バイクを売る時に任意保険はどうする?解約方法と中断証明書について

バイク任意保険の解約と中断証明書 バイクの保険

バイクを手放す時に、加入している任意保険はどうしたら良いのでしょうか?

一般的にはバイクを手放す際には、保険会社に解約の手続きを行うのが一般的です。

また、いずれ再びバイクに乗る可能性がある場合には「中断証明書」をもらっておく事で、保険の等級を引き継ぐこともできます。

ここでは、バイクを手放す時の任意保険の解約方法と中断証明書について解説しています。

※自賠責保険の解約については、こちらの記事を参考にしてみてください

スポンサーリンク

バイクを手放す時は任意保険を解約する

バイクを売る場合など、手放すタイミングで任意保険もちょうど切れるという事は少ないでしょう。

多くの人は、手放す時に、任意保険期間がまだ残っているという状況ではないでしょうか?

保険料が月額払いであれば、支払いを止めることができますし、年払いなら解約することで保険料(解約返戻金)が戻ってくる場合もあります。

そのため、バイクを手放す際には任意保険を解約します。 また、詳しくは後述しますが、中断証明書をもらっておくことで、後々大きなメリットになる事があります。

任意保険の解約方法と必要な書類

まず、任意保険を解約するには、次のものを用意する必要があります。

  • 保険証書(自動車保険証券)
  • 身分証明書
  • 印鑑
  • 銀行口座がわかるもの(返戻金がある場合の振込み用)

最近は任意保険をダイレクト保険(チューリッヒやアクサ、三井ダイレクトなど)で加入している人も多くなってきていますが、このような場合には、コールセンターに解約の連絡をすることで手続きができます。

中には、後日書類が送られてくる場合もありますが、その場合には必要事項を記入して返送すれば問題ありません。

また、バイクショップなど、保険代理店を通して任意保険に加入している場合には、ショップ(代理店)に連絡することで解約が可能です。

通常、解約は日付を指定できますので、手放すことが決まったら早めに手続きをしましょう。

また、最後にバイクに乗る日を考慮して、解約日を指定しないと無保険でバイクを運転する羽目になるので注意が必要です。

保険の解約日に注意

例えば、知人に譲る場合などで、自分でバイクに乗って引き渡す場合には、引き渡し日まで保険が適用できるようにしておく必要があります。

中断証明書ってなに?

あまり知られていませんが、車やバイクの任意保険には中断制度と言うものがあります。これは、保険を一時的に中断する場合に、所定の条件を満たすとき、保険の再契約時は中断時の等級を引き継げるという制度です。

一旦バイクを手放しても、また数年後にバイクに乗る可能性があるならば、この中断証明書をもらっておけば解約時点の保険の等級を引き継ぐ事ができます。

普通は任意保険を解約してしまと、再び加入する時には初心者と同じ6等級での加入になります。

ただ、保険解約時に等級がそれ以上(7等級以上)であるならば、再加入時も解約時の等級からスタートできます。

等級は保険料にも影響してきますので、6等級からリスタートするよりもずっとお得です。

中断証明書は、原則10年間は有効になりますので、「絶対にバイクにはもう乗らない」という事でなければ、とりあえずもらってく事をおすすめします。

なお、中断証明書は他社の保険会社でも使用が可能です。A社でもらった中断証明書があれば、再加入をB社の保険にするときにも有効という事です。

また、バイクの種別が異なる場合など、中断証明書が適用できない場合もある事は認識しておきましょう。

(125㏄以下の原付の中断証明書は250㏄以上の保険加入には使用できません)

中断証明書の引継ぎ

中断証明書は、配偶者や同居の親族であれば等級を引き継ぐことも可能です。例えば、自分の息子(同居)がバイクに乗る事になった時には、自分の中断証明書の等級で保険の加入ができてしまうのです。ただ、親族に引き継いだ場合には、自分がバイク保険に加入する時は6等級からのスタートです。

中断証明書のもらい方

中断証明書のもらい方は非常に簡単で、任意保険の解約時に申し出れば大丈夫です。特に費用も掛かりません。

しかしながら、中断証明書をもらうにはいくつかの条件があります。

◆申し出期間は保険の満期日または解約日から13ヵ月以内であること

◆解約時の等級が7等級以上であること

保険の解約日までにバイクが次のいずれかの状態にあること

  • 解約日までに、廃車、譲渡、リース業者へ返還されている
  • 車検が切れている
  • バイクが盗難されている
  • 他の保険契約で加入しているバイクと車両入替
  • 災害による滅失

※非常に簡単に言うと、所有したままでは中断できないという事です。

※保険会社によっては、これらの状態にある事を証明する書類が必要になるケースもあります(車検証や盗難届、廃車証など)。中断証明書を依頼する時(保険の解約連絡時)に確認しておきましょう。

また、バイクを手放す時の中断証明書は中断制度の「国内特則」にあたりますが、海外へ長期出張や留学する場合には「海外特則」で中断証明書をもらう事ができます。

バイクを乗り換える時の任意保険はどうする?

バイクを手放す時の任意保険の解約について説明しましたが、手放すだけでなく、別のバイクに乗り換える時はどうしたら良いのでしょうか?

このばあいには、乗り換え前と後のバイクの種別によって変わってきます。

任意保険をそのまま「車両入れ替え」で引き継げる場合と、一度解約し、再加入しなくてはならない場合があります。

詳しくは以下の記事にて解説していますので、乗り換えの場合にはこちらを参考にしてみてください

まとめ

◆バイクを手放す時には任意保険は解約しよう

◆解約で払戻金がある場合もある


◆ 解約時には中断証明書をもらっておくと、後々便利!

保険はバイクを購入する時には意識する人が多いですが、意外と手放す時には手続きを忘れてしまう事も多いです。

特に、保険料が年払いの場合には請求も来ない(すでに1年分払っているので)そのまま放置してしまう人も多いのが現状です。

きちんと手続きをすることで、保険料が戻ってくる場合もありますし、中断証明書はもらっておいて損はありません。

また、中断証明書をもらうのを忘れていた人は、13ヵ月以内であれば申請が可能なのでもらっておくと良いでしょう!

※本記事は2019年4月に記載しています。ご活用の際は、有用性を確認くださいますようお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました