バイクの任意保険の選び方のポイントとおすすめのバイク保険

保険を選ぶバイクの保険

バイクに乗るうえで、任意保険に入ることは非常に重要です。

車でも同じですが、どんなに運転が上手い人でも事故を起こす可能性はゼロではありません。

万が一の備えとして、保険(任意保険)に加入することは、自分の人生を守ることにも繋がります。

では、任意保険を選ぶにあたり何を基準に選べば良いのでしょうか?

保険は用語や仕組みがイマイチ分かりにくいですよね

そのため、ここでは

  • バイクの任意保険の特徴や補償内容
  • バイク保険の選び方
  • おススメのバイク保険

について詳しくまとめています。

スポンサーリンク

バイクの任意保険の特徴と補償内容

まず、任意保険と自賠責保険の違いについて簡単に触れておきたいと思います。

バイクに乗る以上、必ず加入が必要になるのが自賠責保険です。

別名、強制保険とも言われますが、自賠責保険に未加入で公道を走行すると

  • 1年以下の懲役または50万円以下の罰金
  • 違反点数6点で免許停止処分

と、非常に厳しい罰則が定められています。

もうひとつのポイントとして、自賠責保険は対人賠償のみの保険だということ。

他人(相手)の車やモノには賠償ができない保険です。また、対人賠償においても上限額が決まっています。

一方、任意保険は「任意」となりますので、加入が義務付けられている訳ではありません。

しかしながら、任意保険は自賠責保険では補償されない部分をカバーしてくれます。

仮にですが、相手を死亡させてしまった場合に、自賠責保険では3,000万円の補償が上限となっています。

つまり、賠償額が3,000万円を超えてしまった場合は、自己負担となるという事です。

過去の実例からも、3,000万円を超える賠償命令が出たケースは少なくありません。実際に「数億円」の賠償額になったケースもあります。

このような際に、カバーしてくれるのが任意保険という事ですね。

関連記事≫バイクの任意保険が必要な理由と自賠責保険との違い

自賠責保険と任意保険の違い

自賠責保険と任意保険の補償範囲

バイクの任意保険の主な補償内容

任意保険でカバーが可能な主な補償内容は以下の通りです。(※個々の契約内容にも依ります)

◆対人賠償保険・・・相手方に対する自賠責保険の補償額を超える分を補償

◆対物賠償保険・・・他人の車や建物など財物(モノ)に対しての補償

◆人身傷害保険・・・運転者や搭乗者が怪我をした場合に実際にかかった損害の補償

◆搭乗者傷害保険・・・運転者や搭乗者が死傷した場合に定額で補償

◆自損事故保険・・・自損(単独)事故で、運転手が死傷した場合に保険金が支払われます。

◆無保険車傷害保険・・・保険未加入などで、相手方の賠償能力が不足している時に適用される補償

◆車両保険・・・自分の車の破損の修理費用を補償。

これらの保険から、自分の希望する補償内容や補償額を考慮し、契約をするのが任意保険という事ですね。

バイク保険の補償内容(種類)をより詳しく知らいたい場合には、下記の記事も参考にしてみて下さい。

関連記事≫バイク保険にはどんな種類がある?補償内容をわかりやすく解説

バイク保険を選ぶときに補償内容で重視すべきポイント

バイク保険を選ぶときに補償内容で重視すべきポイント

バイクの任意保険の補償内容や金額は、人によって大きく違います。

契約者の収入や家族構成、年齢などがそれぞれ違うからです。

そのため、全員にぴったりな最適プランというものは存在しません。

では、何を重視して決めたら良いのでしょうか?ここでは、重視すべきポイントについてまとめてみます。

対人賠償、対物賠償は無制限が基本

最も賠償金額のリスクが大きいのは対人・対物補償です。

過去の事例でも、数億円を超える賠償命令が出た事もあります。

実際の判例でみてみましょう。

【人身事故高額賠償判例】

認定損害賠償額被害者被害判決年
約5億2,800万円男性・41歳・医師死亡平成23年
約3億9,700万円男性・21歳・大学生後遺障害平成23年
約3億8,200万円男性・29歳・会社員後遺障害平成17年
約3億7,800万円男性・23歳・会社員後遺障害平成19年
約3億6,700万円男性・38歳・医師死亡平成18年

 

【物損事故高額賠償判例】

認定損害賠償額損害内容判決年
約2億6,135万円トラックの積荷(呉服、毛皮などへの損害)平成6年
約1億3,450万円パチンコ店の店舗被害平成8年
約1億2,036万円電車脱線、踏切の復旧賠償平成17年
約1億1,798万円積荷の損害(おむつ製造機)平成23年
約1億1,197万円電車・踏切の損害平成10年

バイク保険に加入する時に、対人・対物の補償金額は、3,000万円、5,000万円・・・無制限と自分で設定が可能です。

しかしながら、上記のような判例を見てもわかる様に、対人・対物補償に関しては億を超えてしまうようなケースもあります。

また、仮に補償金額を低めに抑えたところで、年間の保険金は数千円程度しか変わらないケースがほとんどです。

万が一の場合に補償額が不足するリスクは大きく、ハイリスクローリターンであると言えます。

そのため、対人補償・対物補償は無制限にすることで、万が一に備えるのが基本です。

人身傷害や搭乗者傷害はバイクの乗り方に応じて選択

人身傷害搭乗者傷害は、非常に似ているため、違いが良くわからないという人も多い補償です。

まず、両方ともバイクの場合で言うと、自分(運転者)と搭乗者(タンデムで後ろに乗せた人)が補償対象になります。

人身傷害は、自分や搭乗者に対して治療費、精神的補償、休業補償など「実際に掛かった費用」を保険金で支払う傷害保険です。

これに対して、搭乗者傷害は自分や搭乗者に対して、あらかじめ決められた症状に応じた「定額の金額」を保険金で支払う傷害保険です。

一般的には、「実際に掛かった費用を保険金上限まで補償してくれる」人身傷害を優先して選択する方が多いようです。

また、搭乗者傷害は人身傷害に上乗せして「骨折の場合○万円、打撲の場合○万円」というように、定額で保険金が支払られます。

そのため、人身傷害のオプションとして考える方が多いです。

人身傷害は3,000万円~5,000万円で選択する方が多いようですが、バイクの用途やタンデムの有無なども考慮し考えてみると良いでしょう。

デメリットとしては、人身傷害保険を付けると保険料が高くなりがちということ。

もし、保険料が気になる方は下記の記事も参考にしてみて下さい。

関連記事≫バイクの任意保険で人身傷害は必要なの?わかりやすく解説!

自損事故保険と無保険車傷害保険はセットが普通

自損事故保険と無保険車傷害保険は、対人賠償保険に自動的に付帯されるのが一般的です。

そのため、付帯するかどうかは悩む必要はありません。

各保険会社の契約内容を確認して、自動で付帯される補償内容である事を確認しておきましょう。

バイクの車両保険は割に合わない?

バイクに限って言うと、車両保険に関しては加入のメリットが少ないと言えます。

盗難には適用できない事や、趣味性の強いバイクの場合は適正な車両価値が評価されない場合もあります。

その割には、車両保険に加入することで、支払う保険料は格段にUPします。

そもそも、バイクに関しては車両保険を扱っていない保険会社も在るくらいです。

負担金額とのバランスを考慮しても、「一部の車両を除いては」必要性は低いのではないでしょうか。

※バイクの車両保険に関しては、下記の記事でより詳しくまとめていますので、参考にしてみてください。

関連記事≫バイクに車両保険は必要なの?実は割に合わない?

また、前述のとおり車両保険は盗難には適用できない事がほとんどです。

ただ、バイクの盗難は昨今でもかなりの件数が発生しています。

盗難保険が気になる場合には、任意保険とは別に盗難保険単体で扱っている「ZuttoRideClub」がおススメです。

盗難保険のZuttoRideclub

ロードサービスや特約にも注目

バイクの任意保険を選ぶ場合に、検討材料としてぜひ入れたいのがロードサービスです。

ロードサービスは、事故以外でも、ツーリング先の故障やガス欠などのトラブル時に、非常に便利です。

ロードサービス自体は、さまざまな方法で利用ができるのですが、多くの保険会社では任意保険の付帯サービスとしてロードサービスを用意しています。

保険に加入することで、無料で利用できるという事ですね。

ただ、各保険会社によって、サービスの内容に多少の差はあります。

そのため、保険選びの際には、ロードサービスの内容もチェックする事をおすすめします。

関連記事≫バイクのロードサービスは任意保険で実質無料で受けられる!

また、任意保険の場合、各保険会社によって色々な特約が存在します。

普段のバイクの乗り方などをもとに特約を付帯することもおすすめ。

いくつかご紹介しましょう。

(※特約に関しては、各保険会社によっての違いがあります。詳細や補償条件は各保険会社で確認をお願いいたします)

◆ 携行品特約

バイクに乗っている時の、身の回りの物を補償する特約です。

昨今は高価なカメラなどをツーリングに持っていく方も増えているようですので、そのような方にはお勧めです。

◆ 他車運転特約

自分のバイクのみならず、他者のバイクを運転していても保険が適用できる特約です。 友人のバイクを借りたり、レンタルバイクを多く利用する方にはおすすめです。

◆ 弁護士費用特約

事故を起こし相手方と揉めてしまったときの、弁護士さんへの相談費用や依頼費用を補償してくれる特約です。

関連記事≫バイク保険に弁護士費用特約は必要??

対物全損時修理差額費用特約

少し複雑な話になりますが、対物補償が無制限でも実際には無制限で払われない場合があります。

実は、「法律上の損害賠償責任は時価額が限度」と決まっているからです。

対物賠償の保険金額が「無制限」と言うことは、「法律上の損害賠償責任を負担するうえで被る損害を無制限で補償する」という意味合いになります。

仮に、事故の相手方が全損になった時には時価額での賠償になりますが、相手方が時価額を超えて修理する場合に、対物全損時修理差額費用特約をつけることで50万円を限度にプラスして修理代を相手に支払うことができます。

ファミリーバイク特約の注意点

ファミリーバイク特約の注意点

バイクの保険の話になると、良く出てくるキーワードがファミリーバイク特約です。

ファミリーバイク特約とは、車や一部のバイクの任意保険に加入した時に付帯できる特約です。

主たる任意保険の被保険者、もしくはその家族が「125㏄以下」のバイクに乗る場合に補償が適用できる特約です。

注意が必要なのは、よく、ファミリーバイク特約を付帯していることで、全てのバイクを運転する時に適用されると勘違いされているケースがある事です。

「ファミリーバイク特約を付けているから、バイク保険は不要!」と思っていても、そのバイクが125㏄を超えている場合には補償対象にはなりません。

125㏄を超える排気量のバイクにお乗りの場合には、別途任意保険に加入する事をおすすめします。

関連記事≫原付も任意保険は必要?ファミリーバイク特約について解説!

コスト面で選ぶならおすすめはダイレクト保険

昨今では、バイク保険もダイレクト保険(通販型)を選ぶ方が増えてきています。

ダイレクト保険とは、Webや電話で契約者と保険会社が直接契約を結ぶ保険のことです。別名「通販型」とも言います。

これに対して、代理店を介して保険に加入するのが「代理店型」保険です。

昔はバイクを購入すると、バイクショップが保険代理店も兼ねており、ショップが任意保険の加入もサポートしてくれるのが一般的でした。

もちろん今でも、保険の代理店になっているバイクショップは沢山あります。

しかしながら、やはりダイレクト保険の方がコストが安いのは否めず、今はダイレクト保険が主流になりつつあります。

実際に、見積もりを取ってみると2割~3割は節約できる人も多いようです。

また、以前は「事故の時のサポート体制がイマイチ」と言う評価が多かったのも事実ですが、昨今ではサポート体制も非常に充実してきています。

これからバイク保険に加入する人や、更新を迎える人、見直しを検討している方は、一度見積もりを取ってみると良いでしょう。

インズウェブの一括見積りは、主要な保険会社の見積もりがまとめて取れるので非常に楽です。

営業電話なども一切ないので、おススメです(もちろん無料)

無料の一括見積りサービスインズウェブバイク保険
バイク保険

おすすめのバイク保険厳選3社を紹介

ここでは数多くのバイク保険から、特におすすめのバイク保険TOP3を紹介します。

以下の3社はどれも充実したサービス内容ですので、いずれかを選んでおけば間違いないと思います

各社とも、無料見積もりが可能です。年齢や免許の色、補償のカスタマイズで保険料が変わってきますので、まずは自分の条件で見積もりを取ってみることがおすすめです。

チューリッヒバイク保険

充実したロードサービスでツーリング派におすすめ!

チューリッヒのスーパーバイク保険は、業界トップクラスのロードサービスが付帯されています。

万が一の際のレッカー距離が指定工場以外でも100㎞まで対応してもらえます。

また、携行品特約がありますので、一眼レフなどの高価なカメラを携帯したり、高額なキャンプ用品など積んで走るような「ツーリング派」ライダーにおすすめです。

事故の際の対応も24時間365日可能で、専任担当者が示談交渉から保険金の支払いまでサポートしてくれます。

コスト面も、免許証の色や年間走行距離、使用目的や地域、年齢条件などで細かく設定されており、リーズナブルでWeb申込割引もあります。

対人補償基本補償
対物補償基本補償
人身傷害選択式
搭乗者傷害選択式
その他特約携行品特約、他車運転特約、弁護士費用特約、他
ロードサービス
割引制度Web割引初年度最大3,000円、継続割引あり

 

アクサダイレクト

保険料の満足度93%!ネット申込で最大10,000円の割引も!

アクサダイレクトもおすすめのバイク保険です。

リスク細分化型でチューリッヒバイク保険同様に、免許証の色や年間走行距離、使用目的や地域、年齢条件などで保険料が変わってくるために、条件によってはかなりのコストカットが見込めます。

また、インターネットでの申し込みの場合、最大で10,000円の割引にもなる為、保険料の満足度が93%と非常に高いのが特徴です

※割引はあくまで「最大」です。詳細は公式HPで確認してください

もちろん、ロードサービスも無料付帯されますので、万が一のトラブル時も安心です。

対人補償基本補償
対物補償基本補償
人身傷害基本補償
搭乗者傷害選択式
その他特約弁護士費用特約、他
ロードサービス
割引制度Web割引初年度最大10,000円、継続割引あり

三井ダイレクト損保

長期の継続でかなりお得!お得な加入特典も!

三井ダイレクト損保もおすすめのバイク保険です。前述2社同様にロードサービスの付帯もついています。

また、三井ダイレクト損保の場合、初年度割引に加え、継続割引が3,000円と充実しています(Web申込の場合)。

継続すればするほど安くなる仕組みは長期で継続予定の方にはもってこいのバイク保険です。

加えて、加入者の特典として「クルマ生活応援サービス」というものがあり、三井ダイレクト損保の契約者だと、宿泊施設やレジャー施設等が特別価格で利用できるというサービスがあります。

国内外で20万ヶ所以上が対象との事なので、利用できる施設はかなり多いです。

対人補償基本補償
対物補償基本補償
人身傷害選択式
搭乗者傷害選択式
その他特約弁護士費用特約、他
ロードサービス
割引制度Web割引初年度最大3,500円、Web継続割引3,000円

また、だいたいの保険料の目安や相場もまとめていますので、下記の記事も参考にしてみて下さい。

まとめ

過去の事例をみても、万が一の時には保険の加入がその後の人生を大きく左右します。

また、自賠責保険だけでは足りないのは明白です。

総合的に考えても、バイクに乗るのであれば任意保険に加入しないという選択肢はないとっても過言ではないでしょう。(125㏄以下ならファミリーバイク特約の活用も有り)

バイク保険の場合、バイクの排気量や自分の条件(年齢や免許の色、予定走行距離など)で保険料が大きく変わってきます。

一度、見積もりを取ってみると保険料や補償内容なども検討しやすくなります。

安全な備えで楽しいバイクライフを送りましょう。

※各保険の内容、条件等の約款は必ず確認をするようお願いいたします。
※本記事は2019年2月に記載しています。ご活用の際は、有用性を確認くださいますようお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました