バイクのロードサービスは任意保険で実質無料で受けるのが得!

ロードサービスの画像 バイクの保険

バイクでツーリング中にトラブルがあった時に、ロードサービスが使えると非常に便利です。

トラブル時のロードサービスは、車で有名なJAFやバイクではZuttoRideclubが有名ですが、いずれも有料サービスになっています。

しかしながら、バイクの任意保険には付帯サービスとしてロードサービスが受けられる会社が複数存在しています。

このような任意保険に加入すれば、いざという時のロードサービスが実質無料で受けられるようになるのです。

ここでは、ロードサービスの付帯がある任意保険を比較しています。

スポンサーリンク

そもそもロードサービスは必要か?

バイクに限らず車でも同じことが言えますが、どこかへ外出する時に利用するのがバイクや車です。

また、どちらも機械ですので、不慮の故障や不具合はいつ何時発生するかはわかりません。

不具合のみならず、ガス欠や鍵の閉じこみなど、人為的なミス・トラブルも同様です。

そんなときに、どうしたら良いでしょうか?自宅の近隣や地元であれば友人や家族が助けに来てくれるかも知れません。しかしながら、誰にも連絡が付かなかったり、見知らぬ場所であったり、夜中であったりするケースもあるかも知れません。

ロードサービスの場合、24時間365日対応してくれることに加え、自宅から遠い場所だとしても救助に来てくれます。

万が一の備えにロードサービスが使える事は非常に便利なのです。

ロードサービスを実質無料で受ける方法

バイクのロードサービスを利用する方法はいくつかあります。

ただ、冷静に考えてみると、ロードサービスが必要になるようなトラブルが起きることは、基本的には少ないと思います。

年に1~2回くらいでしょうか?もしかしたら、年に1度も起きない場合もあるでしょう。

とはいえ、何かあった時にはロードサービスが無いと困ります。

そのような状況の中で、ロードサービスのためだけに費用を使うのはもったいない気もします。

そこで、おすすめなのがロードサービス付きのバイク保険(任意保険)を選ぶことです。

昨今のバイク保険には無料ロードサービスが付帯されている保険も数多く、バイク保険に加入すると実質無料でロードサービスが受けられます。また、サポート内容も充実しています。

他にも、実質無料でロードサービスを使う方法としては、ロードサービスが付いているクレジットカードを契約したり、ディーラーでバイクを購入するとロードサービスが受けられるケースもあります。

ロードサービスが付帯される保険会社

バイクの任意保険を扱っている保険会社で、ロードサービスが付帯可能なところは次の5社です

また、次の3社も特約の付帯することでロードサービスが利用できます。

任意保険に加入しつつ、ロードサービスを利用したい場合は、この中のバイク保険に加入すると良いでしょう。

無料の一括見積りサービスインズウェブバイク保険
バイク保険

ロードサービス付き任意保険を比較してみた

各社とも、任意保険に加入することでロードサービスが付帯されることは変わりませんが、サポート内容については各社で異なります。

具体的に、ポイントとなる「無料のレッカー範囲」「ガス欠時のガソリン給油」「バッテリー上がり」「帰宅時の対応」に絞って比較してみましょう。

保険会社レッカー
無料範囲
ガス欠時
ガソリン補給  
バッテリー上がり時
のジャンピング
帰宅困難時の対応
の対応  
チューリッヒ100kmまでガソリン10Lまで無料
※保険期間中1回まで
無料
※保険期間中1回まで
帰宅交通費
宿泊費全額サポート
アクサダイレクト50㎞まで
保険会社指定工場なら無制限
ガソリン代実費で補給
※保険期間中1回まで
※2年目以降無料
無料
※保険期間中1回まで
帰宅交通費
宿泊費全額サポート
損保ジャパン15万円まで(約180㎞程)
保険会社指定工場なら無制限
ガソリン10Lまで無料
※保険期間中1回まで
無料無し
共栄火災15万円まで(約180㎞程)ガソリン10Lまで無料
※保険期間中1回まで
無料宿泊最大1万円/人
交通費最大2万円/人
三井ダイレクト50㎞まで
保険会社指定工場なら無制限
ガソリン代実費で補給
※保険期間中1回まで
※2年目以降無料
無料帰宅交通費
宿泊費全額サポート
あいおいニッセイ
※特約の契約必要
15万円まで(約180㎞程)ガソリン無料補給
※保険期間中1回まで
無料
※保険期間中1回まで
宿泊最大1.5万円/人
交通費最大2万円/人
三井住友海上
※特約の契約必要
30万円までガソリン10Lまで無料
※保険期間中1回まで
無料
※保険期間中1回まで
宿泊最大1.5万円/人
交通費最大2万円/人
AIG損保
※特約の契約必要
30万円までガソリン10Lまで無料
※保険期間中1回まで
無料
※保険期間中1回まで
宿泊最大1万円/人
交通費最大2万円/人

いずれも必要最低限のサポートは網羅していると言えます。

しかしながら、各社で色々特徴や差もあります。

たとえばチューリッヒやアクサダイレクトなどのロードサービスでは、トラブルが発生して目的地(宿泊施設や行楽地)に行けなかった時のキャンセル費用の全額サポートなどもあります。

また、レッカーの無料搬送距離も各社まちまちです。基本的には少なくとも保険会社の指定(提携)の整備工場までは無料で搬送ができると思います。

詳細な内容に関しては、各社のホームページやパンフレットなどで確認してみてください。

無料の一括見積りサービスインズウェブバイク保険
バイク保険

任意保険のロードサービスの注意点

任意保険で付帯されるロードサービスの注意点としては、基本的に保険契約のバイクのみ(契約車両のみ)が対象になるという事です。

例えば、友達のバイクや家族の車を運転していた時や、自分で所有してるバイクでも保険に加入していないバイクは対象外になるということです。

もし、自分が運転する全ての車両にロードサービスを受けたいという場合は、JAFの会員になると良いでしょう。

JAFの場合はレンタカーや借用車でも問題なく、運転者ではなく同乗者であった場合でもロードサービスが受けられます。

また、全てのバイク任意保険にロードサービスが付帯されている訳ではありません。

中には、保険加入に加えて特約として契約が必要な会社もあります。

他にも、ガス欠のレスキューは自宅の場合には対象外であったり、細かく規定が設けられています。

加入する際にはロードサービスの規約なども良く確認したうえで契約をするようにしましょう。

まとめ:ロードサービスは任意保険の付帯で実質無料

バイクのロードサービスは、任意保険付帯のもので充分な内容のサービスが受けられます。

基本的には、ガス欠やバッテリー上がり、応急処置からレッカーまでは、どこの任意保険でも網羅されています。

(※一部の保険会社の場合は、ロードサービス特約のような形で、特約の契約が必要なので注意が必要です。)

万が一の備えではありますが、ロードサービスは非常に便利です。 任意保険自体も万が一の備えですが、合わせて検討してみるのも良いでしょう。

また、一番はトラブルが起きないように、日頃のメンテナンスや安全運転が大事です。

楽しいバイクライフを送っていただけたら幸いです。

※本記事は2019年2月に記載しています。ご活用の際は、有用性を確認くださいますようお願い致します。
タイトルとURLをコピーしました