべて自分行う必要がある

買取専門店やバイクショップで売却をしたときには代行してくれる名義変更などの手続きを自分や購入者が行わなくてはなりません。

市区町村役場や陸運局に行くために、平日に時間を取らなくてはなりませんし、見たこともない不慣れな書類の作成もあります。

もちろん、個人でもできますが、ある程度の時間と手間が掛かるのは認識をしておく必要があります。

個人売買ならではのトラブルがある

ヤフオクやメルカリのようなサービスに限らず、個人売買であるが故のトラブルはよく聞く話です。

「いつまでたっても名義変更がされない」

「ノークレームノーリターンのはずなのに、クレームを付けられた」

「バイクは渡したけどお金が全額振り込まれない」

などなど、トラブル事例はたくさんあるようです。もちろん、しっかりとリスク回避を考えて対策をすることで防御はできますが、見知らぬ人との個人売買はリスクがつきものです。

リサイクルショップや処分専門業者、回収業者に売却する

「買取専門店」「バイク販売店」「個人売買」のほかに、バイクを売却する売却先はないのでしょうか?

50㏄や125㏄の原付バイクであれば、リサイクルショップでも買い取ってくれるところもあります。

また、バイクの廃車・処分専門業者の場合、基本的には無料での処分・廃車となる場合がほとんどですが状態が良い場合は交渉によっては買取りしてくれるケースもあるようです。

しかしながら、売却という面では、特にメリットはありません。

処分に値するようなボロボロなバイクでも、まずは査定を依頼してみることで、買い取ってくれる可能性もあるので、まずは買取専門店やバイクショップに査定を依頼してみることをおすすめします。査定自体は無料で行ってくれるところがほとんどです。

まとめ

○手間なく簡単に売却するなら買取専門店が一番

○ポイントを押さえていれば、買取専門店で高く売れる

○乗り換えの場合は、ショップの下取り額もチェック

○手間は掛かるが、一番高額で売れる可能性があるのは個人売買

○個人売買の場合は手間やリスクもあることは認識しておく

いかがでしたでしょうか?

手間や時間を掛けることができて、売却を急いでいない場合は、個人売買にチャレンジしてみても良いかもしれません。

また、次のバイクを購入する予定の方や、懇意なバイクショップがある方は、バイクショップの査定額も聞いてみることをおすすめします。

バランス的には、買取専門店に依頼することが、手間なく簡単にバイクの売却ができ、それなりの高額査定が狙えるためおすすめの売却方法と言えるでしょう。


※本記事は2019年1月に記載しています。ご活用の際は、有用性をご確認くださいますようお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました